【2000円でハイレゾ級】 中華モニターイヤホンKZ ZSNをレビュー

2000円の高音質モニターイヤホン

「最近の中華イヤホンって安い割にすごい…」と音マニアに密かに話題なのが KZ ZSNイヤホン。使ってみたらホントに良かった。 

これならKZ沼にハマる人の気持ちがわかる。

ちなみにKZ社の製品は安いものから高いものまであって、1万円以下でも 数万円のイヤホンと変わらない構造のイヤホンを出しています。

中でも このZSNはKZの代表と言っても良い 定番のスタンダード機。

中華モニターイヤホンKZ ZSN

この KZ ZSN、カラーリングがどことなく エヴァンゲリオン初号機っぽいのも 個人的に刺さる。

KZ ZSN 重低音 イヤホン 1BA+1DDを搭載 ハイブリッドイヤホン カナル型 高遮音性 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2pin リケーブル 可能 ジュラルミンフェイスプレート搭載 3.5mm プラグ (銀‐紫・マイクなし)KZ ZSN Pro 重低音 イヤホン 1BA+1DDを搭載 ハイブリッドイヤホン カナル型 高遮音性 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2pin リケーブル 可能 ジュラルミンフェイスプレート搭載 3.5mm プラグ (ZSN Pro銀‐灰・マイクなし)KZ ZS10 PRO 重低音 kz イヤホン 高音質 イヤホン イヤモニ型 ハイブリッド イヤホン 1ダイナミック&4バランスド・アーマチュアを搭載 リケーブル可能 透明感であるシェルとフェイスプレートを採用 中華イヤホン Yinyoo (ZS10 Pro銀‐灰・マイクなし)

KZ ZSN
スタンダードモニター
出力音圧レベル:104db
再生周波数帯域:20Hz-40000Hz

KZ ZSN Pro
重低音の再現性を強化
出力音圧レベル:112db
再生周波数帯域:7Hz-40000Hz

KZ ZS10 PRO
5ドライバ搭載のハイエンド
音圧感度:104dB
応答周波数:7Hz-40000Hz

種類もいろいろあります、音をさらに追求する人には新機種のZS10 proなどがあります。

ZSNは安いけれど低音強化のZSN Proに比べてバランスも良く、20~40000Hz再生だったりするので 完全に高級機キラー。

イヤホンレビューサイトの RTHING.comでも KZ ZSNが2019年秋のベスト 激安イヤホンに選ばれています。

音源テスト

小型で高音質な KZ ZSN

ケーブルは取り外しも可能

音質に関しては実際に聞いてもらったほうが早いと思ったので、実際にピンマイクでSONY MDR-XB50(4000円台)とKZ ZSNを録音してみました。

しかしこのピンマイク。18000Hzまでしか録音できません。すみません。実際は この10倍いい音で鳴ります

SONY MDR-XB50

KZ ZSN

で、実際聞いてみると 運命の出だしから音が違う。XB50は鳴らせていない音があります。KZはかなり音域が広く再現性が高いです。

18秒あたりの盛り上がる所でも KZ ZSNの方が 演奏してる人が多い感じがするんです。だから聞いてて楽しいのは断然ZSNなんです。


レビューサイト RTHINGの周波数スコアでも互角以上

SONY MDR-XB50(4000円クラス)
低音(250Hz以下) 7.0
中音(250hz~2000Hz)7.8
高音(2KHz以上) 6.6

KZ ZSN
低音(250Hz以下) 8.7
中音(250hz~2000Hz)8.3
高音(2KHz以上) 5.4

周波数解析によると6000~8000Hzの広帯域では やや音量のバランスが悪いらしく、その点で減点だそうですが トータルで判断するとイヤホンとしては及第点のこと。

しかし体感ではZSNの方が高音が聞こえます。いずれにせよ2000円としては かなり高解像度で文句なしです。

<特徴>
+低音から高音までバランス良く鳴る。
+アニソンやyoutube動画が楽しい。
+低音強化ではないので FPSゲームが快適にできる。
-解像度が高いのでハイレゾ系の音楽は聞き疲れしやすい

KZ ZS10やKZ AS10に似ているものの、 ZSNの方が少し小さく、背面に金属プレートがついています。

見た目はカラフルですが 片側にバランスド・アーマチュア1つ+ダイナミックドライバ1つが搭載されていて、かなり本格的な音が鳴ります。

バランスド・アーマチュア型

実際聞いてみて、どうです?
低音から高音まで味付けなしで原音がそのまんま出る印象です。

解像度がめっちゃ高いので 歌声を加工してたら重ねてるのが分かるし、MISIAはやっぱ歌うまいなっていうのが一発で分かるという感じです。

実はこのイヤホン。ゲームに向いています。FPSゲームだと頻繁にグレネードが爆発するので、低音を強調してくるイヤホンだと うるさすぎてキツかったりします。

そこんとこいくと これは低音から高音まで 加工せずに出すという感じで非常に良い。

高音も拾うので足音がカサカサなって、FPSゲームで使えます。ゲーム好きな方の予備機としても かなりいい仕事をします。個人的に ここだけで星5です。

ここは少し残念 3つの弱点

音が良い代わりに「ここは注意」というのを先にお知らせすると

・ケーブルが短い(1メートル18センチしかないため コードに引っ張られる)
・遮音性が ほぼ無いです。無音ですと外の音が聞こえます
・つけたままの運動ができません。完全に室内用です。

ただ明らかに国産4~6000円クラスのイヤホン並に音が良いので、1メートル程度の延長コードがあれば神機になります。

メイン機が壊れた時の予備機として買ったら メインなみに大活躍してくれています。これは買ってよかった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする