40点「あの時の熱狂は帰ってこなかった」【帰ってきた魔界村】[感想]

リメイクでは 行き詰まる

人気シリーズの続編は、大手のメディアが提灯記事を書いて、「文句言うな!」的な空気を作ってくる。

それは「多少の古臭さはあるものの、素材の持つ本質的な面白さは健在だ」なんて持ち上げていた方が楽だ。だけど そんなのは読者への裏切りだ。

はっきり言って 今回のリメイクは 過去作のコピーでしか無かった。

立て続けに リメイク、 続編、 スピンオフでは 「またか」と がっかりしてしまう。絵や音楽が豪華になっても、やっていることは30年前と変わってない。ゲーム体験は なにも進歩していない。

オクトパストラベラーではないけれど、小規模でもいいから 新コンセプトを出して欲しい。どうせ作るんだったら 2020年代のチビッ子たちが夢中になるゲームを作ったほうがいい。

10人同時に魔界村をプレイして 伝説の騎士はその中で活躍した 数人だけとかなら まだ面白そうだし、騎士10人VS魔族10人の2Dタワーディフェンスとかできるんだろうし。

無名のサクナ姫が大ヒットしたんだから、 プレイヤーは新しいアクションを受け入れてくれるのは間違いない。手堅く 送りバントなんてしてたら 結局はジリ貧になってしまう。

まぁ それはおいといて…

超魔界村を超える 魔界村は出ない

魔界村で一番プレイしたのは 多分 スーファミ版の超魔界村でした。

中古ゲームショップで買った ねずみ色のカセットの裏面には マジックで 「野口」と名前が書いてあった。おそらく盗難防止用だったのでしょう。

カセットは高価だったから、家に数本しかありませんでした。

取り憑かれたサルのように 魔界村ばかりプレイしていたのも無理はありません。

クラスの田村くんが 「1回クリアした事がある!」とホラを吹いたせいで 「おのれ!負けてなるものか」と やる気スイッチが入ったせいもあります。

結局 自分も「買って3日でクリアした」と ホラを吹いたものの、大抵3面くらいで骨の山を作って 別のゲームをやっていたような気がします。

【SFC】超魔界村【エンディングまで】

気持ちは帰ってこなかった 魔界村

帰ってきた魔界村をプレイしてみて思ったのは「おっさんは もはや このノリについていけない」でした。体力の限界。

敵が多いし、硬いし、オービィとか集めるのも めんどいわけです。

難易度を下げればいいんだけど「見習い」みたいに格付けされていて 始める前から やる気が相当に削がれます。

あれ…おかしい。つまらない。

グラフィックも音楽も過去最高のクオリティなのに テンションが上がりません。

いや、魔界村を理想の形にリメイクしたらこうなるのは分かる。100点の出来だと思う。

ただ 気持ちが乗らない。実況動画すら見る気が起きない。

もはや 私は2021年に横スクロールをやって 十分な刺激を受ける体では無くなってしまったようだ。

人間というものは ビジュアルや音楽がいくら良くても、同じような操作、同じようなモンスター、同じような刺激では 開始10秒で飽きるものらしい。慣れって恐ろしい。

リメイク版で映像や音楽が綺麗になった、やりこみ要素も増えた。にもかかわらず、ポンコツのSFCでやっていた あのときの興奮はどこかに消えてしまっていた。

エンディング見て むせび泣く。

見習い騎士なのに、2面の氷の面までクリアした時には すっかり飽きてしまっていた。

ちなみに見習い騎士でクリアしても 真のエンディングは見せてくれないらしい。

テレビのcmすらまともに見ていられない おっさんの すり切れた集中力で難易度「伝説の騎士」でクリアできるはずもなし。

んもう しょうがないので YOUTUBEで すごい人が達成しているエンディングを見た。

絶句。 アーサーが姫様を救い出して 姫様が 遠くの城から手を振って終わり。

うそでしょ。 チューくらいしてやれよ。 せっかくパンイチで魔王と戦ってきたのに。

また「女は男に頼ってばかりの存在ではない」みたいな フェミニスト団体に押されて、気兼ねしたエンディングになっているのかもしれない。 

はぁああああああ(ヽ´ω`)マタカ

もう そんなんだったら やめてまえ (cv:オール巨人)

そのくせ また 次回作で姫様さらわれるんだろうという矛盾に対して「なんだかなー」という気持ちが頭をもたげてきた。

結局、魔界村っぽいものは  帰ってきたんだけれども 俺たちがやっていた あの頃の 野口の魔界村ではなかった。

そういった意味で これから先 いくら魔界村が出ようとも、あの時の超魔界村を超えるような作品なんて 出ないんだろうなと どこか寂しくなりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする