パソコンで実況配信する時に、安くて使えるマイク 【2000~5000円】

配信するのに必要なのは高いマイクではなく 使いやすいマイク。

youtube配信に そこまで高いマイクは必要ない
配信を始める前は「どんなマイクで配信すれば良いんだろう」「高いの買っとけばいい?」と悩んだりします。そして大手配信者が使っているマイクをしらべたり、「マイク オススメ」とかで検索したりします。(私です。)

しかし、全然 参考にならなかったりします。

だって大手が勧めてくるのはバカ高い RODE社のNT2-Aとかです。でも実際に配信してみると、普通のトークに 高性能なのは必要なかったりします。

音源はYoutube側で圧縮される

もちろん高価なマイクを否定するつもりはないです。

ただ現在のYoutubeのビットレートは128kbpsだからです、圧縮がかかります。CDの10分の1くらいの音質にされてしまいます。

ですので過剰に高音質にしてもあまり意味はないです。(CDをmp3にする感じです)

それにマイクに39,800円なんて初心者には なかなか手が出せなかったりします。

そこまで頑張ってマイクをそろえなくても、リスナーさんにはっきり聞こえればいい場合は以下のマイクで十分使えています。

実際に使ってみて 良かったマイクだけ紹介

意外に みんな格安でやってる。
配信をしている知人に直接聞いてみたら 実は格安マイクとかヘッドセットで配信してたりします。

しかし無名の製品だと「こんなの使ってるよ」と言うのがちょっと恥ずかしいというのもあって、聞かないと言いにくいんだと思います。

プロ仕様のマイクじゃなくても大丈夫?→まったくもってダイジョーブ!
実際 159万フォロワーの キヨ。さんは2000円程度のオーテクのマイクで配信していたりします。「このマイクでいいじゃん!」と思ったのですが、現在販売していませんでした。

配信用マイクの条件

配信初心者に必要なマイクというのは、
・安くてノイズが無い
・自分の声が変な風に変換されずに 配信できる
・リスナーさんが快適に聞こえる(これが重要)
・接続が簡単で使いやすい

そんなマイクなんじゃないだろうかと思ったので 今回はそんな製品を実際に買って試してみました。ご参考になれば幸いです。

別にこれじゃなくてもいいですが、私が使っているのは以下のような製品です。

 

FIFINE K670 コンパクトで机の上に置ける

私が好きなのはFIFINE K670です。5000円なのに15000円のマイク(Blue Microphones Yeti)と比較される程の実力です。

FIFINE K670

【特徴】
○USBをパソコンやPS4にさすだけで使える。 
○机の上に置けるコンパクトさ、スタンドまでついてくる
○15000円のマイクに匹敵する音の良さ

このマイクは コンデンサーマイクの受信部が大きいので、ゲームをしながら ぼそっとつぶやくような声でも拾います。ゲームしながら無理に声を張らなくていいので、リラックスして配信ができます。

動画の収録をするときは学校や仕事から帰ってきて、夜に収録という感じになるかと思います。これだと大声で喋らなくていいので便利です。

実際の音声はこんな感じです。ノイズカットなしの無調整でこのレベルです。

bluetoothイヤホンの付属マイクはこんな感じで、音声認識はできますが、ちょっと荒い感じはあります。

K670はボリューム調整が前に付いているのがポイントで、収録の時の微妙な音量調節を手軽にできるのがいいなと思います。

USB接続なので 必要なのはPCとこのマイクだけでした。サウンドミキサーもいらないので余計な費用もかかりません。

K670のデメリットはLEDライト
デメリットは電源オンの時にマイクの所が ブルーLEDで光りっぱなしな所です。これはオーディオテクニカのAT2020USBと同じ仕様ですが、たまに気になります。ホコリよけも兼ねてミニハンカチをかぶせて使っています。

電源スイッチがついていないので、スイッチ付きのUSBハブにつないで使っています。

マランツのUSBマイクMPM1000Uも似たような性能ですが、マランツは自立スタンドが付属していないので注意が必要です。

しかし5000円以下でここまで充実しているのは他にない
K670は自立するスタンドがついてくるのでPCにつないですぐ使える所がいいかなと思います。ドライバのインストールなどもいりませんでした。

5000円とは思えない性能/品質なので、机の上に置くマイクを探されている場合はかなりいい製品です。ゲーム実況/youtube配信なら文句なしの性能です。

 
 
 

ピンマイクなら BOYA-BY-M1

口元に近いピンマイクなら 静かな夜も収録できる

とにかくコストを抑えたい、でも ちゃんとした品質のマイクが欲しいという場合はこのピンマイクが使えます。

受信部が口に近いので、小声でも収録でき、夜間の録音に力を発揮する所がナイスです。私が気に入っているのはBOYA-M1です。ノイズを強力にカットするので、クリアな音声で配信ができます。

スマホや一眼レフカメラにつないで使用することも出来ます。これも接続は簡単で、PCのマイク端子に挿すだけです。

【実際の音声】

windows10付属のサウンドレコーダーで録音しています。


【配信には十分な音質】
実際使ってみますと ケーブルが6メートルもあったので、最初に見た時はかなり長い感じがしますが、室内で使う分には問題ないです。

強いてデメリットをあげますと、襟の所にマイクをつけるので K670に比べると付け替える手間がかかる所です。(配信途中でトイレに行きたくなった時に 外さないといけないので 生放送は気を使ったりします)

【マイク着脱時の音】

しかし問題点はそれくらいなので、十分に配信できます。この製品はマイクの部分に電気を溜めるためにボタン電池(LR44)が必要です。

スマホにつなぐ場合は電池は必要ないのですが、PCやPS4で配信する時はオンにしないといけません。

最初は電池式で交換が面倒かなと思ったのですが、このボタン電池は700時間 もつので 滅多に切れません。しかも10個入り300円くらいです。

あまりにも性能がいいので boya社を調べてみたら、実は映像機器/スマホ向けのコンデンサーマイクを専門に作っている新興メーカーでした。

独自開発の製品を作る技術がある会社で、放送にもってこいの製品です。

公式サイト

Youtubeは漫才みたいなものなので、最初は勇気と根気がいりますが、放送を続けているとあなたの動画に共感して 面白いと思ってくれる人が大勢現れるので面白いです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする