「リステリンより効く洗口液を教えて」の巻

年をとってくるとアイスが染みたり、すきっ歯になってくるので「切ないわ~」と思って、最近 歯磨きグッズでいいのを探していたりします。完全におっさんに進化しました。

そんなわけで最近は洗口液について調べていました。お口クチュクチュでおなじみのアレとかです。

今までリステリンよりも効くマウスウォッシュ液なんてあるわけねぇだ!と思っていました。が、そんなある日、海外Reddit板を眺めていたら、興味深いスレッドを発見。

内容は大体こんな感じ↓

タイトル「Redditの歯医者 ~リステリンは◯それとも☓?~」

スレ主さん:
僕も使っているリステリンだけど、これって体に良いのか悪いのか議論しようぜ。一般的なコンセンサスとしてはアルコールのせいで口が乾燥するから良くないって意見が多いみたいだ、レッツ議論。

名無しさん:

俺(歯科医)からの意見
リステリンは良くない。けれども広告の予算をすごいかけているので、みんなに人気がある。高濃度のアルコールによる 焼け付くような感覚が いかにも”洗ってる”感じがしていいんだろうと思う。でも高アルコール消費は口腔癌のリスクを高める事と関係があるので注意。

唯一効果があるマウスウォッシュ/ジェルはクロルヘキシジンを含んだ製品。口内に長期間残るので、できればノンステイン(色素沈着しないもの)でノンアルコールの物がいい。ベストなものはCuraden Swissの製品。 

短く言うと:菌を抑える製品は良くない 殺菌するものがいい。

口腔癌のくだりは間違ってるけど 他はだいたい合ってた

「本当かいな?」と思って追跡調査をしてみました。リステリンと発がんに関しては 現在論争中ではっきりした結論は出ていませんでした。ただリステリンはお酒のように飲むワケではないので癌に関しては99%言いがかりっぽいです。ここに詳しいです。

あとリステリンにも優れた殺菌能力はあります。無いより断然マシの洗口液です。

確かにクロルヘキシジンを含んだ製品の方が殺菌力が高い。

2006年のデータですが6ヶ月間洗口液を使った場合と、使っていない場合を比較して、プラークの抑制率と歯肉炎の抑制率を比較すると以下のようになっています。

洗口液 プラーク付着抑制率(%) 歯肉炎抑制率(%)
グルコン酸クロルヘキシジン(0.12%paridex) 21.6-60.9 18.2-42.5
エッセンシャルオイル
(listerin)
13.8-56.3 14.0-35.9
塩化セチルピリジニウム
(0.07% crest pro health Rinse)
15.8 15.4

michael LB,JADA 2006;137(Suppl11) 16S-21S

グルコン酸クロルヘキシジンの濃度は海外の液は0.12%で日本製の方は0.05%と低いのですが、それでもプラークの付着と歯肉炎予防に最も効いているのが分かります。実際使ってみると薄めてもなかなか強烈です。

プラークは8時間で増えるので 食後は速攻で潰すべし

プラークってナニよ?

プラークとは口の中の菌の集まりの事です。かっこつけてバイオフィルムと呼んだりもしますがプラークとバイオフィルムは同じものです

プラークが増えすぎると 虫歯、歯周病、口臭の原因になるので、食後は速攻で歯磨きして洗口液でうがいするのが理想的です。ご飯を食べて8時間後には菌が勝手に子供を産んでプラークを作りやがります。

それぞれの洗口液 殺菌成分はどう違うのか

洗口液は見た目は似ているけれども それぞれ中身の薬用成分は違っています。

グルコン酸クロルヘキシジン  エッセンシャルオイル 塩化セチルピリジニウム
バトラー・CHX洗口液(医薬部外品) 【Amazon.co.jp限定】薬用 LISTERINE リステリン トータルケア おまけ付き 1000mL [医薬部外品] 【限定】アース製薬 マウスウォッシュ モンダミン プレミアムケア 1080ml+80ml [医薬部外品]

サンスターバトラーCHX
コンクールF

リステリン
トータルケア

アース製薬
モンダミン 
GUMデンタルリンス

ここではバトラー(クロルヘキシジン)とリステリン(エッセンシャルオイル)の違いを詳しく見てみましょう。

クロルヘキシジンとエッセンシャルオイルの違い

バトラー・CHX洗口液(医薬部外品)

クロルヘキシジン系洗口液(バトラー、コンクールF)の特徴
◯最も高い殺菌力でプラークを抑制する
歯の表面に張り付いて長時間威力を発揮する。最大12時間働いて細菌の繁殖を抑える。
薄めて使うタイプなので財布に優しい。250~360回程度使える。
☓バイオフィルム(プラーク)への浸透には時間がかる。
☓ポリフェノールと反応するので、お茶、コーヒー、ワインを飲んだ直後に使うと色が残りやすい。
☓入手しにくい。ウチの近所のドラッグストアでは売っていない

【Amazon.co.jp限定】薬用 LISTERINE リステリン トータルケア おまけ付き 1000mL [医薬部外品]

エッセンシャルオイル系洗口液(リステリン)の特徴 
プラーク形成を抑制する効果はクロルヘキシジンに次いで高い
バイオフィルム(プラーク)に浸透しやすい。
入手しやすい。
薄めなくても原液で使えるのでラク。
△アルコールタイプは粘膜に刺激があってヒリヒリする。
☓実はコストが高い(1回分20mlで75回分しかない)
☓殺菌カに関しては長時間にわたって放出し続ける能力が低い。

【Amazon.co.jp限定】薬用 LISTERINE リステリン ナチュラルケア おまけ付き 1000mL ノンアルコールタイプ [医薬部外品]

ノンアルコールタイプは薬用成分と濃度は同じなので 同等の浸透・殺菌効果をもっています。刺激に弱いシニアの方や女性にはそちらのほうが人気。

リステリンの謳い文句にバイオフィルム(プラーク)に浸透しやすいって書いているけど、リステリンだけ使ってればプラークを除去できるの?

A.歯磨き無しではダメ。

プラークは歯磨きで物理的に落としたほうが落ちますし、個人の手の及ばない所は歯医者さんの専門の機械(キュイィインという例のアレ)で落とすのがメインになります。リステリンだけでは こびりついたプラークには刃が立ちません。

バイオフィルムに浸透して有利だからという理由でリステリンを選ぶ必要はないと思われます。液は30秒しか口に含まないので、プラークの奥まで液が浸透しませんし、リステリンだけで全ての菌を殺菌できるわけではないからです。

洗口液の目的はプラークの除去ではなくて、可能な限り菌を殺して、プラーク付着の抑制や歯肉炎を予防をする事なので、あくまでもサブ的な位置付けです。洗口液は歯磨きやフロッシングの仕上げとして使うのが良いです。

とはいえ今のは理想論で、飲み会の後で「歯磨き無理デス!」って時には お茶やリステリンでうがいして寝たほうが遥かにマシです。 

リステリンとクロルヘキシジンはどちらがオススメ?

どっちも使ってみましたが、個人的には爽やかな息が持続するのでクロルヘキシジンが良さげです。左のCHX洗口液です。清潔感が持続する感じがします。あと、なかなか減らないです。

もう半年くらい使ってるし、多分家族みんなで使ってもなかなか減りません。

左のように薄めて使っていますが これでも歯磨き粉を10倍濃くしたような味で、口の中が涼しい感じです。最近は寝起きの時に 歯肉のニチャニチャ感が減っているので菌が死んでるっぽい。

右のリステリンは口に含んだ時のパンチが強いので 洗浄してる感じは勝っていますが、爽やかな息の持続力の点ではクロルの方がいいかなと思います。

クロルヘキシジンを含んだ洗口液はバトラーやコンクールF等が有名です。濃度はどちらも同じなのでお安いほうでいいと思いますが、個人的にはバトラー洗口液は上の写真の計量カップがついている分、お得かなと思います。ぜひ一度お試しあれ。

 

参考URL:洗口剤の種類と特性https://www.jstage.jst.go.jp/article/perio/58/2/58_86/_html/-char/ja

「プラーク」と「バイオフィルム」と「歯石」の違い
http://www.period.tokyo/column/768/

リステリン等の洗口剤は効果があるのか?
http://www.sugiyama-dental.com/shisyubyou/mouthwashes.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする