東芝の据え置きラジオ ラインナップと比較

最高ではないけれど実家のような落ち着く音。それが東芝のラジオ。

キッチン、リビング、寝室などで使うための、比較的大きめなラジオを比較してみました。

市場での評価はラジオと言えばSONYといった様相ですが、最近の東芝はラジオで非常に頑張っています。

1990年代はラジオ事業から撤退していた東芝ですが、2002年から東芝エルイートレーディングとしてラジオ事業も復活。

感度や音質の面でも 地道に改善を重ねていて、新製品も積極的に投入しています。価格も抑えめなのでコスパ的には帝王といってもいいと思います。

東芝ホームラジオ 比較表

 TY-HR3(K)TY-AR55TY-SR55 
 
実勢価格3,6004,2804,845
評価3.4(8件3.9(55件
受信AMFMAMFMAMFM
チューナーアナログ(アナログ)
シンセ
受信周波数AM:522~1,620kHz
FM:76.0~108.0MHz
AM:522~1,620kHz
FM:76.0~108.0MHz
AM:522~1,620kHz
FM:76.0~108.0MHz
電源DC4.5V
(単1・3本)
DC4.5V(単2・3本)DC4.5V(単2・3本)
スピーカーシングル
Φ9.0cm(8Ω)

ステレオ
Φ8㎝(4Ω)

ステレオ
Φ8㎝(4Ω)

時間FM受信:約400時間FM受信:約160時間FM受信:約160時間
寸法(mm)214×130×60220×55×120220×55×120
質量(本体)640g610g610g
付属品電源コード、
肩ベルト
説明書、ACアダプター、肩ベルト説明書、ACアダプター、肩ベルト
発売日2018/10/122016/8/292016/8/29

東芝ラジオ 評判の3機種

TY-HR3(K)の特徴はロングバッテリー

特徴
400時間再生
・シングルスピーカーで場所をとらない
・光る同調ランプでチューニングが簡単

【操作しやすく、長く使える】
オーソドックスでバランスの良い機体がTY-HR3です。長時間聞いても聞き疲れしない大型の9cmスピーカーを搭載しています。

電源コードでも使えますし、単一乾電池3本でも400時間以上再生ができるので、電池切れを心配せず使えます。

 説明書を読まなくても すぐに使えるデザインで、ストレス無く使える所が魅力です。メーカー1年保証です。

実はPLLシンセチューナーTY-AR55

特徴
・PLLシンセ方式で受信が安定
・高音質のステレオスピーカーを搭載
・ハンドル付きで持ち運びも楽

【関連】TY-AR55 購入レビュー

TY-AR55はSR55の兄弟機です。ダイヤルを回してチューニングする、シンプルなタイプで壊れにくいメリットがあります。

見た目は地味ですが、内部にはPLLシンセサイザー方式(受信が安定する方式)が使われています。 辞書くらいの大きさしかないのにザーザー言わないので結構感動します。

特にAM受信感度が良いです。内蔵バーアンテナは6センチと控えめですが 私の場所では県外の電波までキャッチしました。5000円付近のダイヤル式ならオススメできる一台です。

ラジオ局登録で楽ちん TY-SR55 

特徴
・PLLシンセ方式で受信が安定
・登録ボタンでチューニングが楽
・ハンドル付きで持ち運びも簡単

東芝ラジオの中でも代表的なモデルに位置するTY-SR55。AM/FM放送のほかワイドFM(FM補完放送)にも対応しています。

便利なのは 6個のお好み登録ボタンです。よく聞くラジオ局を登録できるので、押すだけで瞬時にラジオが聞けます。

液晶は大型で、バックライトはオレンジと見やすい配色になっています。

2つのスピーカーはフリーエッジ構造で音質を強化しています。日常で使うには十分な音質です。特にFMの音質はとても良いです

ただAM放送はソニーの高級機ICF-M780N等に比べると高音が弱いです。 AMで音楽を聞く時にはソニーのほうが良いでしょう。

アナウンサーの声はよく聞き取れますし、価格と性能のバランスが良く とても良くできている機体です。


関連ページ

・ラジオ総合ページ
・AMラジオが聞こえない時の対処法
・東芝エルイートレーディング ラジオ公式ページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする