【Wi-Fiの規格】11acとは何なのか

無線LANルーターの表示でよく見る 11ac =IEEE802.11acについて、なるだけ分かりやすく解説します。一言で言えば「11acはいいものだ…」って話です。

https://goo.gl/HsT5wf

まず無線LANは大きく分けて、以下のように 3つの種類があります。

無線LAN
L Wi-Fi
L  ブルートゥース
L  ZigBee

「11ac」とは、Wi-Fiの中の一番新しい規格です。無線通信の一番新しい技術です。

無線LAN
L Wi-Fi-———————–11ac(超速い 6930Mbps)
L  ブルートゥース   L  11n(普通  600Mbps)
L   ZigBee       L  11a(遅い  54Mbps)


 Wi-Fiの中で一番速い11ac


11acは 理論上6930Mbpsの速度で通信ができるといわれています。

Q.6930Mbpsとかいってるけれど、
ほぼ867-1300Mbpsの製品しか無いんですが…


http://item.rakuten.co.jp/logitec/wrc-f1167acf/


6930Mbpsというのは、最大8本のアンテナを同時に束ねた場合の速度。アンテナ一本あたりの最高速度は現在433Mbpsです。(80MHz)

市販のものはアンテナは2本か3本の製品が多いので867Mbpsか1300Mbpsの機器が多いです。NEXUS5等の高いスマホやタブレットは11acに対応していますが、ほとんどアンテナが1本なので433Mbpsです。

11acの次の規格ってあるの?

次世代の”11ad”という規格もありますが、こちらは発表はされているものの実用化はまだなので、現在使える一番新しい規格11acです。

とにかくルーターだけ新しくすればいい?
ルーターが新しいのはいいんですが、ルーター(親機)が対応していても子機が昔の製品だと速度はでません。

Q.つまり…私の持ってるPSP(ゲーム機)は6930Mbps接続できないんですね?
A. できないですね。一昔前のPSPだと11b規格なので最速のwifiルーターを買っても11Mbpsが最高速度になります。

まとめ
・ 11acはWi-fiの中で一番速い規格
・ 今からルーターを購入するなら、なるだけ「11ac対応」のものがいいです。
・ でも新しいルーターを買っても子機が対応してないと遅いです。


一目で分かる【Wi-fi 規格表】

規格 11ac
(IEEE802.11ac)
11n
(IEEE802.11n)
11g
(IEEE802.11g)
11a
(IEEE802.11a)
11b
(IEEE802.11b)
最大伝送速度 最大6930Mbps 600Mbps 54Mbps 54Mbps 11Mbps/
22Mbps
周波数 5GHz 5GHz/2.4GHz 2.4GHz 5GHz 2.4GHz
ストリーム数 最大8ストリーム 最大4ストリーム 1ストリーム 1ストリーム 1ストリーム
対応機器 iPhone6以降
XperiaZ5
iPhone5s
PS4
iPhone3Gs
PS3
3DS
PSP
備考 2014年に認められた最新の規格。市販されている製品の中でも最速 2.4と5.0Ghzに対応。この規格から高速で安定した接続に。 11bの5倍の速さ。11bとの互換性あり。 5GHz帯による電波干渉が起きにくいのが長所 90年台末期に登場した規格

ストリーム数とは電波の送受信のための経路のこと。今までは1つの経路でデータを運んでいましたが 11n規格から最大4本の経路(アンテナ)で、より速く電波を送ることが可能になりました。11acでは8本の経路が使えるようになっているわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする