IZUMIのシェーバーの切れ味は他社と比較してどうなのか

実際にイズミのシェーバーを使っていると、ツルツルによく剃れますが、その切れ味は他社と比べてどうなのか、よく分からないので、シェーバーのブレードについて他社製品と比較しながら調べてみました。結論からいえばP社と互角でした。B社は まだ分かりません。


イズミのシェーバーの「冷間圧延ステンレス鋼」とは?

イズミのシェーバーの内刃は「冷間圧延ステンレス鋼」なる素材が使われているそうですが、どんな素材なのかよく分からないので調べてみました。

冷間圧延の「圧延」について

picture:日本クロス圧延

圧延というのは金属の板をローラーで伸ばして薄くする加工のやりかたです。圧延と似たような加工法に「鍛造」という工程があります。

時代劇などで刀鍛冶がカンカンと鉄を打って強くしているシーンを見たことがあるかもしれませんが、あれが鍛造です。

「鍛造」はハンマーで金属を叩いて鍛えるやり方です。圧延も「鍛造」と同じように、金属をローラーで圧縮することで、強度を強くしています。


冷間圧延とは?

冷間圧延は「冷間」とあるので、冷凍庫みたいな所で金属を伸ばすのかなと思ったのですが、室温で金属を伸ばす工程です。

「冷間」とは反対に熱間圧延というのもあります。熱間圧延は金属が900~1200度と熱い時にローラーで薄く伸ばしていく工程です。

冷間圧延のメリットとしては、金属が硬いまま力を加えて伸ばすので、薄い材料を0.2mm以下に精度良く加工するのに向いています。

大量生産に向いてコストが抑えられる冷間圧延

この動画で加工している素材はアルミニウムなのですが、1つのローラーを使った原始的な冷間圧延です。大規模な工場のマシンでも原理は同じです。ただローラーを何台も通って、指定の薄さ、硬さになるまで金属を鍛えて圧延します。

冷間圧延は表面が酸化によって劣化しにくいので、表面が凸凹せず精密なブレードをつくる事が可能になります。基本は全自動で金属を伸ばしていくので大量生産に向いています。


シェーバーの切れ味について

IZUMI公式HP

 

パナソニック ラムダッシュ

イズミの刃の先端の半径は0.5μmで加工されています。一方 パナソニックの内刃は「ナノエッジ30°刃」ということで、刃先先端の半径は0.3μmで加工されているそうです。

数値的には、ややパナソニックのほうが鋭さが上回っているように感じますが、レビューの意見は割れています。イズミのほうがよく剃れるという方もいらっしゃるし、いーやラムダッシュの方が剃れるという方もいらっしゃいます。

半径の差0.2μmというのは、髪の毛の薄さの1/300程しかないので、両者に劇的な差はないと思います。

【ブレードの素材 パナソニック編】

ラムダッシュ内刃は「ステンレス刃物鋼」を鍛造しプレス加工して製造しているそうです。耐摩耗性が高いのを作れると書いてます。

しかし「ほーそうなのか、丈夫なんだな」と刃の交換時期を見てみるとイズミのブレードと全く同じなので がく然とします。たぶん耐久性も互角と見て良いと思われます。

各社の刃の交換時期はほぼ同じだけれど
価格はイズミが安く経済的

イズミ IZF-V86-R
交換推奨 外刃:約1年 2000円
     内刃:約2年 873円

パナソニック ラムダッシュ ES-LV9B
交換推奨 外刃:約1年 
     内刃:約2年 
     一体型 6,195円

参考:ブラウン Series9
外刃・内刃一体型:約18ヶ月
         13,300円


【モーターの比較】

画像:amazon

ラムダッシュ5枚刃(ES-LV9B)のモーターは1分間に14000ストロークするそうです。一方イズミの4枚刃(IZF-V56)の回転数を、実測した所、通常モードで16000ストローク、ターボモードで約17000ストロークする事がわかりました。ターボを使うと3000ストロークの差があるので、モーターだけ見ると、時間あたりの剃れる量はイズミのほうが上回ると思います。

【外刃の比較】

肌に密着する外刃は各社薄さの限界に到達していて、イズミの外刃の厚みは52μmなので、肌に密着させると大体52μmの所で剃れます。

一方のラムダッシュのハイエンドモデル5枚刃(ES-LV9B)外刃は60μmと41μmの複合刃になっています。

ラムダッシュを肌に押し付けると理論上は41μmの深さで剃れますが、イズミとの差は約10μmなので肉眼では見えません。


【まとめ】泉シェーバーの切れ味は 恐らく負けていない

イズミの内刃・外刃・モーターをラムダッシュシリーズと比較しながら見てきましたが、両社ともに似ていて、切れ味に関しては、ほぼ互角なのではないかと思います。

<進化の方向性は違う>
ただパナソニックのハイエンドモデルはヒゲの濃いところは回転数を上げて剃るヒゲセンサーを搭載させたり、洗浄システムを改良したりと、付加機能や周辺機器も高度化していってます。

一方のイズミはリチウムイオンバッテリー搭載でパワーを向上させたり、トルクを上げたり、防水機能を向上させるなど、どちらかというと ひげ剃り単体の基本性能を高めています。それぞれに違う進化を見せているので今後が楽しみです。

 

イズミシェーバーの性能がわかる
比較表はこちら


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする