【Apex Legends Q&A】直線的に上達する為のコツとメンタル管理まとめ【PC版】

ブルース・リー ”すべての行動に制限を設けてしまえば、それはいつか仕事や人生にも波及してしまうだろう。限界などない。踊り場があるだけだ。そこに居座ってはいけない。それを越えて行くのだ。”

細かい具体例は他のサイトさんが頑張っているので 私は 道のりはこんな感じというのを書いていきたい。基本的に上達の過程を楽しむゲームだから 自分の好きなようにやってうまくなるのが一番いいけれども、なにか参考になるのであれば持っていって下さい。

初級:どの武器 使えばいいですか?

強い武器を使うのがオススメです。最初はフラットライン、R301、R-99、ピースキーパーだけをひたすら練習するといいです。Sライフルは接近されたら勝てないので近接を重視したほうが速いです。敵が寄ってくることが多いためです。

アップデート次第で強武器は変わりますが、基本的に与えるダメージが大きい武器をひたすら使ったほうがいいです。あれこれ手を出すと慣れるのに時間がかかります。

初級:弾が当たらんのですが。

最初は心臓バクバクだし 狙う余裕すらなくて 倒れた後は「なんでこんなに弱いん?」と思うかも知れませんが、みんなそうです。

トレーニングモードでは止まった敵を撃つだけですが、動いている敵はぜんぜん違うので なかなか当たりません。

女子の場合はとにかく最初は撃つ練習だと思って 敵の方を向いてマウスクリックするだけでいいです。とりあえず撃つことに慣れましょう

相手が2センチ以上の大きさなら近いので普通に左クリック(腰だめ)。米粒くらいの大きさだったら右クリックして撃ち(覗き込み)ましょう。

敵に倒されたとしても100時間は 「練習中」と割り切ってしまってください。

100時間したら PCのモニターに水性ペンProckeyの赤(細字)で十字を書きます。画面中心エイムの焦点の所です。Apexのカーソルは見づらいし、ショットガンの場合はカーソルが消えるので エイムが安定しませんが、モニターにかけば安定します。自転車の補助輪みたいなものです。なれたら書かなくても当たります。

ゲームが終わったらすぐアルコールティッシュで拭き取りましょう。

中級:弾が当たらんのですが→敵の動きを予想すると当たります

分かります。敵の動きを見て、それに十字カーソルを合わせようとすると 敵の後ろばっかり撃つことになって当たらないです。これはDiegoも言っていますが、プロは敵が動きそうだという所にカーソルを動かしているだけです。

敵の動きなんて マズルフラッシュでよく見えません、銃声や足音で最初に敵の場所を確認したらあとは こう動きそうだなという予想をたてて、カーソルを動かしているだけです。

何時間もやっていくと敵の行動パターンの予想精度が上がり当たりやすくなるというわけです。

しかしゲームをしている間は プレイで脳がいっぱいいっぱいになるので、個人的にはプレイをOBSで録画して、ゲームの後に どういう風にカーソルを動かせば当たったのかという修正を毎回したほうが成長が劇的に速くなります。

私はSeagate製4TBのHDDを使って 思うように行かなかったプレイだけ確認しています。大容量のHDDがあると無いとでは効率が違ってきます。

上級者:自分がそんなに強くないと分かってから

これが分かれば十分強い人です。よく頑張りましたね。

強くなるとこのケンカは勝てるか勝てないか 戦う前にだいたい分かるようになります。同時に相手の強さも挙動で90%分かるようになっているはずです。

勝敗を決める大きな要因は 自分の持っている武器、地形、装備、そしてエイムを合わせる腕。これが勝っている時は勝てるから戦う、そうでないなら 場所を変えてごまかす。というような事ができるようになっているはずです。

そして冷静に考えると この中で一番なんとかなるのはエイム力しか無いことに気が付きます。ならば取る行動は唯一つ、練習しか無いです。

結局は実際のスポーツと同じく練習をするしか有りません、 プロの世界では実践VS練習の時間比率は5:1らしいですが、最初は1:1でいいので練習量を増やしましょう。

ヘムロック(単発打ち)を持って射撃練習場にこもって、カーソルを当てる練習をします。

実践ばかりしていてもワンパターンになって 技術は上がりませんので遠回りです。才能を開発したいなら 負荷をかけて より早く的を射抜くように脳の神経回路を高速化する必要があります。

ひたすら自分の限界スピードで15分練習する。これを繰り返すだけでダイヤレベルにはなります。このへんを詳しく知りたい方は書籍をご覧ください。

初級:勝てない。このゲーム難しすぎじゃないですか!

そうです。まずPC版はチーターもいるし、パーティで固めている人とも戦うので 1位は取りづらいです。PS4とは別ゲーの難しさです。プロですら野良だと1位を連続で取るのは無理です。
安心して下さい、TSM_Vissでも勝率2割です。

1位じゃなくて上達を目的に。
PC版は敵が強いので戦っているだけで 操作レベルが上がりやすくなります。めっちゃキツイ養成ギブスみたいなもんです。

テニスの素振りと同じで 脳内イメージと 実際の行動が一致するまでひたすら繰り返してカーソル移動や動きの精度があがると勝てます。石の上にも300時間です。

最初はマップもどこがどこだかわからないし、シールドの種類もよくわからない。アイテム選んで装備するのも苦労する。弾も当たらない。分かります。

気にしないで下さい。このゲームは覚えることが多すぎるので、最初の500時間はチュートリアルみたいなもんです。1つづつ覚えていけば余裕で慣れます。

初級:どこから始めたらいい?

一気に全部は覚えられないので、最初の50時間は何も考えずに楽しくプレイでいいと思います。その後は1つづつ分割して 繰り返して練習していく必要があります。

私の場合 最初は降下して武器とシールドを急いで装備する練習からスタートします。倒されるまでに装備できていたらオーケー。これを繰り返します。

慣れたら防御です。敵をおちょくりつつ威嚇射撃をして わざと撃たせて壁に隠れる。

味方のために時間を稼ぎます、チームの中で最後に倒れるのを目標にします。最初の100時間は勝とうとするんじゃなくて、「こう動けば死ぬ、これくらい体を出すと死ぬ」という経験法則を積んでいく作業です。

壁をうまく使って、なかなか死ななくなったら攻撃を練習しましょう。ドンと撃ってサッと隠れる。またドンと撃ってサッと隠れる。これができたら初級者は卒業です。

初心者は棒立ちでランボーのように撃ってとすぐに死にますが、それも経験です。ここで身にしみて「ああこれじゃだめだな」と受け止められるかどうかで動きがだいぶ変わってきます。

オススメは近接武器のピースキーパーです。腰だめだけで通用します。

初級:同じところから顔を出さない

同じところから顔を出して撃っていると、敵はそこにカーソルを当てているので撃たれます。
ここは見られているなと思ったら 違う場所から撃って、時間をおいて また戻るようにしましょう。特に自分が弾をくらったところは捨てて 別のところから撃つといいです。

離れる、高所を取る、煙を巻く、ジップラインで逃げる、敵の予想を外す、敵の予想を外すことをしましょう。

初級:全滅した後 味方がなんか怒ってる

無視。野良の場合 ボイチャは切って、楽しもう。

フレンドならともかくとして、一緒に遊んでくれた味方のせいにする人に強い人は 1人もいないので無視していいです。

日本は少なめですが 初心者のアメリカンはレベルが低く、自分のちょっとした手柄を大きく思う、仲間をした事は小さく見積もる。そして負けると人のせいにする アレな人が多いのでボイチャはオフが良いです。

レベルが低いとダウンで即抜けしたり ヌーブと責める人がいますが、そういう人も強かった試しがなく最底辺なので 一切 相手にしなくていいです。間違っても真似しないようにして下さい。

こういう人はハラスメント報告しておけば 積み重なっていずれBANされます。初心者扱いされるのが嫌な場合は キル数を表示するバッジを外しておいて、100キルくらいになったら付けましょう。

初級:ジャンプマスターになったら 過疎地に降りる

味方さんはすぐジャンプマスターを譲ってくれるので 引き受けましょう。

8割以上ジャンプマスターをやってきた結果、降下地点までだいたい500メートルになったら あとはWを押してまっすぐ直線146キロで降りるだけで まず負けない事が分かりました。

毎回場所を考えるのは面倒なので降りる場所は固定するほうがいいです。 このマップはどこが地形的に強いのか、そんな学習も早まります。

基本的に飛行機が半分過ぎたあたりのどこかは人が少ないため 序盤は死なないので良さげです。

中級:100時間くらいやってみたけどエイムが合わない

1試合終わったら 毎回15秒の振り返りをしてみるのはどうでしょう。このゲームはリプレイ機能が無いので、自力で 修正や検証をしないと同じ結果の繰り返しになってしまうのがネックです。

OBSでプレイを録画→試合の後でリプレイを見ます。

カーソルが敵の動きを追い越している場合→カーソルが速すぎるので感度をちょっと下げる

カーソルが敵のうごきに追いついていない場合→ちょっと感度を上げる。

これを繰り返すと自分にあった調整になります。突き詰めると 真ん中の点を 素早く敵にあわせるだけの作業という事に気が付きます。

中級:撃ち勝てない

何もないところで正面から撃ち合うとプロでも勝率50%です。プロの立ち回りを見ると
 
高所をとる、
味方と一緒に撃つ、
敵が味方を撃っている時に撃つ、
敵の体力が自分より少ない時に撃つ、
相手より強い武器を持っている時に撃つ。
遮蔽がある時に撃つ。
確実に当たるという時以外は撃たない。
撃ち勝てないと思ったら 一旦引く。これを繰り返しています。

プロはエイム頼りに見えつつ 勝てないときには戦ってないです。
Vissの動画は 行くか行かないのかの判断が非常に分かりやすいです。

中級:あんましうまくならない

思うようにうまくならない場合。一度冷静になって 敵の視点で見てみることをおすすめします。

倒れた後 観戦カメラを見て相手の動きを観察して、自分のプレイとどこが違うのか 違いを見ていくとレベルが上がりやすくなります。

なんで負けたのか 自分とどこが同じで どこが違うのかを観察します。 どんな武器をどんな距離で使っているか、移動のコースの理由、エイムをどこにあわせているか、ダメージを受けたらどう逃げているか、エリアを優先か戦闘を優先か。勝つためのヒントがいくつもあります。

いい配信者の放送を見ることもおすすめします。

中級:FPSはどれくらいでていたらいい?おすすめのグラボを教えて

FPSが最も落ち込んだ時で60以上あれば問題ないです。なるべく 動作環境の設定を下げましょう。30くらい違います。低価格でオススメのグラボは別ページにまとめています。

私が使っているのはmsi AERO RTX2060という機種で、低設定で平均125FPS、最高設定で平均92FPSです。(実際に検証してみた動画です

正直FPSゲームにRTS機能は不要なので3万円以下の GTX1660 があれば申し分ないです。

Apexの場合は GPU、CPU、144Hz以上のディスプレイ マウスは特に重要です。プロが使っているデバイスを参考にして 似た環境でやってみたい方はさらに別ページをどうぞ。

中級:ダメージが300を超えない。

真正面から敵と撃ち合うと 50%の確率で死んでしまうので、ダメージは良くて150~300くらいで止まります。どうやったら死なないのかと悩む時期です。

コツは高い所に登って撃つ。 遮蔽物があるところで戦う。1回撃たれたら場所をちょこちょこ変える。二人から同時に撃たれない。撃たれたら逃げる。

1人で突っ込んでいく人に流されて ポジションの弱い所にいかない。常に自分をどう守るか壁を意識する。とにかくダウンしないように心がけるだけで300から500に上がります。

中級:早く戦闘になれたい場合→ 激戦区の近くに降りる

撃ち合いしたい場合は激戦区に降りがちですが、これはあまりいい選択ではありません。猛者はキル数を求めて 初心者を養分にしようと待っているので、初心者の激戦区降りはエサです。キル数を伸ばそうと徒党を組んでいる人もいます。

激戦区の脇に降りて 装備を整えてから激戦区(スカルタウンやキャピトル)の敵を倒すと、高確率で武器が手に入って撃ち合いまで速いので 楽です。

上級:キル数が伸びない

この悩みが何度も出るということは コンバットに自信が付いたということなのでおめでとうございます。キル数は普通に接敵して戦闘をしていても伸びないので、銃声がなったら敵の方に積極的に近づいていくという必要があります。俗に言うキルムーブです。

激戦区近辺に降りるのはもちろんですが、エリアを片付けたら バルーンを活用して飛び回るという流れです。最初の降下時にどのへんに敵が多く降りたのかを覚えておいて 各個撃破するという立ち回りになります。

スーパーレアな体験:味方が蹴ってきたり撃ってきたり 嫌がらせをしてきます

やられたら我慢せずやり返す。

APEXのプレイヤーの中でも最悪のレアケースです。悲しいかな海外系サーバーに入ると 頭悪い系や差別系プレイヤーが1000回に1回くらいいて、いきなりキックしてきたり「抜けろー」みたいに撃ってきたりします。

ゲーム内で「俺は黒人とはゲームしない」とか「英語で喋らないなら俺の部屋から出ていけ」とか差別してくる頭のおかしい人がいますが、そんな時の対処法は 至って簡単です。ゲームを妨害しましょう。

不本意ですが3~4回くらい無抵抗で蹴らせます→ ミスで蹴ってるわけじゃないんだなと確認したら、自分たちの位置を知らせるべく、弾をそいつに当て続けましょう。

逃げるとか無視するとか距離を置くのは不正解。実際に2分くらい黙って蹴られてたら向こうは勝ったと思ってエスカレートして蹴ってきます。

ハラスメント報告をしたあと切断するだと 向こうは喜んでしまって「切断に追い込んでやったぜ ヒャッハー」となってしまうので、また別のところで同じことをします。

なので これはゲームの改善手伝いだと思って ひたすら撃つのが正解です。不本意ですけどボランティアです。

弾を拾ってはしつこく撃ち続けましょう。1分位で敵さんがよってきてロビー送りにしてくれます。

あとは ハラスメント通報もして あとの判断はリスポーンに任せましょう。こういった悪質な例は2回しか経験がありませんが 正当な理由があるので、こういった対処でBANや停止になった事は1回もないです。

ちなみに民度が一番高いのは断トツで日本です。次にいいのが韓国、民度最悪なのがアメリカと中国です。ただ中国はアメリカほど陰湿ではない(チーターは除いて)し 熱心なプレイヤーさんも多いです。日本サーバーは敵も強く 一番上達には向いています。

日本は せいぜい1人で突っ込んでいくくらいの可愛さです。

誰を真似するのかも重要

上達にはモデルとなる人がいたほうが速いのですが、強ければいいというわけではなく、見る人は選んだほうが良いです。日頃から冷静、建設的、謙虚、研究熱心な人を探してみて下さい。

APEXは無料ということもあって勘違いした人が ゲーム内や掲示板で 根拠のない誹謗中傷を言ったりします。初心者をバカにしたり、コンソール機を下に見る勘違い系など低質なものなどが多いので 真似をしないようにしましょう。

上手い人は他人のプレイを参考にはしますが比べていません、常に自分に何が出来たか、上達にフォーカスしています。

またFPSということもあって腕が多少うまく、負けたらチームに暴言を吐く、毒舌をいう、物を壊す配信者が まれにいますが、これは最低なので真似をしないようにしましょう。

彼らは視聴率稼ぎでパフォーマンスのためにやっているのですが、プラットフォームを提供する側はこういう人たちを嫌っています。プレイもうまいように見えますが 立ち回りは配信映えするように動くので参考になりません。

負けたらチームメイトに暴言を吐くなどの行動は全て自分に帰ってきます。上手い人はそんな暇があったら なんでそうなったのかを振り返って予防策を考えます。

これはFPSだけではなく全てのゲームに通じますが 相手の思考まで読むようにしないと 長期では勝てません。日本にもいますが そういう人たちは必ず消えます。

強い人は負けから学んでいます。むしろ負けた時のエラーを見つめて 修正することを喜ぶ人が多いです「そうか そこがだめだったのか」という発見があるからです。負けても敵や味方に感謝してggと言えるようになったら もはやここを見る必要はないでしょう、その時は 卒業です。


以上が私が体験した上達の流れです。異論反論もあるでしょうが、1つでも踏み台になれば幸いです。頑張って下さい。

【PUBG】人気配信者やプロゲーマーの方が使っているデバイスを調べてみました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする