Seagate BarracudaとWDのブルーはどちらが良いのか問題

SeagateのBarracudaWDのブルーはどっちが壊れないのかというのは、全世界で共通の悩みです。スペックはほぼ同じなのは分かっているのですが、どっちを買うとお得なのかはなかなか難しい問題だったりします。

今回は 注意点だけをピックアップしてみました

互角な2機種 4TBを比較

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004【国内代理店品】WD 内蔵HDD Blue 3.5" 4TB SATA(6Gb/s) 64MB 5,400rpm 2年保証 WD40EZRZ-RT2

Seagate BarraCuda 3.5″ 4TB

ST4000DM004

WD 内蔵HDD Blue 3.5″ 4TB 

WD40EZRZ-RT2

¥7,573¥7,854
SMR方式
非公開(CMR方式
2枚プラッタ(2TB/枚)3枚プラッタ(1.33TB/枚)
SATA 6GB/s SATA 6GB/s 
4TB4TB
490g635g
256MBキャッシュ64MBキャッシュ
5400回転/分5400回転/分
2年保証2年保証

○大量に動画データを保存できる
○スピードもそれなり
☓同じ部分を何回も書き換えする場合に弱いのでOS保存には向かない

○大量に動画データを保存できる
○スピードもそれなり
○ OSも保存できる

実際に購入したバラクーダ4TB

バラクーダはストレージ用としては優秀ですが、OS起動用には向きません

個人で購入して別ページでレビューしています。 ご存知のようにバラクーダは円盤上のトラックにデータを重ねて書いていくSMR方式ですので、同じ箇所を頻繁に何度も書き換える事を苦手としています。専門誌にも書かれていますが、OS保存して起動ドライブとして使う場合のには向きません。

ただ動画や写真などのデータを大量に保存するのは得意です。寿命もスピードも申し分ありません。

WD青はCMR方式なのでOS起動用としても使える

WD青は従来と同じ書き込み方式なのでOS起動用としても使えます。ただし価格はバラクーダより高く設定される事が多いです。

まとめますと Windows OSを保存されたい場合はWD青、保存されない場合はseagateを個人的にオススメしています。

Barracudaの寿命はデータがあります

HDDには 故障率の目安になるAFR(年間故障率)という指標があるのですが、BarracudaもWD青もデータは開示していないので、比べようがありません。

ただメーカーは開示していなくても、HDDを大量に使っている巨大データセンターのbackblaze社がデータを公開しているので それを元に考えていきたいと思います。

 201620172018
MFGModel容量台数AFR台数AFR台数AFR
SeagateST4000DM0004TB347372.77%319343.17%232342.13%
SeagateST8000DM0028TB86601.63%98860.96%98740.94%
WDCWD40EFRX4TB462.17%452.21%  
WDCWD60EFRX6TB4465.49%4362.06%3832.15%

backblaze社のデータ

Seagateは 一般用HDDの4テラバイト(ST4000DM000)が使われています。現在はDM004という新モデルになっていますが性能自体に差はありません。

DM000のAFRが2.77%というのは、365日24時間回して 故障するHDDの割合が2.77%という数値です。かなり低い故障率です。

一方のWD ブルーの場合はデータが無いので分かりません。使われているのはブルーではなく1ランク上のレッドです。高耐久の WD40EFRX、WD60EFRXというNAS向けのモデルが使われています。

WDのブルーは 元々はグリーンの名称で販売されていました。容量は異なりますが 同じスペックのHDDです。動画保存用として使用したグリーンは22000時間の通電が可能でした。

今回のブルーにおいても 大きな不具合報告はあがっていないので寿命は悪くないようです。

SeagateのバラクーダもAFR2~3%の範囲に収まっているので なかなか良いと思っています。

寿命は大差がないようですので、ブルーかBarracudaのどちらかといわれると 運用の目的によりますというのが私の結論です。

SeagateのHDDが品質が悪かったのは5年前の話

2014年くらいはSeagateの1.5~4TBのHDDの質が悪くて故障ばっかりしていたので(AFRが12%付近)、Seagateは その時に大分 評判を下げたという過去があります。

まとめサイトも 壊れやすいHDDみたいに吹聴して、SeagateよりWDのような印象を付けてしまったんですね。

ですが、それは5年以上も前の話で、近年のデータを見て分かるように もはや低エラーでWDと大差はないというが現状です。

産業構造を見ても明らかですがSeagate Technologyは ほぼHDD一本に絞りこんで研究開発をしているので SeagateがHDDの技術力を一気に伸ばしたのはそんな所にも理由があります。


外部リンク:スーパーコンピューターにも使われるSeagateハードディスク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする