単3充電池を比較して価格の割にいい商品を見つける

今から 充電池ベスト3を決めます

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形8個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能) エネボルト(enevolt) 大容量 単3形充電池 3000mAh ニッケル水素充電池 自然放電軽減 繰り返し約1000回 充電 電池 4本セット 日本規制検査済み 【輸入元ロワジャパンPSEマーク付】ロワ ROWA エネループを超える 超大容量2500mAh Ni-MH ニッケル水素 単3形充電池 8本セット【ロワジャパン】 【ロワ独売!!/1000回充電可能】 EBL 充電式ニッケル水素電池 単3形 12個入 ケース付き(最小容量2000mAh、約1200回使用可能) パナソニック eneloop 単3形充電池 4本パック スタンダードモデル BK-3MCC/4

ようこそいらっしゃいました。

単3充電池はいろんなメーカーのものが出回っていますが、本当にお得なのは どの単3充電
池なのでしょう。

今回は価格・電気容量・使用回数で比較表を作って お得度を比べてみました。
コスパの高い商品を見つけたい時の ご参考にどうぞ。

日常用の充電池ということで

・価格が安い
・繰り返し使用回数が多い
・充電容量は ふつうのエネループ(1900mAh)程度
・充電したら1年放っといても大丈夫

の4条件に当てはまるものを比較しています。


ところで「充電池の繰り返し回数」ってアテになるんですか?
→結構アテになるみたいです

phote:アマゾンベーシック  amazon.co.jp

充電池の繰り返し回数を見るたびに本当に2100回も使えるの?と思っていたのですが
結論から言うと使えるそうです。

例えばエネループを販売するパナソニックの広報によると、使用環境に影響される
としながらも、JIS規格のテスト基準では確かに2100回をクリアしています。

ニッケル水素蓄電池の繰り返し使用回数は日本工業規格(JIS 8708)で決まっている
そうで、サイクル耐久性試験は7.5.1.2の項に書いていました。


充電池の寿命の条件

それぞれの充電池は充電した後放電するという1サイクルが何度も行われ、
放電テストで3時間以内に1.0Vを出せなくなった時がその充電池の終わりとカウントするそうです。

結論:繰り返し回数には根拠があった

phote:panasonic.com

それぞれの充電池の性能は共通のモノサシで測られています。

各会社の技術部のおじさんが「この電池は1000回くらい使えたから1000回!」
という風に決めている訳ではないので充電池も比較することが可能なようです。


今回はamazonでも★4つ以上の人気の高い単3充電池グループを比較してみました。
1回使用あたりのコストパフォーマンスが良いものから順に並べています。

単3充電池性能比較表

名称 image 評価 本数 実勢価格 電気容量(mAh) 繰り返し使用回数  1本当たりの価格 1回使用あたりのコスト 1000mAhあたりのコスト 1年後の
容量残存率
パナソニック eneloop 単3形充電池 8本パック スタンダードモデル パナソニック eneloop 単3形充電池 8本パック スタンダードモデル BK-3MCC/8 4.4 8 1,747 1900mAh 2100回 218 0.10円/回 0.05 90%
パナソニック 充電式EVOLTA 単3形 パナソニック 充電式EVOLTA 単3形充電池 8本パック スタンダードモデル BK-3MLE/8B 4.4 8 1,784 1950mAh 1800回 223 0.12円/回 0.06 80%
EBL 充電式ニッケル水素電池 単3形 12個入 EBL 充電式ニッケル水素電池 単3形 12個入 ケース付き(最小容量2000mAh、約1200回使用可能) 4.5 12 1,980 2000mAh 1200回 165 0.14円/回 0.07 85%
Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形8個パック  Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形8個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能) 4.3 8 1572 1900mAh 1000回 196 0.20円/回 0.10 80%
充電式IMPULSE 単3形 TOSHIBA ニッケル水素電池 充電式IMPULSE 高容量タイプ 単3形充電池(min.2,400mAh) 4本 TNH-3A 4P 4.0 4 1,220 1900mAh 1500回 305 0.20円/回 0.11 85%
ロワジャパン 単3形充電池 8本セット 日本規制検査済み 【輸入元ロワジャパンPSEマーク付】ロワ ROWA エネループを超える 超大容量2500mAh Ni-MH ニッケル水素 単3形充電池 8本セット【ロワジャパン】 【ロワ独売!!/1000回充電可能】 4.0 8 1,860 2500mAh 1000回 232 0.23円/回 0.09 80%

11実勢価格は17/08/13のものです

1回使用あたりのコストが1番安い eneloop

phote:panasonic.com

今回比較したグループの中でも eneloopの性能はかなり高かったです。

・1回使用あたりのコスト
・1年後の容量残存率
・1000mAhあたりのコスト
・繰り返し回数

において1位でした。フル充電してそのまま放置しても 1年後に90%残って
いるため長期保存したい場合に向いています。

あえて難を言うならば 1本あたりの単価が少し高いという所です。
安く大量に揃えたい場合には割高ですが、最も安定性のある単3充電池だといえます。

繰り返し回数が多い分だけ充電式エボルタよりもeneloopのほうが優れています。


単価が一番安く 性能も良いEBL

EBL 充電式ニッケル水素電池 単3形 12個入 ケース付き(最小容量2000mAh、約1200回使用可能)

日本での知名度はイマイチですが、EBLは米Amazonでの家庭用充電池ベストセラーランキン
グでは上位を獲得していたりします。

1本あたり165円は今回比較したグループの中で最も低価格でした。

レビューにも書かれていましたが、Amazonベーシックよりもこちらの方が電気容量と繰り返し回数という点で優れています。

マジメに研究開発してるEBL

phote:amazon.co.jp

エネループと同様にEBLも 水素分子を閉じ込めるための研究開発を行っているので
より多くの水素を安定的に保持できるようになっています。

今後エネループの座をおびやかすものがあるとすればEBL製なのかもしれません。

1年後の容量残存率は85%、3年後も75%の容量が残りますので、これも長期保存が
できます。私はEBLの単4電池を買ってみましたが、このようにケース付きなのも嬉しいです。

冒頭の充電池ベスト3は「1回使用あたりのコスト」 と「1000mAhあたりのコスト」
で評価して エネループ、エボルタ、EBLという順位になりました。

以上「単3充電池を比較して価格の割にいい商品を見つける」でした


★ 単4でコスパの高い電池をお探しの方はこちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする