ターミネーター:ニュー・フェイトが失敗した5つの理由

本編のネタバレを含みますので必ず、鑑賞後に御覧ください

年表

ターミネーター(1984)制作費0.06億ドル 興行収入0.78億ドル
ターミネーター2(1991)制作費1億ドル 興行収入5億ドル
ターミネーター3(2003)制作費2億ドル 興行収入4億ドル
ターミネーター4(2009)制作費2億ドル 興行収入3.7億ドル
ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015)制作費1.5億ドル 興行収入4.4億ドル
ターミネーター:ニュー・フェイト(2019)制作費1.85億ドル 興行収入?

正式な続編  最悪の4点

metacritic

ターミネーターは1984年、ジェームズ・キャメロンがまだ無名監督だった頃に 600万ドルという低予算で作られたロボットSF作品でした。

ターミネーターが大ヒットしたおかげで、制作費をかけて 理想的なターミネーターを作ろうという事になって作られたのが ターミネーター2です。

この後 キャメロンがターミネーターの権利を譲渡し、後の続編はさまざまな製作会社により作られていきます

そして キャメロンにターミネーターの権利が返却され、2019年 製作総指揮をとって作られたのがニューフェイトです。2の正式な続編です。しかし レビューサイト メタクリティックのユーザーレビューでは4.0/10.0の低評価が付きました。

何がまずかったのか

海外レビューサイトで原因を探ってみると 大体5つに分類されます。

【要約】
①ジョン・コナーを殺した
②ターミネーター2までと矛盾する所がある。
③新キャラ ダニーラモスに魅力を感じない。
④ターミネーター1、2と同じ構造でマンネリ。
⑤新型ターミネーターがそれほど怖くない。

1.なぜジョン・コナーを殺した

この映画はT1とT2を軽視している。最初の5分間で突然ターミネーターが現れてジョン・コナーを撃ち殺す。これで、T1とT2のすべての努力が台無しになった。ニュー・フェイトはなにかの間違いのように思える。 ジョン・コナーが殺されるのを見て、映画館を出る観客もいた程だ。-metacritic

一番大きいのが、この理由。ティムミラー監督は これまでと違う作品にするために、ジョンを殺すことを決断したそうですが大失敗します。

ターミネーター2の大部分のファンはジョン・コナーが好きだった事が判明。広告もターミネーター2の正当な続編であると言っていたが為に J・キャメロンへの失望と怒りが巻き起こりました。

2.シリーズと矛盾している

信じられないことに今回のターミネーターはジョン・コナー殺害について反省し、森で隠居し、家族さえ作る。 T1のカイル・リースが出てきたターミネーターは同情や後悔なんかしなかった。 T1の設定はどこにいってしまったのか。-metacritic

T1のターミネーターT-800は人間抹殺用のアンドロイドなので、どんな命令であろうと必ず遂行するようにプログラムされているはずが、いつの間にか「人を殺すのはダメだよね」と判断する自立型ロボットに。

”プログラム書き換えをしない限り 人間と協力するという事はない”という設定もぶん投げてしまって 勝手に自己学習するというトンデモ設定になっている。

3.新キャラ ダニーに魅力を感じない

なぜ白人男性が主人公ではいけないんだろう。2019年以降は 男のヒーローがいてはいけないのか?なぜジョン・コナーを殺して メキシコ人女性を主役に据える必要があるのか。いっそ この作品をターミネートしたらどうだろうか。

ダニーラモスのアクションもひどくて 全く頼りがいが無い。 Amazon.com

ジョン・コナーを殺された腹いせというのもあるが、ダニーをジョンの代わりの新しい救世主として迎え入れようという声は少なかった。

そもそもT-800、リンダ、グレースのアクションシーンを多めにとっているので、ダニーの活躍シーンは削られがちという可哀相な面もあるが、ダニーが活躍したとしても、つながりの薄い主人公を突然据えられて 「はいそうですか」と納得できる人のほうが少ないようだ。

4.同じプロットで退屈/マンネリ

最初の映画以来、同じプロットで何も変わっていないので退屈。

1.救世主が現れる
2.救世主を殺しに未来から殺し屋ロボットが送られる
3.救世主を守るロボットが送られる
4.戦ってどちらのロボットも破壊される。

今回 ジョン・コナーが死んで、スカイネットに代わる新しいロボット産業が生まれている。それなら ジョンがダニーに交代したとしても、また新しいロボット産業が生まれてしまうので 結局は無意味なんじゃないかと思う。

なんだかファンの失望が伝わってくる感想ですが、これに関しては 弁解の余地がないです。

5.新型ターミネーターに強さを感じない

これも結構多い意見でした。まず新型ターミネーターREV9が、外骨格と ガワの2種類いて どちらとも勝手に動くので どういうロボットなのかが そもそも良くわからない。 強いのかな?と思ったら….

-やられまくりのREV9-

 今回のターミネーターは相手が多すぎます。ターミネーター2では T800とサラさえ潰せばよかったですが、今回はサラ・T800・グレース・ダニ と相手が4人もいるので かなり撃退されます。 REV9が劣勢に見えたのもしょうがない気がします。

ジョン・コナーを殺したら 終わりな件

2の正式な続編ニューフェイトでしたが、結果は惨敗です。

シュワルツェネッガーや63歳のリンダ・ハミルトンのタッグ復活、アクションシーンはおおむね好意的でしたが、不人気を決定づけたのは ジョン・コナーの排除で、ファンが付いている人気キャラを殺したことでファンも同時に切り落とすことになりました。

読み違えたティム・ミラー、J・キャメロンも評価を大きく下げた格好になります。今回のニューフェイトで終わりかもしれません。ファンが落胆し、かなり離れた感は否めません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする