KZ社のイヤホン ZSシリーズ歴代16種 比較表

KZ-ZSN

KZ-ZSN

数千円で数万円の実力。KZイヤホン

KZ社の主力機器 ZSシリーズについてまとめてみました。販売開始時、歴代ZS機、イヤホン片側のドライバ、再生周波数、音圧を比較しています。

Q&A

正規価格って何?
KZ社のオフィシャルストアでの価格です。生産が終了しますとAmazonなどで 極端に高い値段をつけてくる業者がいるので、購入時の参考になるようにと思ってつけています。

ZSシリーズの進化をざっくり教えて
KZ社はもともとダイナミックドライバ(DD)を2機搭載した変則イヤホンを販売していましたが、途中から突然変異しました。高音再生ができるバランスド・アーマチュア(BA)型のドライバを搭載したのです。これにより、40000Hzのハイレゾ対応イヤホンを作るようになりました。

KZイヤホン進化の系譜
2DDイヤホン(2016)→2DD+2AA(2017)→1DD+4BA(2018)→1DD+5BA(2019)


ここ最近のトレンドは?
2016年までは複数のDDを搭載していましたが、最近はフィードバックを反映して1つのDDに4つから5つのBAを搭載した製品が多いです。多BA時代になっています。

どれが人気?
人気があるのは1BA+1DDのドライバを搭載した、ZST もしくは後継機のZSNです。2000円以下で非常にコスパが良いです。実際に録音したZSNの音源は別ページにあります。

低価格なZSEも人気です。約800~1500円で購入できます。とにかくいい音で聞きたいという場合は 比較的新しく生産も安定しているZS10 もしくは最新のZSXが選ばれています

エージングに意味はある?
ないです。使い始めの状態から音が良くなることはありません。大音量で鳴らすとイヤホン寿命が縮むだけです。KZオフィシャルにはエージングうんぬんは書いていないので 販売店が書いているんだと思いますが  エージングの表記は外したほうが良いです。

歴代ZSシリーズ 比較表

登場日ZSシリーズ正規価格構造周波数音圧
2016/3/15

ZS1

生産終了2DD15-29000Hz99dB
2016/8/1ZS2生産終了2DD15-29000Hz98dB
2016/12/3ZS314.93ドル1DD20Hz-20000Hz106dB
2017/6/27ZS5生産終了2DD+2BA20Hz-20000Hz106dB
2017/9/4ZS633.80ドル2DD+2BA7Hz-40000Hz105dB
2018/12/22ZS7表記なし1DD+4BA7Hz-40000Hz105db
2018/3/29ZS1031.65ドル1DD+4BA7Hz-40000Hz104dB
2019/4/11ZS10 Pro38ドル1DD+4BA7Hz-40000Hz111dB
2018/3/30ZSA16.8ドル1DD+1BA7Hz-40000Hz101dB
2018/2/21ZSE表記なし2DD20-45000Hz99dB
2016/9/26ZST15.02ドル1DD+1BA20Hz-40000Hz120dB
2017/4/21ZST Pro14.55ドル1DD+1BA20Hz-40000Hz106dB
2018/1/23ZSR18.60ドル1DD+2BA10Hz-40000Hz107dB
2018/10/24ZSN16.5ドル1DD+1BA20Hz-40000Hz104dB
2019/3/28ZSN Pro16.9ドル1DD+1BA20Hz-40000Hz112db
2019/8/22ZSX45.18ドル1DD+5BA7-40000Hz111dB

定番モデル

KZ-ZS10

KZ-ZS10

現在の所 無難なモデルはあるものの「これが完璧!」というような究極のイヤホンは存在せず、それぞれに個性があり 優劣はつけられない状況になっています。

1500円以下のイヤホンであっても 楽曲とイヤホンとの相性が合えば 楽曲の良さを100%引き出して高級機を打ち負かす所が面白いところです。

例えばMISIAみたいなパワーのあるボーカルには KZ-ZSAみたいな開放感のあるイヤホンとの相性がよいわけで、全体的にはイマイチでも 特定の曲にはホームランを打つみたいな相性もあるので、 いろいろ集めたくなるわけです。

とはいえ 16種類の中から 最初の1台として選ぶならば 低音から高音までクセがない万能モデルが良いという事で オススメするなら以下のモデルになります。

KZ-ZST

KZ ZST ハイブリッドドライバイヤホン 1BA+1DD 高性能インイヤーイヤホン (no microphone)

○初期は不良ロットが多かったけれど 2018年以降は不良がめっきり減って KZの代名詞となった良モデル。

○初めて1DD+1BAを採用したモデル。バランスもよく ZSNよりも安定した高音を鳴らせる。(ご参考

☓ 軸の部分が後発のZSNに比べて 2ミリほど短いため やや耳に押しこんで聞かないといけない。改良が加えられた 後発モデルの方が つけ心地は良い

(総合)全体的に音のまとまりは良くカラーリングもユニーク。細かい欠点はあるものの90点は行っている。価格以上に価値の高い製品なのでロングラン製品になっている。

KZ-ZSN 

KZ ZSN 重低音 イヤホン 1BA+1DDを搭載 ハイブリッドイヤホン カナル型 高遮音性 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2pin リケーブル 可能 ジュラルミンフェイスプレート搭載 3.5mm プラグ (銀‐紫・マイクなし)

コスパが一番良いモデル。付けやすくバランスが良い。

○金属製のプレートを採用して遮音性と音漏れ防止を向上させたモデル。ZSTよりも若干小型になっているため 耳の小さな方にも好かれている。

○ZSTと比較すると軸の部分が金属に変更、長くなり 抜けにくくなっている。

○安物にありがちな低音ブーストではなく モニターのように どの音域もバランスよく鳴らす偏りの無さがとても良い。

△ZSN Proは低音重視でズンズンなる傾向なので注意が必要。

(総合)KZの中でもZSNは音の偏りが無いので使いやすい。 ゲームに音楽にと活躍してくれる1台なのでお得。

KZ-ZS10

KZ ZS10 イヤホン 高音質 イヤモニ型 ハイブリッド イヤホン 2pin ハイレゾイヤホン 4バランスドアーマチェア+1ダイナミック 搭載 5ドライバイヤホン カナル型 高遮音性 密閉型 中華イヤホン Yinyoo (ブラック)

○合計5台(DD1+4BA)のドライバを搭載した革新的な設計
○高音をBA2台+ 中高音をBA2台で担当。ノイズを抑制し音場を向上。
☓付属のイヤーピースだけがひどい出来でガサガサしている。 耳にうまくフィットせず音が抜けるし 本体まで耳から落ちてしまう。

標準イヤーピースを使うと重低音が90%オフで聞こえなくなるため、100均で売っているもので十分なので別のイヤーピースに変えると劇的に音が良くなる。音がもれないものであれば何でもよい。

(総合)弱点はイヤーピースだけ、数量限定でタイムセールに出されることが多いため 3800円以下の時は特にお買い得な一品。


トリビア: なんでハイレゾイヤホンは いきなり安くなったの?

2016年まで モニターイヤホンは ShureやSonyくらいしか販売しておらず、一部のアーティスト以外は みんな普通のダイナミックイヤホンを使っていたわけですが、技術革新でハイレゾブームがやってきて ハイレゾイヤホンの需要が急増。

でもハイレゾイヤホンには高音域を担当するバランスド・アーマチュア型ドライバが不可欠でした。

しかし高音域を担当するBA型ドライバは2社(Sonion、Knowles)がシェアを独占。そう。BA型のイヤホンが高かった原因の1つは部品が高かったからでした。

そこに現れたのが中国のBellsing社。

同社はBAドライバの価格を破壊。安価で高品質なBAを販売し、KZ社はBellsingのドライバを搭載することで格安で高品質なハイレゾイヤホンを製造するようになりました。

BellsingとKZはBA型イヤホン界の救世主で 安価で一級品のモニターイヤホンを製造し続けています。KZの中でもとりわけZST,ZSN,ZS10pro,ZSXなどは定番となっています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする