【安くて使えるBluetoothスピーカー】DOSS SoundBox をレビュー

Anker sound coreを超えるスピーカー

Echo dotの内蔵スピーカーは音質がイマイチだったので 3000円くらいで良さげな無線スピーカーがないかなと探していた所、このDOSS SoundBox Bluetoothスピーカーを発見。アメリカAmazonランキングで3位だったから「ええんじゃないか?」と思ったら、これが予想以上に良かった。

日本ではAnker sound coreがランキング1位だから「そっちもいいんじゃね」とも思ったのですが、スピーカーの性能が合計6Wとイマイチ。しかも中身のセルがパナソニック製じゃなくてLG製だったりします。

 すまん、Bluetoothスピーカーって何に使うの?

例えば、家に帰ってスマホで音楽を聞こうという時、スマホの内蔵スピーカーでは 残念な音しか出なくて凹みます。そんな時はこのBluetoothスピーカーにつなげると、より良い音で聞くことが出来ます。

これは有線ケーブルもついているのでテレビやパソコンにつないで音質を上げたりもできます。

付属品

充電用のUSBケーブル/外部接続用のオーディオケーブル/説明書がついてきました。本体は560グラムで女子の弁当箱くらいの大きさです。技術基準適合証明(MIC)にも対応しています。

さっそく音質を比較

Echo dotの音質

DOSS sound boxの音質

音質はEcho dotより はるかに良いです。echo Dotは旧式のラジオの様な音ですが、DOSSは6Wのドライバが2基搭載されているので それなりにいい音が出ます。

動画ではecho dotからbluetooth電波を飛ばしているので 100%の能力を出せていませんが、マイクロSDから流すともっといい音が出ます。


DOSS社ってナニ?

DOSS audio社は1999年に中国深セン市でスタートした新興企業で、Bluetoothスピーカーやスマートスピーカー/ヘッドホン等 音響機器を専門に開発製造しています。

自社で製品をデザインし、回路基板を制作、組立から検査までを一貫して行っており、高品質でコストの低い製品を作っています。

製品の種類は少なく、厳選したモデルを大量生産するスタイルです。そのためDOSS製品は全般的に評価が高く、この製品もアメリカAmazonでレビュー数9,456件 得点4.4点の人気製品になっています。

http://www.dossaudio.com/

前面

分解動画を見てみると、スピーカーには品質の良いAl-Ni-Coマグネットが使われていて、素材をケチっていません。

音域は100hz-18000Hzで数値的には狭いかなと思いきや、聞いてみると低音も響くし、バランスの良い音です。

少なくともyoutubeの動画や音楽はかなり楽しめます。底面には技適マークと認証番号R201-170036が入っているので、どこでも持ち運んで使えます。

上面にタッチセンサー搭載

上部にはタッチセンサーがあり、ボリュームは指でクルクルなぞるだけで細かく音量を調整できます。ぎりぎりで聞こえるくらいの微妙な音量の調整もできますので 寝る時に川の音を流して寝てたりします。

曲の再生/停止/スキップが出来ます。スマホをつないでいる時に電話がかかってきた場合、ハンズフリーで応答できるボタンもあります。

背面

背面には電源ボタン/有線ジャック/カードスロット/ミニUSBコネクタが付いています。

マイクロSDカードは32GBまで対応しているので、落語を詰め込んで挿しておくと 電波のないところでも長々と再生できて便利です。SDカード経由が一番音質が良い気がします。

リット&デメリット

いい所

・合計12Wの高品質スピーカーを搭載。
・技適に対応
・3000円台なのにタッチセンサー+マイクロSD装備
・1年間保証
・Bluetooth通信も途切れず安定している
・待機時のノイズなし。
・バッテリー再生時間は12時間、フル充電は3時間で完了。
・推奨されてはいないけれど 充電中も再生は可能。
・安いので気軽に使える。


微妙な所

・防水性がないので、お風呂や雨天時の使用は無理。
・マイクロSDカードで再生している時にちょっとした早送り/巻き戻しができない。
・560gと毎日持ち運ぶにはやや重い
・本体が7センチとやや厚い
・分解が難しい

まとめ:低価格の限界に挑戦している良機

Bose SoundLink Mini ⅡやSony SRS-XB21のように音質は最高水準とはいえませんが、こっちは圧倒的なコストパフォーマンスが魅力です。素材/性能/保証期間どれをとってもバランスが良く気軽に使える一台です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする