挿すだけで古いオーディオ機器がBluetooth対応になる。Bluetoothトランスミッター

全体のもくじ
バッテリーが長持ちする
イヤホン

bluetooth
トランスミッター
(このページです)

 低価格の優良
bluetoothイヤホン

ジョギング用
bluetoothイヤホン


Bluetoothトランスミッターってどんな機械?

BluetoothトランスミッターというのはBluetooth電波を転送する装置です。

例えばテレビや古いウォークマンのイヤホンジャックにBluetoothトランスミッターを接続すると、テレビの音声を電波に乗せて飛ばしてくれます。


どんなメリットがあるの?

TaoTronics 

メリット1:隣で誰かがぐっすり寝ていても ワイヤレスでテレビが見れます

例えば上のようにテレビにトランスミッターを挿します。そこから音声を飛ばして、Bluetoothヘッドホンやイヤホンで聞くことができます。

特に深夜で家族が寝ているという場合や、集合住宅で音量があげにくいという時に便利です。線が無いので寝ながらでもお笑い番組を見ることもできます。

電波は10メートル程度届くので、防水タイプ無線スピーカーがあるとお風呂場でテレビのニュース音声を聞けたりします。

 

メリット2:眠っていた有線ヘッドホンがBluetoothヘッドホンに。

picture:amazon

製品の中には電波を送信するだけでなく、Bluetoothの受信もできる機器があります。
これに普通のスピーカーやヘッドホンをつなぐと、Bluetooth受信機になるので、スマホなどから音楽を飛ばしてステレオで聞くことが出来ます。


Bluetooth トランスミッターの選び方

Bluetoothのバージョンはどの程度気にすべきか分からない

Bluetoothにはバージョンがあり、古い方からVer1.1~最新規格はVer5.0となっています。

ネットをながめているとトランスミッターのBluetoothバージョンは、2.1~5.0まで数多くあってどれを選んでいいのか悩みます。

2.1は安く、5.0は高いのですが、5.0を買ったほうがいいのか詳しく調べてみました。


Bluetooth5.0のほうが音質が良いという訳ではなかった。

Bluetoothのオーディオ用規格はA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)と呼ばれるものです。A2DPはBluetooth 1.1の頃から存在し、変わっていません。最新版は2012年公開のもの(A2DP v1.3)で、現在市場に出回っている1000円位の製品でも対応しています。

規格が同じならBT4.0でも5.0でもBT2.1と音質は一緒になります。 音質はバージョンよりも使われている規格に注目したほうがいいです。

SBCよりも apt-Xの方が音質も良く、低遅延。

スマホでブルートゥース接続して音楽を聞く時は A2DPの中の基本コーデック”SBC”というのが使われます。どんなBTトランスミッターも SBCには対応しています。

このSBCは一番古い規格で、345kbps程度のビットレートです。ビットレートが上がるほど情報量が増えて、音質面で有利になります。

一方SBCのコーデック仲間でaptX(あぷとえっくす)という人気規格があります。aptXコーデックはSBCよりも上等で、上限384Kbps、aptX HDは576kbpsにもなります。音質が良くなります。

ただし aptXの恩恵を受けるには ヘッドホン側もaptXやaptX HDに対応している必要があります。そこは課題です。ヘッドホンはaptX LL対応製品がやっと出たばかりですが、なかなか好評のようです。

aptX LLはSBCよりも音が良いのはもちろんですが、遅延が0.04秒しかないので音ズレを感じません。映画を見る時や FPSゲームにも使えます。

apt-xシリーズは全体的にSBCと比較して上位互換といって良さそうです。

コーデック最大サンプリングレート サンプリングレート遅延特徴
SBC周波数48kHz 
量子化ビット数16bit
345kbps最大約0.25秒の遅延標準的
aptX周波数48kHz 
量子化ビット数16bit
384Kbps最大約0.15秒の遅延CD音質
aptX HD周波数48kHz 
量子化ビット数24bit
576kbps最大約0.15秒の遅延ハイレゾ対応
aptX LL周波数48kHz 
量子化ビット数16bit
384Kbps遅延0.04秒未満。動画やゲーム向け。音質はaptx程度

現在はSBCが主流ですが、これからは遅延の低減や音質でかなり頑張っている aptXシリーズがメジャーに置き換わっていく流れになりそうです。

SBCはどの製品も対応しているので、あんまり価格が変わらないのであれば apt-X等に対応していたほうが長く使えるので お得かなと思います。

最近の製品では Anker Soundsync が SBCのみで apt-Xには対応していません。


トランスミッターとヘッドホンのbluetoothバージョンは違っていても使えます。ただ新機能は使えません。

bluetoothバージョンが違っていても、古い方のバージョンに合わせるので接続はできます。

例えば トランスミッターがBluetooth 4.1で、受信側が3.0の場合、低い方のバージョン3.0にあわせてつなげます。音声は聞こえるのですが、この時 4.1で使える機能(再接続機能など)は使えません。


Bluetoothトランスミッター比較表

Bluetoothトランスミッターの比較一覧表を作成してみました。apt-X対応の製品もまとめています。

メーカー/型番画像価格連続動作距離BluetoothレシーバーaptXレビュー
JEDirect Bluetooth トランスミッター19996~8時間10m以内Ver3.0レビューを見る
Inateck Bluetoothトランスミッター 1,9996~8時間10m以内Ver3.0レビューを見る
TaoTronics TT-BA012,0996時間10m以内Ver2.1レビューを見る
AUKEY BT-C12,4998時間10m以内Ver3.0レビューを見る
Ewin® トランスミッター2,5804時間10m以内Ver 4.0レビューを見る
Inateck 
BR1003
3,99912時間10m以内Ver 4.1
aptx
レビューを見る
TaoTronics TT-BA07 3,39910時間10m以内Ver 4.1
aptx
レビューを見る
JPRiDE
JPT1
 3,49912時間10m以内Ver 4.1
aptx
レビューを見る
Inateck 2-in-1 Bluetooth トランスミッター&レシーバー2,99920時間10m以内Ver 4.1
aptxLL
aptx
レビューを見る
TaoTronics  TT-BA092,99915時間30mVer 4.1
aptxLL
aptx
レビューを見る
Anker SoundsyncAnker Soundsync(2-in-1 Bluetooth 5.0 トランスミッター & レシーバー)【AUX、RCA、光デジタル接続対応】3,99920時間10m以内Ver 5.0レビューを見る
BR1008Inateck aptX HD Bluetooth オーディオレシーバー&トランスミッター,BR1008380012時間10m以内Ver 4.1
HD
aptxLL
aptx
レビューを見る


厳選BTトランスミッター

ランキング30位以内にあった製品同士を比較して コスパの高そうなものを選んでみました。

[aptX-LL対応 光デジタル接続可 送信受信両用] TaoTronics Bluetooth トランスミッター & レシーバー (15時間連続運転 二台同時接続可) AUX、RCA、光デジタル接続対応 高音質 低遅延 TT-BA09

TaoTronics TTBA-09
3000円以下で超低遅延のapt-X LLに対応

無線関係に強いTaoTronics社の製品。2台同時に接続可能で充電しながらでも使えます。安価ですが最新CSR8675チップセットを搭載しているので音も安心できます。

AUXケーブルと光ケーブル、どちらでも出入力が可能なので、テレビやステレオの発信機としてもつかえますし、有線ヘッドホンにつないで無線ヘッドホンにもできます。音ズレしにくいapt-X LLにも対応していて、コストパフォーマンスがかなり高いです。

Inateck aptX HD Bluetooth オーディオレシーバー&トランスミッター,BR1008

Inateck BR1008
次世代コーデックaptX HDに対応
 

大阪市に本社がありPC関係の製品を販売するイナテック。ハイレゾ級 aptX HDコーデックに対応した 一歩先を行っているマシンです。こちらもCSR8675チップセットを使用しています。同時に2台のBluetooth機器と接続でき、充電しながらも使えるので完成度が高いモデルです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする