【感想】SEKIROの続編は 多分面白くならないだろうという話

意味分からんほど難しくすればカルト化する

難易度を上げれば 「クリアできた!」というプレイヤーの達成感は上がる。

だから特定のユーザーに好かれる。

そうするために10人に3人しかクリアできないゲームを作る。7人は不満を言うが 3人は満足。

そんなある日 一番うまいやつが 突然こう言う。

「簡単すぎるんだよ。俺しかクリアできないように作れよ」

これがフロムゲーの行く末だと思う

SEKIROより難しいなんて ありえないと思うかもしれないけれど ブラッドボーンに比べて SEKIROはアホみたいに難易度をあげているのよ。

続編が来て難易度下がってたら逆に変だもの。

で、その路線で行ったのが 高難易度を追求した弾幕系ゲームだった。

SEKIROだってPS4のクリア率 約10%。さすがに9割近くの人が可哀想。

不必要に敵が強いのである

ゲーム好きの長老なら黙ってうなずいてくれると思うけど、格闘ゲームの世界もこうだったのよ

で SEKIROをやってみた。芦名一心までクリアした。もうね一心だけで8時間かかったよ。仮面で攻め力20まで上げてようやく勝った。

パターン覚えりゃ誰でもできるのよ。カウンターできる相手の動作をひたすら待って それに対応していくだけ。

ただ このゲームはブラッドボーンなんかと比べると 地味なだけで面白さが無い 後半になればなるほどカウンターの動きパターンが決まっている。

もし次のSEKIROがでてくるなら一心にAIを埋め込んで プレイヤーの動きで難易度が変わる一心であってほしい。

そしたら初心者でもクリアまで楽しく遊べるだろう ただ フロムにはそういう思いやりのある奴はおらんのかもしれない。「難しすぎるんで難易度下げましょう」っていうKY社員が居てくれたらいいのに。

ダメージと比較して 体幹ゲージを溜めるほうが速いのも問題。

キーン カーン チンチンチン→小ダメージを繰り返す。ガードさせられるよりも 避けて斬ってなんぼのゲームのほうが楽しい。

後はサルのクビは飛ばせるのに 一心のクビは飛ばせないのもつまんなかった。一心はゾンビ扱いなので飛ばしていいと思うけどね。

こっちは何度も殺されているんだから 最後くらいは思いっきり斬り上げて 一心のクビを天高く飛ばしたかった。

「なんで全力で15分走り回って 心不全を起こさないんだ。チート使ってんじゃないよ」と言いながらね

そもそも あれは介錯なんだから きれいにクビを飛ばしてあげないと 逆に苦しいだけだ。

弾幕系の後を追うフロムゲー。

無駄に高難易度にしておけば 持ち上げる輩が必ず出るが、そういう人たちのリクエストを聞いていった先が 弾幕系。

そういう人たちには 主人公のダメージ量を半分にして 当たったら一撃で死ぬゲームをあてがっておけばいい。神格化してくれて やがて滅ぶ。

結局 この苦行を覚えるのがアホらしくなってやめるか 続けるかの2択になっているだけなんじゃないかな。クリアし終わったあとで もしかして やめた人のほうが賢いんじゃないかとすら思った。

いや そうに違いない。つまらない映画を1500円が勿体ないからと最後まで我慢して見た感がする。我慢は良くない。

ただね SEKIROは初心者さんがクリアできるように 難易度設定を設けてくれれば私は絶賛に手のひらクルーします。ホント難易度だけが残念なゲームだった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする