【Rimworld】防衛 キルゾーンづくりの基本的な考え方

最初は敵がこん棒持って突撃してくるだけだけだから 適当に戦ってもなんとかなる。

でも途中から勝てない。

助けてドラえもーん。しょうが無いなぁ テレテレッテレー キルゾーーーン!

…というわけで 拠点を責めてきた蛮族共は キルゾーン(自軍に有利になる建物)に引き込んでから 倒そうねという話。

いろんな配信者がいるから知っているかもしれないけどもね、どの配信者のキルゾーンにも共通するポイントがあるわけです。その共通するポイントは たったの3つ。

1.敵を分断しろ
2.一人の敵を集中砲火しろ
3敵にカバーを使わせるな。

これを分かりやすく図に書くと こうなりますよ。

…うん。 図工は2だからごめん。

つまりだ

①通路を狭くして 敵を一人ひとり追い込む。
②青丸に味方を配置して一斉に撃つ

そう。こうすれば 敵は少数になって 袋叩きにできますよと。

横に配置するのはタレットでも人でもいいです。上の図が基本形です。

巨大マップだとタレットが巨大になったり 後ろに狙撃兵を増やしたりして大きくなるだけ。考え方は同じ。

解説

・細かい所を言うと、敵が通ってくるところには土のうをおいておくといい。通過するだけで時間がかかるから、遅れてくる子がいても 準備させやすい。土のうの材料が無い時は 墓を置いても遅くなる。

・ロボットとかは固いので 味方の所まで攻め込んでくることもあるよと。
そんな時も安心だ バリケードのところまできたら乗り越えるのに時間がかかるので、その時間で 味方を後ろに引かせて 別の場所に逃げ込んでいい。

キルゾーンの基礎が分かればあとは自分の好きなようにカスタムできるはずだ。

もちろんキルゾーン戦法が通じないときもある。敵が輸送ポッドで直接 陣地に入ってきた時はこの戦法は使えない。その時は各個撃破していくしか無い。だけど あとはこれで対処できるぞ。

頑張って生き残ってくれ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする