【世界最強はどのチーム!?】Apex Legends Preseason Invitational in Krakow が開催(2019.9.13-15)

Apex Legends Preseason Invitationalpicture:twitch

Apex Legends初めての国際大会

2019年9月13日~15日、Apex Legends Preseason Invitational in Krakowが開催。

全世界から集まった80のトップチームがポーランドのクラクフ Alvernia Planetに集結、総額50万ドルの賞金をかけてバトルします。

NRG 、Natus Vincere、TSM、Virtus.pro、Team Secret、Fnatic、G2、Sentinelsなど有名プロチームも参加。

picture:twitch

 ロシア、ノルウェー、ウクライナ: Gambit Esports|Artyco

大会期間: 3日間
配信:TwitchYouTubeMixer
放送開始: 9月13日、14日、15日午後8:00(日本時間)
プレイ開始:9月13日、14日、15日午後8:30(日本時間)
大会詳細APEX LEGENDS 公式サイト
順位確認liquipediaでどうぞ

日本から6名の選手が出場

・今回は全世界からトップ80チームが集結(前回は北米と欧州が中心)

・日本からは6名の選手が出場
AKIHABARA ENCOUNT: Alelu, LeiaSaboten
Selector: AhnuG, AlpaN,D4ntalion(敬称略)

・韓国からは あのMVPチームが登場。人気配信者 Serry_OもWyvernチームで参加。

韓国:APEX LEGENDS MVP

韓国:MVP Aka Mondo Ras

picture:twitch

大会のルール

picture:twitch

TEAM789

ロシア:Team789  esdesu  元OWのTOP500プレイヤー 

・クォーター、セミファイナル、ファイナル、グランドファイナルの4つの関門をクリアする
・グランドファイナル以外はそれぞれ3~4マッチ戦う
・ポイントが高い上位チームが次の関門にすすむ

ポイント

キルごとに1ポイント。各種順位によるポイントは以下

  • 1位 – 12 ポイント
  • 2 位 – 9 ポイント
  • 3位 – 7 ポイント
  • 4位 – 5 ポイント
  • 5位 – 4 ポイント
  • 6- 10位 – 2 ポイント
  • 11- 15位 – 1 ポイント
  • 16- 20位 – 0 ポイント

picture:twitch

イギリス・スウェーデン:Myztro Gaming

イギリス・スウェーデン:Myztro Gaming ottr GaRpY HELL

今回は 敗者復活有りのトーナメント制

会話形式で具体的にルール説明

アメリカ:Team SoloMid

アメリカ: TSM Albralelie Reps ImperialHal

どうやったら優勝できるの?

まずあなたが最強チームの選手として参加したとします。順調にいくと、
クォーター(3マッチ)
セミファイナル(3マッチ)
ファイナル(4マッチ)を上位10位以内で勝ち抜きます。

グランドファイナルだけはルールが違います。マッチ数が無制限。50ポイントを獲得したチームがマッチポイントを獲得、それ以降の試合で一番最初に1位をとったチームが優勝です。

はやく50ポイントとって、1番先に勝たないといけないのね。

敗者復活というのはなんですか?

クォーター、セミファイナル、ファイナルのどれかで負けた場合、敗者復活戦コースに進みます。そこでも、1回戦、2回戦、3回戦、最終戦を勝ち抜けば グランドファイナルに出場できます。

つまり4回勝てば優勝です。

日本チームはどうでした?

AKIHABARA ENCOUNTとSelectorは Dブロックで戦い14位と20位でした。2日目の敗者復活戦1回戦、Selectorは前日に比べて 調子を上げたのですが 15位。

AKIHABARA ENCOUNTも同様で、3マッチ目に大健闘して2位を獲得したのですが、総合11位でした。惜しかったー! 

でも初の国際試合に日本から参加したんですから、偉大なパイオニアですよ。挑戦者に対するリスペクトが大事。

今回の試合を見て、「くやしい。次は俺が出たい」と思った人も絶対いるだろうし、後に続く人もでるので順位とか関係ないです。

司会の人も「日本の選手はランオフばっかり降りてたね!」っつってたんで、カルチャーショックを与えてて良かったです。

途中までの試合結果

A 対 B 上位

Screengrab via Liquipedia.net

C 対 D 上位

Screengrab via Liquipedia.net

ABCDファイナル

Screengrab via Liquipedia.net

敗者復活ファイナル

Screengrab via Liquipedia.net

グランドファイナル

グランドファイナルは記録的な長期戦

グランドファイナルは 実力が拮抗。絶対に1位を譲らない 意地の戦いが6時間半に及びました。

チームを世界3位に導いたselly

2位の有名なNatus Vincereチームの2選手と一緒に 3位のWyvern sellyも最終インタビューに登場。今の気持ちを聞かれて、仲間のみんなと一緒に戦えて面白かった、チームメイトとは2週間しかトレーニングしてなかったけど、彼らにとってもすごい体験になったと答えていました。

789やワイバーンはすごすぎる
ロシアの789や韓国ワイバーンのメンバーは 企業からお金出してもらっているチームではなくて、家庭で練習しまくって 一般参加でプロチームをなぎ倒していたので 会場に衝撃を与えました。

TSMが2連覇を達成

そんななかで 意地を見せたのがTSM。

序盤の序盤は苦戦していましたがポイントを重ねて、11マッチ目で1位を獲得。最後は韓国MVPとのエリア争いを抑えての優勝。

インタビュワーから「どのように序盤からのメンタルを立て直したのか」と聞かれて、IMPERIAL HALは 「序盤は最悪のスタートで、自分でもどうやって 優勝台に来れたのか良くわからない」と答えていました。ギリギリの勝利でした。

次回は王座が変わる可能性大

上位の実力差はほぼ無い

9位以上のチームは1位を1回獲得しているので、9位以上なら どのチームもTSMと互角の実力だと言えます。前回の戦いとは全く違い 上位チームに実力差はほぼありません。

50ポイント先取ルールだったら789の方が強いですし、日を改めて もう一回試合をしたらTSMが勝つ確率は11%です。次回 新王者が誕生する可能性は極めて高いと言えます。

サードシーズンでは索敵メインの新キャラが登場し、必勝法も変わるので、次回の大会ではTSMが3連覇を達成できるのか、それとも新しい王者が誕生するのか 楽しみです。

次の主要な大会

次は9月30日にTwitchConがサンディエゴで開催されます。20チームが50万ドルをかけて競います。

playapexのApex Legends $500k Preseason Invitational in Krakow, Poland – Day 1をwww.twitch.tvから視聴する


関連 【前回 北米大会】EXP Invitational Apex Legends が開催

人気配信者やプロゲーマーの方が使っているデバイスを調べてみました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする