【3000円程度でNAS化もできる】TP-Linkの無線LANルーター Archer C20をレビュー

TP-Linkの無線LANルーター Archer C20箱

タダ乗りを機に 人気ルーターArcher C20に買い替え

ウチの無線LANは 5年前に買ったロジテックのW300N/Rという製品であったが、先日ついに何者かにハッキングされ、ナゾの端末5台にタダ乗りされるというプチ事件が起こりました。

そこで家族会議の結果、セキュリティ対策ついでに無線LANを買い換えることに。パスワードの暗号をWEP/WPA設定にしていたのですが、もうそれではパスワードが簡単にバレる時代になったようで悲しい。

しかし自宅のwi-fiが 違法アクセスの踏み台とかにされないためにはしょうがないですね。

なぜタダ乗りが判明したのか

SoftPerfect WiFi Guardというソフトを使うと カンタンに自宅の無線LANに接続している端末がわかります。

うちの人がスマホ接続している時に表示が出たら、その端末は安全ということで緑でマーキングしていきます。ですので 緑は問題がないアクセス、印は知らない「何者か」からのアクセスです。

表示に出ているMACアドレスは1つ1つの機械に与えられた識別番号のようなものなので、ルーターで この番号はダメですと制御をするとブロックできます。

今回 犯人が見つかった理由は 夜中に速度が突然 重くなって2Mbps以下になったからです。同時に見知らぬ2人くらいが家のWi-fiでアクセスしていたらしいです。重い動画でも見ていたのかもしれません。

新しくルーターを購入するにあたっては、ウチの回線が100Mbpsの契約なので 1000円安いTL-WR841Nでも 良いかなと思ったのですが、いろいろ調べるとArcher C20の方がお得そうだったので、試してみることにしました。いつか性能のいいBUFFALOがほすい。


内容物や外観

箱は結構大きく、ゲーム機の箱くらいの大きさでした。

TP-Linkの無線LANルーター Archer C20 箱

裏面はこんな感じ、

TP-Linkの無線LANルーター Archer C20 箱

11acの5GHz帯の433Mbpsと2.4GHz帯の300Mbpsのデュアルバンドで合計733Mbpsまで高速化してます。300Mbpsから倍以上になりました。

本体はA4ノートくらいの面積ですね、内容物は本体、ACアダプター、LANケーブル、説明書、保証書です。

説明書は日本語で、セットアップを説明するごく簡単なものでした。詳しい設定はウェブでという感じでしたが、説明書の手順に従うだけで 10分位でネットにつなぐことが出来ました。


いざ起動

このようにアンテナをまっすぐ立てると横方向に電波が飛びますので、1階建てやマンションの方は立ててあげると良いそうです。 

TP-Linkの無線LANルーター Archer C20

後ろにアンテナを傾けると上や下にも飛ぶので2階建て以上のご家庭は倒してあげるといいようです。ウチの場合、こんな感じで扇のような感じで広げて使うと電波が行き渡る模様。見た目アリっぽい。 

TP-Linkの無線LANルーター Archer C20 起動インジケーター

使って分かったArcher C20の7つの良いところ

<スペック>
①11acの5GHz/2.4GHzの2バンドに対応なのに3000円
②LANポートが4つある
③4台接続でもそれなりに速度が出る

<機能>
④スマホで撮った写真や動画をwifiでルーターのUSBメモリーに飛ばすことができる
⑤WPA2やファイアウォールVPN/ALGに対応しておりセキュリティは硬い
⑥アプリ「Tether」を使って簡単に変なアクセスを1発ブロックできる
⑦クイックセットアップで「次へ」を連打するだけで基本設定がすぐ終わった

残念な点
・縦置きできない。


④スマホで撮った写真や動画をwifiでルーターのUSBメモリーに飛ばすことができる(NAS機能)

「NASとは何ですか?」

Network-Attached Storageの略で、ネットワークにつながったHDDみたいなものです。下のように ルーターにHDDやフラッシュメモリをさすと WI-FI等で スマホから写真や動画を送信することが出来ます。

TP-Linkの無線LANルーター Archer C20 裏面

スマホで撮った写真をパソコンに入れる時って、ケーブルでつないでファイル探したりするのが面倒だったんですけど、これだとスマホから飛ばすだけなので楽です。

私は撮ってきた写真や動画をwi-fiでルーターのUSBメモリーに飛ばしています。そこからPCや家族の携帯に写真をwi-fiで送ったりできるので便利です。

写真はふUSBメモリーに送っておけば、スマホの写真データは消せるのでスマホの容量がいっぱいになりません。常時写真取り放題になります。 本体が到着してNAS化したいって時は NAS化の手順をこのページに書いてますので ご参考にどうぞ。

無線LANが苦手でも「連打」で終わるクイックセットアップ

無線LANは設定が 面倒な印象があったんですけど、これは10分もかからず終わってしまいました。手順を書いておきますね。

1. まずモデムからのLANケーブルを青い所に、パソコンのLANケーブルをオレンジの所のLAN(どこでもok)に挿して、ルーターの電源を入れます。

2. パソコンのブラウザを起動してアドレスバーに「192.168.0.1」と入力。ルーターの設定画面が開くので、ユーザー名とパスワードに「admin」と入力します

3. 左の項目から クイックセットアップを選んで、ずっと「次へ」ボタンを押します

4.Wi-fiが開通します。パスワードは本体の底面に書いてあったので、それでWifiにアクセスしたら つながってるはずです。


「通信速度はどの程度?」

パッケージには5GHz帯が433Mbps2.4GHz帯は300Mbpsとありますが、実測してみました。Zenphone2 lazerを使用して3m程度離れて 2.4GHzWifiでテストしたところ…

1回めは下り51Mbps、上り44.5Mbps程度でした

TP-Linkの無線LANルーター Archer C20 2.4GHz Wifiの速度

2回目は下り51.2Mbps 上り47.97Mbpsでした。なかなかいい感じです。

TP-Linkの無線LANルーター Archer C20 2.4GHz Wifiの速度 その2

5GHz対応のスマホは持っていないので測定できませんが、公称値を元にするなら、この1.44倍位になるのかなと思います。dアニメも読み込みがスムーズになってなかなかいいです。


まとめ

3000円くらいの価格帯で、これだけの機能の無線LANルーターなのは 正直すごすぎます。レビューも4.1と高評価で、急に接続が切れるなどの報告もほとんどないですし、3年保証まであるので、1年あたり…約1000円?になるんでしょうか。

ただ有線LANが100BASEなので、1Gbpsの契約を結ばれているご家庭では物足りないかもしれません。100Mbps以下のご家庭では活躍してくれると思います。

TP-Linkの無線LANルーター Archer C20 たまにあるクーポン

TP-LINKという会社は日本ではあんまり知名度は高くないかもしれませんが、世界ではトップシェアの無線LAN製造メーカーなので、人気も納得の出来でした。

Amazonでは ごくたまに15%オフのクーポン券を配っていたり、タイムセールがあるので、その時に購入されると、さらにお得です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする