Amlogic S905 と S912 のベンチマークにはどれくらいの違いがあるのか

Amlogic S905 Amlogic S912 
CPU:ARM Cortex-A53 
4コア2.0GHz

GPU:Mali-450@600MHz+

CPU:ARM Cortex A53
4コア1.536 GHz +4コア 1.0 GHz

GPU:Mali-T820MP3 750MHz

S905とS912の性能の差を比べてる方がいらっしゃるのでご紹介。MINIX NEO U1(S905)と M12N MXQ Plus(S912)を使ってS905とS912を比較されています。

テストに使っているベンチマークソフトは総合的な性能をはかるアプリAntutu と ブラウザ性能を評価するVellamo 3D性能をはかる3DMarkです。

こんな感じで比較されています。

<結論>
S912のGPU Mali-T820MP3はMali-450(S905)に比べて、3D処理性能はやや良くなっています。しかしそれ以外の処理性能に劇的な差はないです。

<S912の優位な点>

ただS912の優れている点は Android 6.0のファームウェアがデフォルト設定なので、4K、VP9のハードウェアデコードやHDR(ハイダイナミックレンジ)をサポートしている所です。

もしそれを重視しないのであれば、S905の方でいいです。つまり、4K動画を多く見たり、3Dゲームをそんなにしない場合ですね。

S905の方が上回っているところもあるので、用途によってはS905のモデルでもよさげです。S905でゲームをする場合は1GBのモデルではなく2GB以上あったほうが良いと思います。


アンドロイドTVボックスの
比較表はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする