タイガー製 わく子さんPCI/PCJ/PCHの違い

タイガー社のケトルの違いがよく分からなかったので 問い合わせも含めて比較してみました。

わく子の違いが分かる性能比較表

 PCI-G型PCJ -A型PCH -G型
 PCI-G100PCJ-A101PCH-G080
見た目
実勢価格3,5425,5905,995
評価4.4
115件
4.3
92件
4.5
399件
容量1000ml1000ml800ml
消費電力1300W1300W1300W
本体重さ970グラム930グラム850グラム
ふっ騰までの時間(満水)5分5分4分
蒸気レス機能なし
容器樹脂樹脂
フッ素加工
ステンレス
沸とうから
1時間後の温度
約79度約79度
約82度
転倒湯漏れ防止
本体2重構造
給湯ボタン
から炊き防止
沸とうで自動オフ


PCI… 蒸気レスでは無いけど お安い

タイガー 魔法瓶 電気 ケトル 1L ピンク わく子 PCI-G100-P Tiger

PCI-G100は基本性能を押さえたスタンダードなケトルです。他の製品と異なるのは 蒸気レス機能がない所です。

PCIを手にとって見ると PCHと同じような穴が空いています、何の穴だろうと思って問い合わせて聞いてみた所 これは蒸気レス機能の穴ではなく 沸騰した蒸気を送り込んで 自動でスイッチをオフにするための穴だそうです。

PCIの省蒸気機能というのは沸騰後に素早くスイッチを切ることで、余計な蒸気の発生を防ぐ機構の事で、つまり沸騰自動スイッチオフ機能です。

価格と性能のバランスが良い 標準ケトル
蒸気レス機能は無いものの、PCIは転倒お湯漏れ防止もついており沸騰も速いので 基本機能を押さえた 良モデルだと言えます。ダイニングやキッチンで使うのに向いています。

内部は2重構造になっており、さわっても火傷をしません。熱を逃がしにくいので沸かした後の保温性能も十分にあります。PCIシリーズは唯一1200mlの大容量モデルが準備されているので、多めのお湯を沸かされる場合はそちらが便利です。

PCHシリーズは 蒸気レス構造で静か。

タイガー 魔法瓶 電気 ケトル 800ml パールブラック 蒸気レス わく子 PCH-G080-KP Tiger

どこでも使える 蒸気レス機構

PCHシリーズ最上位モデルです。大きな特徴は2つあり、一つはステンレス容器を採用している所です。沸かす時の音も抑えられており、なおかつ耐久性においても一番頑丈なモデルです。

断熱構造なので触っても熱くないというのと、 万が一倒されても お湯漏れ防止機能がついているので、室内で動物を飼われている方に人気だったりします。

もう1つの強みは蒸気レス構造です。これはタイガー独自の技術で、蒸気をフタの内部で冷やし、外に出さない技術です。蒸気が出ないので、パソコンの近く等、置く場所を選ばないメリットがあります。

沸騰時間の短縮にも力を入れており、一番速くお湯が沸かせます。安全性・スピード・静音 全てを満たしたモデルです

中間に位置するPCJシリーズ

PCHの低コスト版
最後にPCJですが、これはPCHのヒットを受けて 2017年に登場したモデルです。

内容としては PCHに近く、蒸気レス構造を維持しつつも、ステンレス容器を廃止して樹脂製に変えています。

そのためPCHよりもやや軽く、本体のコスト削減も図っています。PCJは機能と安全性で目立った欠点はありません。真っ赤なカラーリングのPCJ-A101は人気です。

わく子の電気代は1回2.8円

電気ケトルは消費電力が大きいので電気代が心配になりますが、保温機能がないため、電気代は激安です。

実際に計算してみますと以下のようになりました。

消費電力は1300Wです。
満水時は5分間(0.083時間)電力を使いますので

1300☓0.083h=0.11kWhを消費します。
1回あたり おおよそ2.8円となります。

1日1回沸かしますと、1ヶ月あたりの電気代は84円です。

わく子の優位性を分析

ケトルに受け継がれた断熱の技術

タイガー社のケトルは 魔法瓶と電気ポットで培った断熱・保温技術が使われているので、すぐには真似の出来ないものです。何年も使えるコストパフォーマンスの高いモデルだといえます。特に赤文字は なかなか作れない技術です。

手入れもしやい広口の設計

広口の10cm設計なので、洗いやすく、お茶パックを捨てるのも楽です。

転倒お湯もれ防止機能

フタのパッキンが内部でお湯をガードするため、倒しても湯こぼれを防ぐ設計です。(ただし、振ったら少しもれます)

急な地震が起きたり、うっかり倒してしまった時のリスクを低減します。

本体二重構造

断熱材を挟んだ二重構造になっているので、さわってもヤケドしない構造になっています。

蒸気レス構造


(PCH、PCJのみ)

機械を守ってくれる蒸気レス蓋を採用
ふたの内部で蒸気を冷やして液化するので
蒸気を外に逃さない。

蒸気レスなのでパソコンや機械の周りで安心してコーヒーやお茶を飲む事が可能。

スピード沸騰

1300Wの電力で速い沸騰。
カップヌードル(264ml)に必要なお湯が最短90秒でわきます。
電気代は1回1.01円、
毎日1回食べても月額30円です

編集後記 安全性の高い タイガーと象印

店頭に足を運んでみて20製品ほどを比べて分かったのが、本体が熱くならない2重構造で作られている電気ケトルは少ないことでした。タイガー、象印、ドリテックの一部の製品だけが2重構造でした。

現在のティファールには転倒湯漏れ防止機能、蒸気レス機能がついている機種はありません。2重構造の製品はティファールKO2611JPくらいでした。

安全面ではタイガーや象印のCK-AW10の方が配慮されているといえます。

ティファールの強みは素早く湧かせる事と、流線型の美しいデザインです。たしかにおしゃれなキッチンで映えるのはティファールかもしれませんが、安全性の高さではタイガーや象印が何歩も先を行っていると感じました。


ご参考:
・タイガー魔法瓶(製品紹介ページ

・タイガー魔法瓶 最強の技術者に聞く「宇宙から試料を冷たいまま帰す
[最強の魔法瓶]開発の舞台裏」(外部ページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする