【Twitch】Shiv 苦しめられてきたハッカーにブチ切れて数日間のBAN処分を受ける。2021.4.29

TwitchのAPEX人気配信者ShivはTufiと呼ばれるハッカーから 長期間の嫌がらせを受けていましたが、配信内でTufiの一人を撃退し、その際にいくつかの暴言を交えて罵りました。その直後 Twitchは4月23日から7日間 ShivをBAN処分としました。

BANの理由は正式に発表されておらず、あくまでShivは 上記の一連の行為がBAN処分の理由だろうと推測しています。

経緯説明

Tufiはネットワークとコンピューターに精通しているハッカーの俗称です。特定の人物を指していません。Tufiはセキュリティを回避し ゲームを続行不能にする攻撃を仕掛けます。

最近では、Apex Legends GLL MastersのトーナメントがTufiによるDDOS攻撃を受けたために延期されゲームを開催できない状態になりました。

Tufiにとっては このような問題行為は自分の手柄だと認識しているようです。サーバーがシャットダウンする直前にShivにゲーム内で大会をあざ笑うメッセージを送っていました。

Tufiによってはゲーム開発者レベルの知識があると目されており、レベル1のアカウントで プレデターロビーに入り込み、様々なエイムボットを使用して配信者のチームを壊滅させます。痛めつけたあとで わざと負ける嫌がらせ行為も行います。

Tufiが狙うのはプレデターランクに属するローグ、インペリアルハル シブのような大手配信者です。

Shivが暴言を言ったプレイヤーは、過去にShivと同じチームとしてマッチングしたことがあるらしく、その時にハックユーザーから嫌がらせや人種差別チャットを受けたとツイートを公開しています。

ハッカーはShivに対し「実際にしね」や「オサマ・ビンラディンに似ている」「インディアン」「牛に祈れ」などの執拗な誹謗中傷を行っています。

Shivはハッカーは処分されないが、私が1%でも反撃したら、突然私がBAN処分を受けることになったと述べ、 特にハッカーを取り締まれていないAPEX運営への不満をツイートしています。

今回もTufiはShivのロビーに参加し、嫌がらせを行いましたが、Shivはゲーム内で 長期間苦しめられてきた Tufiを遂に返り討ちにした後、怒りを爆発させ「お前はゴミだ。しねしね」と連呼したあと、人種差別的なコメントを含む行き過ぎた中傷をしてしまったため、TwitchはBAN処分にしたようです。

Respawn社はハッカーに対して法的措置を取ることを検討していますが実現していません。Shivはこのハッカーによるいやがらせ問題の最前線に立っていると言えます。

ShivにとってAPEX配信は収益に直結するため、営業活動を邪魔するハッカーは憎悪の対象となっています。

今回もShivFPSが罵倒しなければ、BAN処分を受けずに済んだかもしれませんが、Tufi側はルール無用で逮捕されるまで野放し、一方 配信者にとってはサンドバッグになっても 無視しなければならず、なかなか厳しい処分だと言えます。


Shivのような問題は 配信者が共通して抱える問題といえる。配信者を狙ったスナイプや嫌がらせは後をたたない。

Respawnもこうした 迷惑ユーザーに対して対策は行うだろうが、いずれも逮捕や起訴には至っていないので しばらく続きそうな感じはする。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする