筒香選手はMLBでなぜ打てなくなったのかを考察する

ハマのゴジラこと筒香嘉智選手ですが、MLB タンパベイレイズでは極度の不振に陥っているので「なんで?」と思って調べてみました。

なぜ筒香選手は打てないのか。

結論を言うと2つです。
・筒香選手は変化球打ちはうまいけれど、MLBの投手はそれを知っていて投げてこない。 
・ストレートは2割も打てないので そればっかり投げられてる

MLB選手の統計サイト

直球の打率が1割6分5厘…

ファンの間で言われている 速球に弱い説は本当です。

①統計サイトを見てみると、筒香選手のストレート系の打率は わずか.165  つまり100回ストレートが飛んできたら16本しか打てません。ピッチャーからすれば良いカモです。

そしてMLBのピッチャーが筒香選手に投げてくるのは6割が速球です。ピッチャーが100球投げるとすると60球がストレート、打てるのは そのうち10本です。

②続いて変化球を見てみましょう。スライダー、カーブなどはブレーキングボールと呼ばれています。 筒香選手はブレーキングボール打ちが得意で 昨年の打率は.275。今年はスランプなのか現時点で .105です。

そしてMLBのピッチャーが筒香選手に投げてくるブレーキングボールは全体の25%。ピッチャーが100球投げるとすると25球くらいです。このうちヒットは2~7本

③最後にチェンジアップやフォークなどのオフスピードボールを見ましょう。この球種の打率は2割。 オフスピードボールを投げてくる確率はおよそ15%。100球のうち15球程度。ヒットは3本

まとめると 筒香選手はMLBのピッチャーと100球勝負をすると 凡打が80。ヒットは20本程度がやっと、今シーズンの予想打率は良くて2割です。なかなかに厳しい。

日本製パワーヒッターがなぜか誕生しない

ただ、日本人メジャーリーガーで5年以上活躍した野手は数えるほどしかいません。青木宣親、イチロー、福留孝介、松井稼頭央、松井秀喜。うちパワーヒッターで活躍したのは松井秀喜選手だけ。

MLBの場合は ストレートの平均球速が150キロ付近なので、ダルビッシュ、大谷、前田選手レベルのピッチャーが連日並んでいるようなものです。イチローが異次元なだけです。

つまりNPBに比べて筒香選手の成績が落ち込むのは普通です。MLBとNPBでの打率を比較すると 打率は4分程度下がります。それにしても成績が落ち込み過ぎなのは 速球に対応できていないからです。

では なぜ筒香選手は日本では活躍できたのか? はっきりした理由は分かりませんが 相手投手の影響が大きそうです。

日本の場合は150キロ以上を投げられるピッチャーは セパ両リーグで それぞれ50人程度しかいません。それも最高速度がそれで、実際はもっと落ちます。

実測は140キロ前半が ストレートの平均球速になります。ところがMLBの投手197人の4シームストレートの平均球速を計算すると93マイル。149.6キロです。

現実を言えば 筒香選手が得意なのは 130キロから 140キロ前半のストレートと変化球で、NPBではそれに当てはまる球を 投げてくる投手が多かったから結果を残せたと言えそうです。

少し悲しくなってきました。

MLBでは90~93マイルのストレートを筒香選手はミートできません。フライか凡打か三振を量産することになっています。

140キロを打つのと150キロを打つのとでは まるっきり違うものだと考えたほうが良さそうです。

筒香選手はMLBピッチャーに変化球を投げさせるためにも ストレートを攻略する必要がありますが、放出までには 間に合わないでしょう。

NPB復帰も悪くはありませんが、せっかくなので マイナーにしがみついてでも 速球に対応する方法を模索したほうが面白いような気がします。

追記 2021/5/13

【MLB】筒香嘉智、レイズから事実上の“戦力外” 他球団移籍やマイナー降格の可能性

 レイズは11日(日本時間12日)、筒香嘉智内野手をメジャー出場の前提となるロースター40人枠から外す手続きを取った。


不振が続いていたので 高確率でロースターから外れるだろうとは思いましたが、去就に注目です。3Aに残留したら 珍しいケースになるので期待して見ています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする