Amazon Echo dot (3世代VS4世代) 使われているスピーカーは同じ。大きな違いは形状だけ。

マイナーチェンジ

2020年10月下旬に登場した4世代目のエコードットですが、各種サイトが第4世代と第3世代の比較を行っています。

第4世代は 第3世代から それほど進化はしていません。価格が安いのであれば3世代目のほうが良いでしょう。組み込まれているスピーカーも同じです。

ただ 4世代目のエコードットのほうが アレクサの反応が早いので アレクサを頻繁に使うという場合で 価格も同じという場合は 4世代目の方がいいでしょう。

【新型】Echo Dot (エコードット) 第4世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコールEcho Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Amazon Echo Dot (4代目)

¥5,980

Amazon Echo Dot (3代目)

¥5,980
(プライムデーセール時 ¥1,980

前モデルからの大きな進歩はないものの、改良されたチップでAlexaコマンドが2倍速くなっています。スピーカーは前面に取り付けられているので 背面には音が飛びにくいのがメリット。

2世代目に比べて重低音が強化されたモデル。壁掛けができるのがメリット。今後もスマートホーム向けのサイドウォークブリッジプログラムやGuard Plusのセキュリティ機能などアップデートを行う予定。

長所
球型デザイン
改良されたプロセッサ
低電力モード
前面配置スピーカー

長所
場所を取らない
セール時に低価格
壁掛け可能

欠点

壁掛け不能
スピーカーの性能は3世代目と同じ

欠点
音が部屋全体に広がる
アレクサの対応はワンテンポ遅れる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする