【GPU】Rx570とRx580はどっちがお得?

注目のRadeon500シリーズ

GTX1660シリーズやRTXシリーズは正直高い

しっかりアスク税されており、いつまでも高かったりするので「だったらRXシリーズを買ったほうが得だよね 」という事で依然人気だったりします。

ランキングを見ても上位はRX570です。ただRx570とRx580は価格がそんなに離れていないし、違いも分かりにくいので、一体どれくらい 差があるんだろうかと思って調べてみました。

RX570の特徴

PS4Proの1.28倍の性能なので PS4で遊べるゲームは それを上回るグラフィックで遊べる。

低消費電力なので 長時間遊んでも安心

マイニングブームが終わって 中古市場に流れてきた影響でとても安い

録画や配信は720p60fps もしくは1080p30fpsが安定している

画質を最大まで上げるとFPSがそんなに出ない。

Rx580の特徴

GTX 1060 6GBとほぼ同じレベルだけど4000円も安い。

処理性能はRX570を100とすると109。

消費電力がやや大きい。 500W電源以上が推奨されている。

一目で分かるカタログスペック比較表 

 RX570RX580GTX 1060
画像MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G グラフィックスボード VD6851SAPPHIRE PULSE RADEON RX 580 8G GDDR5 OC V2 グラフィックスボード VD6907 SA-RX580-8GD5PL002ASUS NVIDIA GeForce GTX 1060 搭載 シングルファンモデル 6GB PH-GTX1060-6G
代表モデルMSI Radeon RX570 MSI Radeon RX580ASUS GTX 1060 
アーキテクチャPolaris20Polaris20Pascal
プロセス14 nm14 nm16nm
ダイサイズ232mm²232mm²200mm²
シェーダプロセッサ2048基2304基1280基
演算ユニット323610
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
ベースクロック1168MHz1257MHz1506 Mhz
ブーストクロック1244MHz1340MHz1709 Mhz
メモリ容量8GB/4GB8GB/4GB6GB
TDP150W185W120W
補助電源6ピン8ピン6ピン
パフォーマンス比較100%109%112%
価格差100%138%160%
実勢価格16,85323,28026,980

2019/5/7時点

コストパフォーマンスが良いのはRX570

RX570の処理性能を100とすると RX580は109、GTX1060が112です。一方で価格の場合はRX570が100、RX580は138、GTX1060が160なのでコストパフォーマンス的が一番良いのはRX570だと言えます。

RX570の録画性能

ゲームの動画を撮ったりする場合、RX570は 720p60fpsや1080p30fpsなどの解像度で安定して録画できます。ただ1080p60fpsで録画をするとさすがにカクつきました。

もし1080p60fpsで安定して配信・録画をされたい場合は、Turingアーキテクチャを採用したGTX1660あたりが必要になってきます。GTX1660以上だとゲームしながら録画してもFPSはほぼ落ちません。(別記事が参考になるかと思います)

RX570は そこまでの高画質配信は無理なものの、録画・配信はできます。これは私のASUS製RX570(4GB版)で録画しながら動かしたバイオ2ですが、新しいゲームでも快適に動きます。

ほかに どんなゲームが動くのか確認

それぞれのGPUを使った際の平均FPSです。

ほとんど遊べるRX570

RX570で60FPSを超えないのはグランドセフトオートVや アサシンクリードオデッセイなどのいわゆる激重ゲームを遊ぶ時くらいです。これも画質オプションで 画質を標準に下げるだけでまともに遊べます。

RX570の唯一の問題は最新の対人FPSゲームだけです。

FPSは標準画質で
Apex Legendsの場合は 光源などの効果エフェクトを最高まで上げて 激しくドンパチするとFPSが40くらいまで下がったりするので たまに不利になります。また派手な爆撃が連続で起きるとフレームが飛ぶので 瞬間移動したりします。

そのため画質は低設定にして FPSを110~80に保って、最低でも60FPSを切らないようにしていました。割と勝てます。標準的な画質で遊べるGPUです。

RX580「安いけれど GTX1060と互角」

一方のRX580(8GB)は 定番のGTX1060よりも4000円程度安いですが、ほぼ同じFPSが出ています。重いゲームだろうが難なく遊ぶことが可能です。

Apexでも144FPSが出せるので 安定して敵をなぎ倒して進めます。

RX580はTDPが高いので発熱しやすいかなと思ったら、GTX1060よりも やや温まりやすいという具合で、結局は同じような温度になります。(GTX1060 でも BF1を2時間程度遊んだらGPU温度は80度あたりまで上昇します。)

普通にPCファンを回して排熱するだけで長時間遊んでも問題ないです。

RX580の注意点は1つ 電源です

RX580の最大消費電力はやや大きく  3Dゲームやマイニングで負荷がかかると最大で224Wまで上がります。そのためメーカー推奨電源が500W以上になっています。

電源をケチると電源が発熱して無理するので、玄人志向のもので良いので500W以上の電源がほしい所です。

中古品の影響で底値に近い RX570

RX570はかなりの安値になっています。

海外でも170~199ドルなので破格です。これは仮想通貨のマイニング用として昨年大量に買われていたものが 2月以降、中古市場に大量に流れてきたので、新品の価格もなかなか上げられない お得な状況にあります。

しかし在庫がなくなれば再び18000円程度まで上がると思います。

RX580は8GB版で200~220ドルなので 23000円が妥当な所ですが、20000円付近まで下がるときにがあるので 積極的に狙っていきたい所です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする