ウォーキングや通勤時に役立つポケットラジオ比較表

黙々とウォーキングするのもいいけれど、ラジオがあれば、いつもより快適に歩けそう。
今回はウォーキングや通勤時のお供に役立つ、軽量60g~120g以下のラジオを集めてみました。

phote:pixabay

FMワイド/ワンセグTV音声に対応する製品もあるので、
お気に入りの一台を探すのに役立てていただけたら幸いです。

ポケットラジオ比較表

画像 型番 評価 受信バンド 受信周波数 スピーカー

デジタル
チューニング
 

重量 電池持続 備考欄 レビュー
 

YAZAWA

RD12BK

4.4 FM/AM/ワイドFM FM 76~108MHz
AM 522~1620kHz
59 g FM
42時間
・小型でポケットに入る大きさ

・DSP採用で安定受信

レビュー
 

SONY

SRF-M98/S

4 FMステレオ/AM/ワイドFM FM 76MHz ~108MHz
AM 531kHz -1,710kHz
58.5g  FM
40時間
・デジタルで調整が簡単

・音が良いソニーのFMステレオ

レビュー
 

SONY

SRF-S86/L

4.3 FM/AM/ワイドFM FM 76MHz~108MHz
AM 530kHz~1,605kHz
61.2g FM
44時間
・ライターサイズ

・背面クリップ付

レビュー
 

SONY

SRF-R431/S

4.4 FM/AM/ワイドFM FM 76MHz~ 108MHz
AM 531kHz~1,710kHz
71g FM
29時間

・イヤホン巻取り式でコンパクト

・デジタル選局と液晶で調整が簡単

レビュー
 

パナソニック

RF-ND50TV-T

4 FM-AM/ワイドFM/ワンセグ FM:76~108MHz
522kHz~1629kHz
TV:13~62ch
64 g ・ワンセグ音声対応

・補聴器の機能も

レビュー
 

パナソニック 

RFNA17RA-S

4.2 FM/AM/ワイドFM FM 76~108MHz
AM 525~1629KHz
75g FM
41時間

・巻取りのイヤホンで通勤時に便利

・ジャスト名刺サイズ

レビュー
 

OHM AudioComm

RAD-F127N-W

3.9 FM/AM/ワイドFM FM:76~108MHz
AM 530kHz ~1,605kHz
66g FM
58時間

・FMアンテナ付属

・電池寿命が長い

レビュー
 

東芝

TY-TPR2

3.2 FM-AM/ワイドFM/ワンセグ FM:76~108MHz
AM:522~1,710kHz
TV:13~62ch
72 g FM
21時間

・TV音声が途切れにくい

・デジタルだけど電池が長持ち

レビュー
 

SONY 

ICF-R354M

4.1 FM/AM/ワイドFM FM:76MHz – 108MHz
AM:531kHz – 1,710kHz
73 g FM
72時間
・山にも対応した高感度AM設計

・ノイズカット機能でクリアな音

レビュー
 

アンドー

RP13-453DZ

3.8 FM/AM/ワイドFM FM:76~108MHz
AM:522~1,710kHz
85 g

・ラジオ放送や周囲の音を録音可能。

・単4☓3本。やや電池の消耗が速い

レビュー
 

東芝

TY-APR3

4.4 FM/AM/ワイドFM FM:76~108MHz
AM:522~1620kHz
63g FM
50時間

・低価格でノーマルな機能

・AMの同調ランプが便利。

レビュー
 

東芝

TY-TPR1

3.9 AM/FM/ワンセグTV FM:76~90MHz
AM:522~1,710kHz
TV:13~62ch
72g FM
25時間
 

・ワンセグアンテナを内蔵

・デジタル表示&ロングバッテリー

レビュー
 

AGPtEK

R08 ポータブル FMラジオ

4.2 FM/ワイドFM/MP3 FM:76-108 MHz 118g  -

・内蔵マイクで周囲の音が録音可能

・リチウムイオン電池 付属

レビュー
 

SHUSONS

AM FMラジオ

4.2 FM/AM/ワイドFM/MP3 FM:70-108 MHz
AM:不明
121g  -

・LEDライト搭載で夜の散歩も便利

・リチウムイオン電池付属

レビュー

ご年配の方に好評なTY-APR3

ご退職されて、なるべく安くてスタンダードなラジオを探されている場合はTY-APR3あたりがよろしいかと思います。

これは大体1,800円くらいと低価格ですが、ワイドFMにも対応していますし、東芝製でそれなりに高感度です。タバコ箱くらいの大きさでスピーカーもついています。イヤホンを使用するとFMが100時間も聞けるのでAmazonの星も4.4と人気の高い機種です。

毎日のチューニングが快適になるのはソニーのSRF-R431

ボタンを押すだけなので サッとお好きなチャンネルを探せる

◯瞬時に放送局を切り替え可能

普通のアナログ式ラジオですと、放送局を合わせる時にダイヤルを回さないといけないのですが、R431なら聴取エリアを設定するだけで、ラジオ局を自動で登録してくれます。あとは上についている7つのボタンを押すだけで、ラジオ局をサッと切り替える事ができます。

◯内蔵イヤホンで装着に時間がかからない
通常のラジオはイヤホンのコードをラジオ本体にくるくる巻き付けたりするので、聞く時も使う時も準備に少し時間がかかります。たまに聞くならいいのですが、通勤時に毎日聞く場合は
この繰り返し作業が面倒なので、内蔵型のほうが無駄時間の削減になって便利です。

内蔵イヤホンの線が切れたら使えないのではと不安でしたが、側面にイヤホンジャックが付属しているので、お手持ちのイヤホンを使うことも出来ます。

SRF-R431とSRF-R433の違い

SONY
SRF-R431
SONY
SRF-R433

・本体の性能は同じ
R431にはR433という似た機種があるのですが、本体のスペックは同じでした。充電スタンドとそのアダプターがついている所だけ違っています。充電スタンドは後で単品で購入されても合計の値段はほぼ変わらないので、後ほど購入されてもいいでしょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする