2021年1月現在 なぜグラフィックボードは異様に高いのか。

要約

・ビットコインが史上最高値を更新。マイニング用としてGPUが買われている
・コロナウィルスの影響で 製造 流通の両面で遅延が起きている
・さらに巣ごもり需要で追い打ち。

自作PC愛好家に取っては冬の時代

2020年からコロナウィルスの蔓延に伴って 製造と流通両面で打撃を受け グラフィックボードは品薄状態が続いていました。

また巣ごもり需要により 家でゲームするという人が世界中で増えたので 需要が急増。

そこにビットコインバブルがやってきました。今は1ビットコインが366万円と過去最高値を更新。

ビットコインで一儲けを狙う 業者の人はBOTを使ってオンラインサイトに大量に発注を出し 最新版のRTX3000シリーズをかっさらっていっている状況です。

じゃあRTX3090で1日中マイニングをどれくらい儲かるのかというと、電気代を差し引いて  現在の為替レートで およそ840円程度です。

初期投資額を回収できるのがいつなのかは分かりませんが、ビットコインが高騰しているうちに「もう一台使って マイニングだ」という具合に買う人がいるようです。

AMDのRX 6000シリーズも同様に買われています。

じゃあ いつ頃手に入るのか?

Nvidiaは第1四半期を通してRTX3000シリーズの在庫不足は解消されないだろうとコメントしています。

少なくとも4月上旬まで製造元、小売、オンラインで在庫は見つけられないかも知れません.今の所 需要が強すぎて キャパシティが追いついていないそうです。

現在はRTX 3060 Ti やRTX 3070といった 平均的な部類のグラフィックボードでも5割増などの高値が付いているため GTX1660Sなどの価格の落ち着いたGPUの方が経済的かも知れません

売れ筋ランキング

(2/25追記)

深刻なGPU品薄状況を受けてNvidiaは対策を実施。RTX3060ではマイニング効率を下げる施策を行って ゲーマーにGPUが行き渡るように手を打ち始めました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする