格安ハイレゾヘッドホン ONKYO H500Mを買ってみました【レビュー】

お友達からハイレゾヘッドホンが激安になってると聞いて、「どうせお高いんでしょ」と思って見てみたらホントに激安になっていました。なんと18000円位で売っていた製品が現在は9000円を切っています。

そんなわけでジャンピングキャッチしてハイレゾ対応 ONKYO H500Mを購入してみました。

ONKYO H500M

裏面はこんな感じになっています


内容物

内容物はシンプルで、ケーブルと本体。保証書が入っていました。

ボールペンSARASAと比較。本体は思いのほか 小さいので、「えっ」と思いましたが、音を聞いてビビりました。

いざ音楽を視聴→「おー、なるほど…」

7Hz~40,000Hzの音を鳴らしているそうですが、音を鳴らせる範囲がすごく広いです。重低音から高音まで まんべんなく鳴るし、バランスがいい機体です。

ゲーミングヘッドホンは重低音に偏っているので、メタルを聞くとドンドンズンズンうるさいのですが、これは長時間聞いても疲れにくい。密閉式なのに なんだこの奥行きは!

久々にCDを引っ張り出して(16bit/44.1kHz)音楽を聞いてみましたが 私がすごいなと思ったのは 欅坂46(CD)の後列の子のコーラスまで聞こえた時です。解像度たっか…。

そして欅坂は最近になればなるほど歌がうまくなってるという事実に気づく。(でも初めてのシングルが一番個性があふれてていい。)

全体的にメインボーカルの声だけではなく 後ろで鳴る楽器の繊細な音まで再現する所がすごいです。ONKYOの技術がすごいのか分かりませんが、さすが元18,000円です。

昔の音楽を聞いてみると「あれ…この曲ってこんな音楽だっけ?」と新しい発見があったりして楽しいです。ヘッドホンによって味付けが変わるんで 面白すぎです。

メリット1:耳あてがモチモチしていて良い。

この耳あての部分が柔らかくて感触が雪見だいふくです。当てると耳にモチッと密着するので3時間位メガネの上から連続でつけて作業していましたが 全く気になりませんでした

頭あての部分も同じウレタン素材が入っているらしく、柔らかいです。難点としては白くて汚れが目立ちやすい点です。2週間に1回くらいはウエットシートで拭いたりしています。

メリット2:リュックに入れてもかさばらないし軽量

普通のヘッドホンを持ち歩く時にリュックの中に入れると、ボコッと膨らむのがネックだったりしますが、これは曲がるので、かさばらない所が便利です。

重さも190グラム程度で豆乳ジュースくらいの重さしか無いので、入れてるのを忘れるくらいです。

メリット3:気取らないデザインでどこでも使える

例えばMDR-CD900STみたいなゴツいヘッドフォンを外出先でかけていると、いかにも「ワタシ音楽が好きですッ」ってのがバレてしまうけれども、

MDR-CD900STは こんな感じ

これはパット見 どこのメーカーなのかよくわかんない、そのくせデザインはカジュアルなので、どんなシーンでも使えるというメリットがあります。

よく見るとONKYO!という覆面的なカッコよさもあります。

ここはあまり良くなかった:付属ケーブルの細さ

音声ケーブルは着脱式なので、交換できるのは良かったのですが、付属の4極ミニケーブルが細いし 1.2mと短いので、断線が心配だったりします。ですので予備用にケーブルを購入しておかれると 気兼ねなく使えるかと思います。

まとめ

ハイレゾヘッドホンといっても、評価はいろいろだと思うのですが、これに関してはつけ心地も良くて、軽いし音質も良いので外出先でも使っていたりします。

使いやすさと音質のバランスが高いので、壊れたらもう一台欲しいくらいの名機です。mazonだったら☆は6つくらいあげたい所です。


ONKYO のハイレゾ対応機種を比較

ONKYOのハイレゾ対応機種は結構数が少なくて、以下の3点が現行機種です。
ONKYO:公式サイト

型番H500MH500BTA800
実勢価格6,98014,60044,800
評価3.93.9

4.7

画像ONKYO 密閉型ヘッドホン オンイヤー/ハイレゾ音源対応/コントロールマイク付 ホワイト H500MW 【国内正規品】ONKYO H500BT Bluetoothヘッドホン 密閉型/ハイレゾ対応 ブラック H500BTB 【国内正規品】ONKYO A800 ヘッドホン ハイレゾ対応/オープン型 A800B 【国内正規品】
ハイレゾ対応

型式密閉式密閉式

オープン

接続方式有線式無線式有線式
再生周波数帯域 7-40,000Hz7-40,000Hz(有線時)
7-23,000Hz(Bluetooth接続時)
4 ‐ 40,000 Hz
持続時間

最大16時間
重量191 g187g572 g

それぞれの特徴
H500Mは2015年10月から続くロングランモデルで、ハイレゾ対応ながらも 軽量コンパクトで使いやすいタイプです。
H500BTはH500Mに無線機能を追加しています。
A800はドライバーを大型化し 音の再現を追求したモデルです。音にこだわる方に向いていますが、実際つけてみると 激重なので 男性向けヘッドホンという印象です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする