漫画からアニメ化されるまでは おおよそ3年から5年かかる説

2018年夏季のアニメはどういう流れでアニメ化されているのか気になったので、21作品の原作と最初に発表された年代を調べてみました。

アニメ原作は漫画、ラノベ、小説、ゲームなどで人気が出てからアニメ化という流れが多いようですが、「千銃士」のように配信中のゲームと並行してアニメを放送するというチャレンジングな映像化もあります。

(余談ですが、漫画の場合10万部売れるか売れないかがアニメ化の分かれ道とか ウワサで聞いたことが有るような気がします。)

タイトル原作ジャンル媒体発表年 
ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王アーケードゲームファンタジー2008年6月-
グラゼニ漫画 スポーツ モーニングKC2011年 全17巻
はねバド!漫画 スポーツアフタヌーンKC2013年6月7日 –既刊13巻
百錬の覇王と聖約の戦乙女ラノベファンタジーHJ文庫2013年8月 –既刊16巻
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術ラノベファンタジー講談社ラノベ文庫2014年12月 –既刊10巻
ちおちゃんの通学路漫画学園、コメディコミックフラッパー2014年5月号 – 既刊8巻
すのはら荘の管理人さん漫画ラブコメディまんが4コマぱれっと2014年7月号 – 既刊3巻
あそびあそばせ漫画ギャグヤングアニマル2015年6月26-既刊6巻
はるかなレシーブ漫画 スポーツ(ビーチバレー)まんがタイムきらら2015年10月号 – 既刊5巻
はたらく細胞漫画科学月刊少年シリウス2015年3月~既刊5巻
夢王国と眠れる100人の王子様ゲーム女性向けパズルRPG2015年3月9日 –  
京都寺町三条のホームズ小説日常の謎双葉文庫2015年4月16日 –既刊9巻
中間管理録 トネガワ漫画ギャグヤンマガKCスペシャル2015年7号- 既刊6巻
焼肉店センゴク漫画コメディコミックスマート2016年- 
ゆらぎ荘の幽奈さん漫画ラブコメ週刊少年ジャンプ2016年2月8日 – 既刊11巻
ISLANDゲームSF、恋愛2016年4月28日
One Roomオリジナル2017年1月
千銃士ゲームファンタジー2018年3月22日 –
プラネット・ウィズオリジナルロボットヤングキングアワーズ2018年6月号 –
兄に付ける薬はない!漫画コメディ中国友谊出版 
悪偶漫画伝奇・ホラー

話をもとに戻しまして、アニメの原作として一番多いのは「漫画」で12作品でした。漫画の場合、連載開始からアニメ化されるまでの期間はおおよそ3年~5年のようです。連載中の作品が多く、完結している作品というのは少ないのも特徴で、まさに厳しい漫画レースを5年ほど勝ち抜いてきた証のようなラインナップになっています。

ラノベ原作の場合はさらに厳しく、5年ほどかかるようです。ゲームを下敷きにしている場合も含めて、人気作品が映像化されるので、どれもハズレ無しの様相になっています

ラノベ原作の場合はタイトルに漢字が多く長めですが、漫画原作の場合はひらがなとカタカナが多いような気がします。それにしても今月始まった漫画のアニメ化に3年かかるとして、ロングランを続けているアニメは一体どういう生産体制になっているのか気になる所です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする