感想:現代ロシアの軍事戦略「はじめてでも安心なロシア対策」

現代ロシアの軍事戦略 (ちくま新書)

元KGB中佐プーチンが何考えてるのか分からないと 無用に怖いだけなので、識者の本を読もうねという事で読んでみました。小泉 悠さんはTwitterとかYoutubeでも活動されているので、そっちも勉強になります。

最近のロシア連邦。

ロシアはアメリカとNATOに包囲されている状況なので、ロシア的には 周りの中立状態の国に ちょっかいを出して「おめー、西側についたらぶっ飛ばすかんな!」とか「石油安くするから NATO側に行かないでね」と交渉しておかないと 自国の領土を維持できないわけですね。

基本的にソビエトから独立した国というのは ヨーロッパと仲良くしたいわけです。

その中の1つウクライナがあります。大半のウクライナ市民は貧乏国家なので さっさとロシアから離れてヨーロッパの仲間入りをして貧乏から脱却したいと思っている。

ウクライナ市民はEUと仲良くしたいけど、それはロシアが許さない。ウクライナの政治家がEU派だったら邪魔をして、親ロシア派ヤヌコビッチみたいなのが 伸び伸び活動できるようにするわけです。

ロシアからしてみれば ウクライナはロシアの子分 もしくは中立国家でいてもらわなくては困る。だって、そうしないとNATO軍が目の前に来てしまうからね!

日本でいうと 対馬が独立して「対馬は中国の一部になります」とか言われたらすげー困るし。

だから ウクライナの政治家を脅しつけてでも NATO入りを阻止しないといけない。

ウクライナだけではなく グルジア モルドバ ベラルーシ アルメニア アゼバイジャンも同様。NATOにすり寄ったら 阻止するというのがロシアの方針。


ウクライナでロシアがやったこと。
デマ情報を拡散→サイバー犯罪→軍を送り込んで占拠

1章では 2014年のウクライナ危機でロシアがどんな風に動いたかが詳しく語られている。

第二次世界大戦と違って、国家が表立って ウラー!と軍隊を送り込むというのは なくなっている。

詳しくは本書に譲りますが、ロシアがクリミア半島を占拠する時には、相手の無線通信を妨害する電波を送って 連絡手段を遮断。ロシア製の電気機器にはバックドアが仕込まれていて、それもダウン。GPSには偽の位置情報を送るなどの電子妨害が行われている。

手際が良すぎます。

2016年のアメリカ大統領選の一件以来、ロシアはサイバー攻撃技術が進んでいるという印象があったけれど、電子情報戦は戦争の一種であって、それだけをやっている訳ではないんですね。

サイバー攻撃は添え物であって、それで相手国を占領する事はできない。やっぱり最後は軍隊を送り込んで制圧するというのは変わってない。

気がついたら占拠されていたというパターン。

ウクライナの事を踏まえて、 領土獲得のためにロシア軍(ないし謎のテロ組織)が 日本の基地に攻めて来て戦闘状態になったとすると、

まずは 広域の電波妨害でテレビ、ラジオもザーザー言うだけで、スマホも動かない状態になる。付近の市民には何が起こっているのかわからないあいだに、 自衛隊の基地が占拠されていて、隊員の人たちが人質に取られている。ロシア軍なら それくらいできそうな感じします。

ロシアの最大の敵はアメリカとNATO
結局ロシアはアメリカの仕掛ける包囲戦争に対抗しているわけです。ソビエト連邦からは 多くの国が独立を果たした。

それは西側諸国と アメリカの援助がないと成り立たないものだったし、そういった意味で、欧・米は情報を用いて 内部からソビエトを切り崩す事に成功した。その流れも変わってはいない。
 

アメリカはロシアを直接叩けない。
アメリカ軍は質・量ともに世界最強なんだけれども、戦術核を持っているロシアと直接 対決はしない。だって核戦争になったら 生き物は蒸発して世界は終わってしまいますからね。

とはいえ アメリカにしてみれば、ロシアは脅威にならない範囲まで封じ込めておく必要はある。 貧乏にしておけば 兵器の開発もできないし、人口も増やせない。兵士も増えない。優位に立てる。 (あれ?これどこの国への攻撃の話だっけ)

ロシア国内の反体制派の支援、ロシア通貨の下落、ロシアに対するマイナスイメージを付与して同盟国を減らす。ロシアの子分 例えば シリアみたいな国の体制を崩壊に導いて 親米体制に導く。 外堀を埋める活動を続けるしか無い。

本書は ロシアの経済状態から、技術力と兵力でNATOや北米に追いつく可能性は低いとしている。

目玉は4章。劣勢に追い込まれているロシアはどのようにアメリカに対抗していくのかについて 軍事演習の内容から読み解いている。

読んでて思ったけど ロシアのモノづくり技術は高いのでもったいないなと。

金がないのにハードでもソフトでも強いから相当に勤勉なんだろう。まぁ 実は技術をパクってる所もあるかも知れんけども、それでもリバースエンジニアリングして量産化できるってことは基礎技術があってこそなので。

実は連邦軍が邪魔なだけで、メドベージェフのような 比較的穏健派のリーダーが来たら すぐにモノづくり大国になるんじゃないかと思ってしまいます。

ロシア政府の行動を理解したい方はどうぞ。スパシーバー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする