モニターヘッドホンと普通のステレオヘッドホン 5つの違い

ヘッドホンをAmazonで探したりすると、中にモニタリング用という謎のヘッドホンが出てきたりします。モニター用って何なのか、普通のヘッドホンではどこが違うのかを解説します。

モニター用ヘッドホンは音楽のレコーディングのときに使われるヘッドホンで、よく音楽のプロモーションビデオなんかで 歌手がスタジオでかぶって歌っているのを見たことがあるかもしれません。

あれは自分の声がどんな音で録音されているのかを確認するために使われます。歌手だけでなくて音を決める音響監督や、DTM作曲、動画編集の現場でも使われます。

モニター用は原音を忠実に再現する目的で開発されたマシンです。これが一般的な模範解答だと思います。

モニター用と一般のヘッドホンの周波数を比べてみる

ここで2つのヘッドホンが出している周波数を見てみましょう。

モニター用は 低音から高音まで均等に出すことが求められます。下のグラフはヘッドホンの周波数を表しています。

http://graphs.headphone.com/

横に周波数(10Hzから30kHz)
タテに出力レベルをとっています
これを見るだけでどの周波数が強調されているかが分かりやすいです

まんべんなく鳴るモニター用

青がモニター用、赤は普通のヘッドホンです。

青線のモニター用は 30ヘルツまではあんまり出ていませんが、あとは基本的に真ん中の線に沿っているので、低音から高音まで標準的に鳴る製品なんだなーということが分かります。

一方の赤は低音が強調されています、高音は凹んでいるので、重低音を強化した製品といえます。

モニターヘッドホン5つの違い

①再生周波数が広い
モニター用は原音の再生が目的なので、一般の製品に比べて、再生可能な周波数領域が広めです。市販のヘッドホンは20~20,000Hzですが、スタジオでよく使用されているソニーMDR-CD900STは5~30000Hz、上は私のAKG K240Sで15-25,000Hzとなっています。

②ロングラン製品が多く、耐久性が高い
モニター用ヘッドホンはなかなかバージョンアップをしません。K240Sは30年以上同じ仕様です。録音スタッフが「あれ?前と音が違うぞ」となったら大変ですので、製品の仕様は変えずにずっと同じ形で販売される傾向にあります。

傷んだら部品の交換をすれば再使用ができるのも一つの特徴です。

またスタジオで多人数に繰り返し使われることが前提なので、コードやイヤーパッド、ヘッドバンド等の耐久性が高いのものが使われています

③実は安い
モニター用は一般用に比べて広告宣伝費をかけていません。さらにロングセラーモデルは研究開発費を回収し終わっているものもあるので、実は安価だったりします。海外製のものは円高になると安く買えるので、1ドル90円台になったら激安価格で買えます。


④聞き疲れする

モニター用は別名あら探しヘッドホンです。ノイズを発見して除去したり、サンプリングでミスっている箇所を発見することもあります。

良くも悪くも聞こえすぎる製品です。そのため、音楽を聞いていると、「今微妙に音外したな」とか「なんか小さくカサッてきこえなかった?」という細かい音が気になって止まらなくなったりするので、聞き疲れすることもあります

⑤高級な製品はインピーダンスがやたら高いものがある

モニターヘッドホンの中にはインピーダンス(電気抵抗)が高いものがあります。普通のヘッドホンは高くても32Ω程度で、普通のイヤホンジャックにさすだけでで聞けますが、ドイツの音響メーカーベイヤーダイナミック社が作るモニター用ヘッドホンは650Ωもするものがあります。これは普通にさしても聞こえません。

インピーダンスを高くするとノイズを抑えることができるのですが、抵抗が大きいと音量が小さくて聞こえなかったりします。その場合はポータブルアンプが必要になりします。


モニターヘッドホンはグループの声の聞き分けが魅力

【Amazon.co.jp限定】欅共和国2017 (初回限定盤) (Amazon.co.jp絵柄ミニクリアファイル付) [Blu-ray]欅共和国2017

モニターヘッドホンで実際聞いてみると、音の解像度が高いので、グループユニットのボーカルの声が聞き分けやすくなるというメリットがあります。試しにSMAPを聞いてみたのですが、5人の声の聞き分けがやりやすくなって超絶に面白いです。

SMAPは音を重ねて誤魔化してないのがすごいです。完全に5人の個性に依存していて、「あっここは キムタクが強めに歌うんだな」とか「ここは3人で歌うんだな」とか、細かい譲り合いや演出が分かったりします、これがモニターヘッドホンの魅力です。

さすがに46人もあつまると聞き分けは難しいですが、嵐とかももクロなら誰がどんな感じで歌っているのかまで クッキリ判別できてオススメです。


開放型と密閉型の違いについて教えて

開放(オープンエア)型:イヤーカップの外側が開いているので音が漏れる代わりに、スピーカーで聞くような、自然な音を聞くことが出来ます。周波数帯域が広いものが多いです。室内で使用する時に使えますが、屋外では赤面するので無理です。

密閉(クローズドバック)型:イヤーカップが閉じているので周りの音を遮断し、音漏れもしにくいタイプです。頭の中で鳴っているような感じの音が出ます。開放型と比較すると低音が強化されます。音漏れしにくいので屋外でも使いやすいです。

スタジオで使われている定番モニターヘッドホン

FOSTEX ヘッドホン T50RPmk3g

Fostex T50RP 

モニターヘッドホンも種類がありすぎて、録音する時にどれを選んでいいのか分からなかったりすると思います。そんな時はすでに評価が固まっている製品が良いかもしれません。

以下はいわゆる鉄板の製品で、どれを選んでも失敗はありません。ユーザーレビューの評価もどれも星4つ以上です。

確実なのはスマホにハイレゾ音源を入れて、大型の電気屋さんに行かれて、視聴されるのがベストだと思いますが、なかなか揃ってないのがほとんどですので、レビューを参考に導入されると良いかなと思います。

Sony MDR-CD900ST (\16,800)…業界で使われているロングラン製品 
AKG K240studio (\9,000)….30年以上続くAKGの定番モニターヘッドホン:オープンエア型
Shure  SRH440 (\9,078) …発売から10年目、作りは標準的でコスパが高いモデル
Sennheiser HD558 (\17,650)….Advanced Duofol振動板で自然な表現力
Fostex T50RPmk3g (\17,000)….独自開発の全面駆動の振動板が魅力(公式サイト


【関連記事】

・3000~10000前後の高品質モニターヘッドホン6選
・モニター用ヘッドホンで音楽を楽しむことはできるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする