バッテリーが長持ちする bluetoothイヤホンまとめ【2018】

全体のもくじ

 低価格の優良
bluetoothイヤホン

bluetooth
トランスミッター

女子向け
bluetoothイヤフォン

ジョギング用
bluetoothイヤホン

2019 5.20更新


バッテリーが長持ちする bluetoothイヤホンまとめ【2018】

充電がめんどくさい時や 連続で長時間作業/勉強したい時にはロングバッテリーなbluetoothイヤホンのほうが何かと便利だったりします。

今回はbluetooth以下のイヤホンを4つのタイプに分類して、その中で音楽再生時間が特に長いものをピックアップしてみました。

bluetoothイヤホンの4タイプ

タイプ 標準
タイプ
スポーツ
タイプ
ネックバンド
タイプ
左右独立
タイプ
画像
メリット街中で使っても
目立たない
イヤホンが
外れにくい。
水に強い。
再生時間が長い。
なくしにくい。

目立たない。
軽量。
コードが邪魔にならない。

デメリット走るとイヤホンが
抜けやすい
耳元がやや目立つ本体が邪魔な人には邪魔使用時間は短め


バッテリーが長持ちするイヤホン(標準タイプ)

Tronsmart Encore Flair(アンコールフレア)

【12時間再生】

標準の1.5倍の再生時間 
標準タイプの再生時間は平均で7~8時間ですが、 Encore Flairは120mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載しているので12時間の再生が可能です。人気機種のSoundPEATS Q35Proは 8時間再生なので充電に時間を取られません。

低価格だけれど 実は新型Q30と同じチップが使われている
Tronsmartの主力はbluetooth関連の音響デバイスで、厳選したモデルを大量生産することで 品質を落とさず、コストダウンを図っています。

Flairは2000円台と低価格ですが、新型Q30やQ35と同じ クアルコム社のCSR8645チップが使われているので、apt-Xにも対応しており 実力も負けていません。

1年間のメーカー保証もついています。わずか17gなので長時間つけていても首が疲れにくい設計になっています。

最初に見たときは 背中側につく太鼓型のバッテリーが重くて、イヤホンが外れるんじゃないかなと思ったのですが、実際はとても軽くて 何回飛び跳ねてもイヤーパッドは全然外れません。海外の方が既に実験されていて面白かったのでご参考にどうぞ。

その他 こんな製品もあります

商品名SoundPEATS
Q35 Pro
JBL
REFLECT MINI2BT
Tronsmart
Encore Flair
画像
実勢価格3,9907,9032,198
連続再生時間8時間10時間12時間
評価4.64.24.3
apt-X対応
特徴

人気ブランドの新型機
ベストセラー 

老舗の音響メーカー
最高クラスの音質

 レビュー

 レビューを見る
(23
5件)

レビューを見る
(18
レビューを見る
(222件)


ネックバンドタイプの注目機器

33時間再生の新モデルが登場

4.1Bluetoothイヤホン ヘッドフォン 30時間連続再生 ネックバンド型 折り畳み式 収納式ワイヤー ステレオ高音質 IPX4防水 抜群の装着感 マイク内蔵 Siri機能 ノイズリダクション IPhone&Androidなどに対応

HBS-992

ネックバンド方式ではHBS992が優れています。3000円程度ですが、大容量400mAhのバッテリーを搭載し、33時間の連続再生が可能です。

「仕事場で使ってるけど 全く充電しないで3~5日使える」と北米Amazonでもバッテリーの評価の高い機体です。

唯一の弱点はイヤホンのケーブルの細さです。コードは本体に収納できるので、移動の時などは 断線しないようになるべく収納したほうが長く使えるかと思います。

バッテリーはもちろんですが、着信機能や操作ボタンが充実しており、音質の評価も「期待していたよりも良い」という意見が多いので、かなり能力バランスが高い製品です。

その他 こんな製品もあります

商品名SoundPEATS
Force
SONY
WI-C400
HBS-992
画像 
実勢価格4,2294,0572,950
連続再生時間20時間20時間30時間
評価4.03.94.0
apt-X対応
特徴apt-Xに対応
300mahの大容量
で人気のモデル
ネオジム磁石ドライバ搭載
AACにも対応

レビュー  レビューを見る
(312件)
レビューを見る
(122件)
レビューを見る
(219件)


スポーツタイプの注目機器

Anker SoundBuds Curve
【12.5時間再生】


フルマラソンにも耐えられるバッテリー
スポーツ型としては最高レベルの180mAhのバッテリーを採用しているヘッドセット。片側に90mAhのリチウムイオンバッテリーが搭載されています。

90分の充電で12.5時間の音楽再生が可能です。徒歩でも50キロ分くらいはバッテリーが持ちます。これもCSR8645チップが使われているので音質は保証されます。音質はやや低音重視、中~高音域は快適に鳴ります。再生周波数は20-20khzです。

シリコン製イヤーフックがついているので トランポリンをしてもイヤホンは外れにくくなっています。

雨や汗にも強い
少々の雨や汗にも強いです。運動の後は除菌クリーナーで拭いてあげると清潔に使えます。

低価格帯としては、ほとんど文句のない出来ですがカヌーやウィンドサーフィン等の水上スポーツをされる方、また雨や汗の蒸気が気になるので より気密性の高い物が欲しいという方は  同タイプの完全防水bluetoothイヤフォンが良いかと思います。

その他 こんな商品もあります

商品名RMT-ST-U8Wingmarg 
Bluetooth イヤホン
Anker SoundBuds Curve
画像RMT-ST-U8 iPhone対応 防水ワイヤレスイヤホン (iPhoneバッテリーモニター/アイフォンミュージックイコライザ対応) 両耳タイプマイク付きイヤフォン iPhone5 / iPhone6 / iPhone7対応Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン ブルートゥース イヤホン スポーツ ヘッドセット Bluetooth 4.1 IPX5 防水 高音質 マイク内蔵 スポーツ仕様 ノイズキャンセリング iPhone Androidなど対応 ブラック
価格2,3803,2993,299
連続再生時間8時間9時間12.5時間
評価4.34.43.7
apt-X対応
特徴

水没に耐える
防水性能IPX7

aptXに対応
音漏れしにくく
評価が高い
 –
 レビュー

レビューを見る
(300件)

レビューを見る
(103件)
レビューを見る
(116件)


左右独立ワイヤレスタイプ

ケース付きの製品は専用ケース使用時の再生時間が書いてあるので、非常に分かりにくいです。調べたところ 左右独立イヤホン型のトップは5時間でした。

Jabra Elite 65t チタニウムブラック 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth5.0 ブルートゥース イヤホン ノイズキャンセリング マイク付 防塵防滴[国内正規品]

【5時間】Jabra Elite 65t 【5時間】JBL UA SPORT WIRELESS FLASH
¥ 22,480¥ 19,310
創業150年のデンマーク王国製
4つの内蔵マイクで風切音を低減する
最新テクノロジー
第3世代完全ワイヤレスで安定した接続

防水仕様(IPX7対応)で、雨天時や
激しい運動中に汗をかいても安心。

周囲の音を聞きやすくするアンビエント
ウェア機能で、ランニング時の安全確保
や、駅でのアナウンスにも配慮した仕様。

しかし、音質面は最高でも気軽には使いにくい価格です。

なんとか5000円程度で買えるロングバッテリー製品を….と探したのですが、そもそも耳栓型は次世代イヤホンという事もあって、まだまだ高級機のような気がします。

標準だと3.5時間程度の製品が多いですが、コストとバッテリー、品質の安定具合、18ヶ月保証で判断すると Anker Soundcore Liberty airが特に良いと思いました。

Anker Soundcore Liberty Air
【5時間再生】\7,999

打倒airpod
左右独立タイプはコードがないので左右の通信が途切れやすいという宿命があります。ですがこのLiberty Airは頑張っています。

Apple airpodsを意識した形状でイヤホンは細長い形状をしています。実はこの細長い部分にアンテナが配置されています。(分解サイト) これで通信の切断に対処しています。

再生時間もairpodsと同等です。独立タイプの平均再生時間は3.5時間という事を踏まえますと、この価格で5時間再生は驚異的です。

なんでそんなにバッテリーがもつんだろうと思って調べたら、内部にはリアルテック社の最新チップ8763BHRが使われていました。これが従来の50%も低消費電力なのでバッテリーが伸びています。

左右独立型の為に開発されたチップで、左右の遅延は20マイクロ秒、世界最速レベルのチップです。

残念な点はイヤホン本体にボリュームコントロール機能が無い点ですが、中身はairpodsに負けない出来です。

ドライバに最新技術のグラフェンコート
Liberty Airは独立タイプのbluetoothイヤホンの中で かなりバランスがとれた音だと言えます。特に中音域の再生が優れており、低音も強調しすぎず 音をごまかさない所が良いです。高音域は得意とは言えませんが、他のイヤホンと同程度には出ています。

ワークアウト中にズンズン鳴らすのが好きな方には向かないかもしれませんが、普段使いで疲れない音作りになっています。

1万円以下の独立タイプのbluetoothイヤホンではトップレベルの出来です。

実勢価格は2018/12/06現在のものです。


低価格でいいイヤホン
・1700円~3000円の優良bluetoothイヤホンまとめ【2017】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする