【2019】 グラフィックボードの格付表

 

パソコンでゲームをしたり、動画編集の時に高性能なビデオカード(GPU)を使うと快適にはなるのですが、どれも結構高いので 買い替えに悩んだりします。

おまけに現在販売されているGPUは70種類ほどあるので、どういう順番で性能がいいのかというのがイマイチわかりにくい。

選び方は 好きなゲームがどれくらいのFPSで動くのかという基準で選べばいいのものの なるべく性能が良くて安いほうが欲しいので…

「Radeonの〇〇ってGeforceだとどのくらいの性能?」

という疑問に答えるために序列表を作ってみました

全体的に見ると ハイエンドはnVIDIAが限界を押し上げています。価格は高いですが低消費電力なのも特徴です。

AMDはハイエンド製品は少なく これからという印象です、今の激戦区はミドルレンジ市場です。 RTXシリーズ vs RX5700シリーズの戦いがしばらく続きそうです。

低価格帯はAMDのRX570が頑張っていて、GTX1050tiをコスパの良さで圧倒。nvidia側は75ワット+補助電源いらずのGTX1650を投入して巻き返しを狙っています。

nvidia VS AMDベンチマーク比較表

 性能
スコア
メモリTDP 性能
スコア
メモリTDP
RTX 2080 Ti98.411GB GDDR6260W    
RTX 208091.38GB GDDR6225W    
RTX 207087.28GB GDDR6185W    
GTX 1080 Ti83.711GB GDDR5X250WRadeon VII83.716GB HBM2300W
Nvidia Titan X80.212GB GDDR5X250W    
RTX 2060super78.78GB GDDR5160W    
RTX 206077.66GB GDDR6160WRX 5700XT76.58GB GDDR6225W
GTX 108073.28GB GDDR5X295W    
GTX 1070 Ti72.58GB GDDR5180W    
GTX 1660 Ti71.46GB GDDR6120WRX Vega 6470.88GB HBM2295W
    RX Vega 5670.28GB HBM2210W
GTX 107069.98GB GDDR5150WRX 570068.48GB GDDR6180 W
GTX 166063.66GB GDDR5120W    
    RX 590 8GB54.78GB GDDR5225W
GTX 1060 6GB53.26GB GDDR5120WRX 580 8GB49.98GB GDDR5185W
GTX 1060 3GB49.43GB GDDR5120WRX 570 4GB48.34GB GDDR5150W
GTX 1650 4GB45.74GB GDDR575W    
GTX 1050 Ti33.14GB GDDR575W    
GTX 105028.12GB GDDR575WRX 56028.64GB GDDR580W

最近の両陣営の戦略

RTSと録画・配信機能を充実させたNVIDIA

Geforceは2018年10月からRTX2080、2070、2060を投入。光の反射や影をリアルに描く RTS(リアルタイムレイトレーシング)機能を搭載して販売しました。

その後「RTS機能は別にいらない。」という方向けに RTSを省いたGTX1660と1660TIを発売。これがGTX1060の上位互換となりました。

今回のRTXシリーズと GTX1660/1600TIはチューリングアーキテクチャを採用。録画と配信の機能を強化しています。強力なエンコード支援機能(NVENC)で1080pのエンコードを4~8倍速で実行しています。

実際にRTX2060を使って録画してみました。(詳細

今まではゲーム中に配信をするとFPSが落ちていましたが、高画質でゲームしながらFPSを落とさずに録画・配信が可能になりました。

AMDは RX 5700シリーズで反撃開始

AMDはGeforce軍に苦戦を強いられていましたが、2019年7月7日にRX 5700XTを449ドル、Radeon RX 5700を379ドルで販売開始。

RTX2060はV-RAMが6GBですが、RX 5700は8GBを搭載しているので 1440pに解像度を上げるとFPSが14程度 上回るそうです。1080pで比べていないのがツッコミ所です(笑)

とはいえRX5700シリーズは Vegaシリーズに比べて 消費電力が大幅に抑えられました。 良いライバル機が登場したと言えます。

 価格帯別に見ていきます

2万円以下の戦いはRX570とRX580が制する

SAPPHIRE PULSE RADEON RX 580 8G GDDR5 OC V2 グラフィックスボード VD6907 SA-RX580-8GD5PL002

低価格帯では 今までGeforceの1050Tiが代表格だったものの、ミドルレンジの性能をもつRX570やRX580が値下がりして参入。

1050Tiを大幅に上回る性能なので、Geforceを圧倒する結果となりました。どちらも最新のアーキテクチャではないもののフルHD画質で ゲームを快適に遊ぶことが可能です。

2~6万円の製品は 現在Geforceが優勢

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 6GB GDDR5 グラフィックスボード VD6918 ZTGTX1660-6GB

低価格帯で覇権を握った Radeon軍ですが、ミドルレンジ帯では大苦戦。RTX2060や2070、さらには3万円付近をGTX1660で固められて参入が難しい所です。 

RadeonはRX Vega56 、RX590を投入していましたが、消費電力も大きい上に、アーキテクチャの進化がGeforce陣営より遅れており、しかも これといった新機能もないため 魅力にかけていました。

2019年7月7日から新規に投入されたRX5700が ラインナップを大幅に置き換えたので、今後の情勢がどうなるのか非常に注目な場面です。メモリが大きいのでRX5700XTの価格次第ではRTX2060に勝てそうな気もします。

実に楽しくなってきました。


関連記事:予算2~3万円でコスパの良いグラボを教えて 2019

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする