DisplayPortケーブル1.2と1.4の違い【GPUが良くてもケーブルが古かったらカクカク】

高いGPUでもケーブルが古かったらカクカク

PlayStation 4とかテレビ番組を録画するハードディスクレコーダーは HDMI ケーブルで接続するのが普通ですが

パソコンなんかでFPS ゲームをする時やグラフィックデザイナーはDisplayPortケーブルを使う人が多いわけです。HDMI2.0の性能がそんなに良くないわけで。

Displayportケーブルは、現在はバージョン1.2と1.4というタイプが流通しています。

DisplayPortケーブルの最新はV1.4

1.2ケーブルは2010年くらいに流通しはじめた旧式。それでも1080P画質で144Hz以上出て しかも1000円以下の製品が多いので「これで十分」という感じで選ばれています。実際モニター側の端子もDP1.2のものが多いです

安く済ませたい場合はAmazonベーシックが1100円くらいで売っています。

1.4ケーブルは1.2のアップグレード版で 転送スピードが速いので8K出力にも対応しています。1600円くらい。下位互換性もあります

2.0ケーブルはまだ販売されていません。2020年末あたりから出るんじゃないかと言われています。

DisplayPortとhdmi リフレッシュレート比較表

 

1080P

1440p

4K

8K

データ
レート

HDMI2.0

120 Hz

120 Hz

30Hz

14.4 Gbps

Displayport 1.2

240Hz

165Hz

60Hz

17.28 Gbps

Displayport 1.4

240Hz

165Hz

120Hz

60Hz

25.92 Gbps

HDMI2.1

240Hz

240Hz

120Hz

60Hz

48 Gbps

Displayport 2.0(UHBR 20)

77.37 Gbps

HDMIはver2.1で猛追

DisplayPort ケーブルのライバルがHDMIで、HDMI2.0まで転送速度は大したことがないわけですが、HDMI 2.1ケーブルからは大幅に上がって、8Kまで出力できるようになりました。

ただモニター側とコンソール側が HDMI 2.1に対応していないとケーブルの実力は発揮できません。

そして 4Kの120FPSに対応しているのは最先端のテレビだけという感じで、普及はまだ先のような気がします。

ハイセンス 65V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ULED 65U7E 倍速パネル搭載 Work with Alexa 対応

DisplayPort ケーブルで迷ったら とりあえずケーブルマターズ製

Amazonで売られているDisplayPort ケーブルは山程ありますが、世界的な大手というのは ケーブルマターズという会社で ここのメーカーは断熱材やノイズシールド、さびを防ぐ加工など ケーブルで実績のある会社です。

1.4ケーブルだと約2メートルで大体1600円くらいで売っています。


DisplayPort ケーブルは1.2から 1.4に移行しつつありますが、HDMIも2.1という高性能なケーブルを出して、これからは より多くの機器がHDMI 2.1をサポートしてくるようです。

2020年末にはマイクロソフトとソニーから新しいゲーム機が発売するのでDisplayPort 2.0とHDMI 2.1のガチンコ対決という感じになるのかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする