Fallout 4: Game of the Year Editionは通常版と比較して何が違うのか

いよいよ10月23日にFALLOUT 76の発売で、STEAMでもFALLOUT4のセールがやってたりします、ゲームオブザイヤー版と 通常版で何が違うのかよく分からんので調べてみました。

私はうっかりスチームで1650円の通常版を買ってしまったけど、普通にGOTYにしとけばよかったと後悔。GOTYじゃないと村作りのパーツが 無課金プレイヤーなみのボロいパーツしかないからです。

このゲーム 攻殻機動隊で有名だった押井守監督もFO4にハマってたりするそうだ。犬に萌えたのかもしれない。

通常版と何が違うのか

Fallout 4(新価格版) 【CEROレーティング「Z」】 - PS4Fallout 4: Game of the Year Edition 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

Fallout 4(新価格版) PS4

Fallout 4:Steam

Fallout 4: Game of the Year Edition版

Steam


ゲームオブザイヤー版は通常版に加えて

全てのダウンロードコンテンツ(DLC)6種類が付いてきます。
『Automatron』…ロボットの仲間を作れる
『WastelandWorkshop』…敵を捕獲できる
『Far Harbor』…DLC上 最大のエリアが登場
『Contraptions Workshop』…自軍の拠点を豪華にアップグレードできる
『Vault-Tec Workshop』…地下拠点が作れる
『Nuka-World』….新ストーリー、敵が登場する

FALL OUT4はどんなゲームか?

北斗の拳みたいな世界を ウロウロしながら敵を倒し 人類を救うアクションRPGです。

洋ゲーらしくマニュアルも何もないです。手探りであれこれやって、頑張って生き延びてというハードな設計。

核戦争が起こったあとの世紀末な世界。モンスターや盗賊があちこち巣食っているんで、悪党どもを倒して村に平和を取り戻し、人が住めるエリアを広げていきます。

あちこちにゴミのように捨ててある パワースーツに乗り込んで無双することも出来ます。いわゆる旧世代の遺物らしく、昔のものを掘り起こして 修理して活用する仕組みになってます。

何が面白いの?

村人をあつめて好きな町を作っていくのも良し、最強の武器をつくって敵を掃除するのもよし、ストーリーを進めるも良しでなんでもありなゲームです。マルチエンディングだし100時間くらい遊べます。そもそもストーリーがおまけみたいなもんです。

奪還した村も 最初はオンボロなので、電気や水道をつくったりと、ザ・シムズ的な要素もあったりします。適当に手をいれると無気力な村人がわらわら集まってくるので ストーリーよりも 村作りのほうが楽しいです。

平和を取り戻すために一緒に戦う仲間も登場  イエスウィーキャン。

武器づくりや村づくりにハマって 気がついたら5時間とか経ってたりします。いや恐ろしい。

核戦争後の この世界はあんましカワイイ子はいない。全員「リカちゃん人形か」というくらいに顔が濃い。

でも、なにげない街の景色がきれいだったりする。


PS4:FALL OUT4 GOTYを中古で買う時はここに注意

中古は、ダウンロード用のコードが使用されてたりします。

FO4のダウンロードコンテンツの部分はネット経由でダウンロードします。

データをダウンロードするにはコードが必要です。しかし中古で買うとそのコードがすでに使われている事が多いので、ダウンロードが出来ずに困ったことになります。

中古ショップなどで買う場合は事前にコードが使えるかどうかの確認が必要になるので その点だけ お気をつけ下さい


FALL OUT4単体はフリーダムな世界で楽しいので PS4やPCをお持ちの方は是非どうぞ。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする