【Apex Legends】チャージライフル 弱体化が確定的になる【2019/10/10】

リリースされてまだ1週間ですが、早くもチャージライフルに弱体化の修正が入るのは確定のようです。

Apexの開発ログを見ると弱体化のほか、現在起こっているバグに関して どんな見直しを行っているのかがわかります。以下のような修正を予定しています。

・チャージライフルの武器バランス修正
現在のチャージライフルのバランスは予想とは違う位置にあるので、後日修正します。
動画によると、修正後は距離が離れるとダメージ量が減る、消費弾薬がエナジーアモ☓1から☓3に変わるとのことでした。

・被ダメージ時にデスボックス インターフェースを開いたままにする
現在 箱アサリをしている時に ダメージを受けると インターフェースが勝手に閉じますが
表示させたままにするかどうかが選択できるようになります

・ゲーム内のカーソル速度をPC /コンソールで変えられるようにする
アイテムあさりの時に出てくる矢印の速さの変更が可能になる

・ローカライズされた声を英語に切り替えられるようにする
日本語のセリフ音声を 英語版の音声に切り替えることが可能になる

時期は不明ですが これらの修正が入るようです。


バグ関連

・CPU使用率が100%になりPCゲームがフリーズする問題
突然CPU使用率が100%になってフリーズするバグ。i9やi7などの特定のCPUに関連している可能性があるものの、Ryzenプロセッサーについてもいくつかのレポートがあります。

・回復アイテムをキャンセルして武器を発射すると、武器を持ち変えるバグ

・ロビー画面でキャラがカカシになるバグ

・マッチの終わりの詳細に違うバトルパスが表示されるバグ
試合の概要ページに、バトルパスXPの合計が間違って表示される

・範囲外エリアの見直し
高い山の上などはエリア外なので普通は30秒しか立てないものの、一部のマップ上には、範囲外の時間がカウントされないエリアがあります。

・シールドセル表示バグ
3人目のプレーヤーが銃を発射しているときにシールドセルを持っているように見えるバグ


10/12 youtubeに Apexの開発ストリーミングが登場。もうすぐトレーニングモードで アタッチメント、装備品、キャラクター変更が可能になるとのこと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする