故障しにくいHDDを調べてみました 【2018年版】

簡単に死なないHDD(ハードディスク)を求めて

Western Digital HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red NAS用 WD30EFRX 5400rpm 3年保証

HDDが突然死んでしまうと 長年 溜めてきた動画やゲームやファイルが一瞬で消えて ハニワ顔になり ショックを受け やる気が90%オフになったりします。(私です)

かといってそんなに重要ファイルでもないし ひんぱんにバックアップとるのもめんどい。

だから壊れにくいHDDが欲しい! せめて どれがいいHDDなのか知っておきたい!

そんなわけで今回は壊れにくい最新HDDを調べてみました。

HDDの故障率を公表しているBackblaze社

巨大クラウドストレージサービスを提供しているBackblaze社は、2018年4月~7月にかけて自社で運用していたハードディスク(HDD)の故障率を発表しています。

Hard Drive Stats for Q2 2018
https://www.backblaze.com/blog/hard-drive-stats-for-q2-2018/

Backblaze社は2013年から巨大データセンターを開設しており 現在100,254台のHDDを使用しているそうです。

データセンターで運用中のHDDの寿命を確認できるので、どのくらい故障するのかの参考になります。容量は4~12テラバイトで全て3.5インチドライブです。

故障率が少ない順に並べてみると以下のようになりました。

2018年第2四半期 HDD故障率一覧表
(運用期間2018/4/1~6/30)

 型番容量運用台数運用日数ドライブ不具合数1年間の故障率
SeagateST10000NM008610TB122011102000
ToshibaMD04ABA400V4TB1461328600
ToshibaMD04ABA500V5TB45409500
WDCWD30EFRX3TB1801638000
WDCWD40EFRX4TB46417300
HGSTHMS5C4040BLE6404TB150511384015100.26
HGSTHMS5C4040ALE6404TB477344170750.41
SeagateST8000NM00558TB143931309622240.67
SeagateST6000DX0006TB183216845040.87
SeagateST8000DM0028TB9886899939251.01
HGSTHUH728080ALE6008TB10449505631.15
SeagateST12000NM000712TB215801816181571.15
SeagateST4000DM0004TB2747626452541341.85
WDCWD60EFRX6TB4343972232.76
HGSTHMS5C4040ALE6304TB78779114.68
  合計9818489566912661.08

サンプル数が少ないものや運用日数が少ないものは故障率がゼロだったり、逆に高かったりと極端ですが、運用日数が長く 故障率が平均の1.08%より低い製品は 不具合が起きにくく、バリバリ使っても壊れていない相当にいい製品と見て良さそうです。

Backblaze社の見解

”第2四半期の年率故障率はわずか1.08%で、1.20%であった第一四半期よりも低いものとなっている。ただドライブ数が少ないモデルやドライブ日数が少ないモデルでは、四半期ごとの障害発生率が変動する可能性がある。

8~12TBの大容量HDDの平均故障率は年率1.02%である。これらのHDDの多くは昨年導入されたもので、今後 変動するかもしれないが、恐らく2~3年後は故障率はわずかに下がるだろうとみている”

とのことです。評判の良いHGST社の製品だけでなく Seagateの8TB 10TB HDDもかなり故障率が低くて驚きです。

故障しにくいHDD

4TBはHGST社のHDDが優秀

HGST Deskstar NAS 4TB パッケージ版 3.5インチ 7,200rpm 128MB SATA 6Gb/s 【3年保証】HDD 0S04005

価格コムや内蔵型HDDランキングで1番人気がある容量が4TBタイプです。対費用効果コスパがいいってやつです。

HGST社の 長ったらしいHMS5C4040BLE640というのは型番で、パッケージの名称は0S03361になります。

そしてこの 0S03361ですが、中身のHDDは
HMS5C4040ALE640(2013年12月~) 
HMS5C4040BLE640(2014年3月~)と時期で仕様が分かれています。
新しいほうが故障率も低くなっています。

そして2017年2月に後継機種の0S04005が発売されています。

HGSTのDeskstar NASシリーズは NASで使えるように設計されている頑丈なHDDです。NASとはHDDをネットと接続して、いろんなパソコンからアクセスできるHDDです。

もちろんパソコン用HDDとしても使えます。データセンターで使うくらいなのでひっきりなしにアクセスしてもぶっ壊れない程の耐久性があります。そんな新製品 0S04005の平均故障間隔は100万時間とあります。単純計算で114年使える事になります。

他の特徴としては
・24時間駆動を想定
・振動補正対応。
・3年保証

と安心して長く使いたい方向けのHDDになっています。割と安価なのにかなりの高信頼なので選択肢に入れても良さそうです。

8TBモデルはSeageteのHDD

Seagate シーゲイト 内蔵ハードディスク Enterprise Capacity 3.5 HDD 8TB ( 3.5 インチ / SATA 6Gb/s / 7200rpm / 256MB / 5年保証 ) 正規輸入品 ST8000NM0055

8TBでは Seagete社の ST8000NM0055がHGST社の製品を抑えてトップに立っています。

凄いなと思ったら この製品は高耐久仕様のハイエンドモデルで24時間365日稼動を想定した「Enterprise Capacity」シリーズの製品です。消費電力動作時10W以下、アイドル時9Wと低消費電力なモデルになっています。

ノーマルのSeagete製8TBHDD(Barracuda)より6000円ほど高価ですが、信頼性を取るなら5年保証もある こちらのほうが良いかなという気がします。


あとがき
HGSTは壊れにくさで元々人気がありましたが、近年のSeagete製は品質が著しく向上していて、昔のイメージは完全に払拭された感があります。

私が現在使用しているSeagate製SSHDも5年保証だし 読み込みは速いしでかなり優れた製品です。

容量の増加もめだっており、10TBでもすごいなと思ってたら、東芝が壁を突き破り14TBのHDDを発表しています。HDDも開発競争の頑張りが凄まじいので今後の展開が楽しみでなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする