ドラマ「スニーキー・ピート」のあらすじ【華麗になりすまし】

表情筋がスゴくて この顔をやろうとしても真似できない

「ブレイキング・バッド」のあの人も出演「スニーキー・ピート」はアマゾンプライムビデオで配信中のアメリカのクライムドラマ。

製作は『Dr.HOUSE』のクリエイター 鬼才デビッド・ショアと「ブレイキング・バッド」で主人公を演じたブライアン・クランストン。

主役級がごろごろ!?なキャスト

主演はエミー賞にノミネートされてるジョヴァンニ・リビシ、TEDシリーズでTEDを誘拐しようとする あの変態役でおなじみ。

同じくエミー賞受賞の実力派オバチャン、マーゴ・マーティンデイルもお婆ちゃん役で出ています。もちろんブライアン・クランストンも出演。そりゃー面白い。

picture:youtube

オリジナル脚本なのに、アメリカでは初回の配信が記録的な再生数を記録。あっというまに2期の製作が決定した話題作。


1話の部分だけネタバレを含んだあらすじ

あらすじ

「出所したら消される…」

picture:youtube

昔、ギャングの下で働いていた詐欺師のマリウスは、警察にパクられて、3年も刑務所で捕まっていました。そしてようやく明日、出所できることになりました。

ムショから出られるのはうれしいマリウスでしたが、入る前に所属していたギャングをダマして大金を使い込んだせいで、普通に出たら殺されてしまいます。

「まずは外の様子を探らないと…」マリウスはギャングのパシリをしている弟に電話することにしました。

なりすまし計画

マリウスは刑務所の中から「明日出所するぞ」と弟に電話します。すると「奴らはアニキを狙ってるから、俺のところには来ないほうが良い」との返事。

出所して殺されては元も子もないから、マリウスは3年間同じ独房で一緒だった”ピート”になりすます事に。

刑務所ではいつもピートの身の上話を聞かされていたから、入れ替わるのは簡単です。

出所の日、マリウスは護送バスに乗って自分の街へ向かう。ギャングはバスからマリウスが降りてくるのを待ち構えていました。

しかしマリウスは乗っていませんでした。この動きを読んでいて、ちょっと前に降りていました。「まったくマヌケなギャングだ」

マリウスはさっそくピートの家へ。しかし本当になりすましがうまくいくのでしょうか…

計画通り…?

picture:youtube

幸運なことに、ピートの爺ちゃんや婆ちゃんは、本物のピートと長い間 音信不通でしたから、マリウスを最愛の息子と信じて疑いませんでした。

こうしてマリウスの にせピート生活が始まります。

無職のマリウスはこの一家が経営する保釈金立替業(逮捕された容疑者の保釈金を建て替える業者)で働く事になります。

ところがマリウスが逃げたせいで今度は弟の身が危険に。

ギャングは怒って弟を脅し、マリウスの居場所を特定。

弟を人質に身代金を要求してきました。「一週間以内に10万ドルを返せないと弟の指を一本ずつ切り落とす」と言います。

picture:youtube

家族の秘密

「早く金を作らないとヤバイな…」

マリウスは持ち前の口先のうまさで、立替えの仕事をこなし新しい家族と絆を深めていきます。

この家族をギャングの危険にさらしながらも、かつて自分が経験したことのなかった家族の愛情に触れていくマリウス。

しかし、この善良に見えた家族にもマリウスを危険に巻き込む秘密があるのでした。


トリビア

元々は米テレビ局のCBSがシリーズの製作をするはずでしたが、2015年5月8日にパイロット番組(第1話)を他社に譲る事を決定。6月にAmazonが買い取りを交渉していることが報じられました。

初公開は米Amazonで2015年8月から。9月にさっそくシリーズ化のオーダーが入りましたが、どういうわけか2016年3月でデビッド・ショアが降りてしまって、グラハム・ヨーストがあとを引き継ぎました。

2017年1月19日からAmazonビデオで独占配信がスタート。2期の製作も決定しているとのことです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする