3分で分かる ウィッチャーシリーズ(ゲーム版)ストーリーまとめ

壮大すぎると本筋というか骨格がよくわからなくなってくるので 整理した方が便利だなと思って作成。

注:本編に絡むネタバレが含まれています。気になる方はクリア後にご覧ください。

背景

そのむかし 名もない大陸で、エルフとドワーフと人間がそれぞれ暮らしていました。ところが天体の合という事件が発生。

これによって次元がつながり、獣や悪魔がポータルを通ってやってきました。

モンスターが人間を襲って食うので、 人間は モンスターを退治する専門家ウィッチャーを作って対抗することにしました。

人間が薬を飲むと 生殖能力を失う代わりにウィッチャーとなり、サイヤ人並の強さになります。

一旦 ウィッチャーになると それからは各地を回ってモンスター退治をすることになります。

ウィッチャーの活躍の裏では 人間どもが勝手に国を作って お互いに殺し合っていました。南部にはニルフガードという大国があり、北には小国が4つくらいあります。

人間は魔術を発展させて 多くの魔法使いを生み出しました。

その副産物として ワイルドハントという悪い魔法使いも出てきました。強いし面倒くさいしでこいつらはモンスターと変わらない迷惑な存在です。

ウィッチャーの中でも最強のゲラルトはホワイトウルフという名前でモンスター退治を頑張っていました。

ゲラルトは 戦火で焼け出されたシリという名の少女(ネルフガードの王の娘)に出会い 養子にします。ゲラルトは 彼女 兼 魔術師のイエネファーと一緒に シリを鍛えます。

イエネファー

イエネファー

その結果 シリもゲラルトに匹敵するようなスゴ腕のウィッチャーに成長します。

そんなある日 ワイルドハントがイエネファーを誘拐。ゲラルトはイエネファーの解放の代わりに 魂を差し出します。ワイルドハントはこの提案を了承。

ゲラルトは5年間の昏睡状態に陥り それまでの記憶を失ってしまいます

ウィッチャー1

そのころ 人間のリーダー ジャブドが台頭します。ジャブドはウィッチャーを作り出すための薬を盗み出し ウィッチャーを大量生産することで 世界を制服しようとします

 ゲラルトは森で倒れているところを発見され、ウィッチャーの本拠地ケィア・モルヘンで目覚めますが、記憶がないので 友達 兼 魔術師のトリスに介護してもらって ようやく記憶の一部を取り戻します。

旅立ったゲラルトはジャブドたちを殺して薬を取り返します

フォルテストの王はゲラルトを「よくやった」と褒め、ゲラルトを護衛係として雇いましたが、悪いウィッチャーが フォルテストの王を刺し殺すという事件が発生。

ウィッチャー2

近くにいたゲラルトに王殺しの疑いがかかりますが、ゲラルトは汚名を晴らすために犯人探しを命じられます。ゲラルトは王殺しの犯人を追いかけて殺害。

犯人に王の殺害を命じたのは ニルフガード帝国で、北の国々を踏み潰して帝国を作ることが目的でした。

ウィッチャー3

ニルフガードは北の国々と戦争を開始。ゲラルトは彼女のイエネファーを探して旅に出て再開します。

イエネファーは ニルフガードの王がゲラルトを呼んでいると話します。

王はゲラルトに 娘のシリの命が危ないから探せと命令します。

シリは世界を凍らせて浄化しようとしているワイルドハントから命を狙われていたので、逃亡生活をしています。ワイルドハントにとってシリは邪魔なので 殺すつもりです

ゲラルトはシリと再開し、ワイルドハントを待ち伏せします。イエネファーとトリスなどの協力もえて、ワイルドハント軍団と全面対決。全滅させます。

ワイルドハントのリーダーは 死ぬ間際に世界が凍る魔法をかけますが シリが阻止します。


ケイマン諸島で撮影されている NETFLIX版 ウィッチャーはゲームではなく小説版ウィッチャーシリーズを元にしているので 更に違った世界観になりそうです。

小説版ウィッチャーはⅤ湖の貴婦人で完結、どんなドラマになるのか楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする