ゲーミングマウスは一般のマウスと比べて 何が違うのか

ゲーミングマウスは通常のマウスと比べて 何が違うのか よく分からなかったのでまとめてみました。結論から言うと、 ゲーミングマウスは反応の速さ/ボタンのカスタマイズ/感度の調整が可能な点が違います。

一言でまとめると、ゲーミングマウスはカーソル移動の正確さと速さを追求しているマウスです。

LOGICOOL G402

LOGICOOL G402

解説:PCに信号を送るスピードが8倍

ゲーミングマウスはレイテンシ(ボタンを押してPCに伝わるまでの遅延時間)が小さい特徴があります、一般のマウスは125Hz程度ですが、低価格マウスG300sは1000Hzなので8倍の速さで信号を伝えます。

また マウスの感度(DPI= dot per inchの略)を変更するソフトが付属しています。プレイヤーの素早く、微妙な動きに対応できるセンサーが取り付けられています

ゲーミングマウスが いらないゲームは?

ゲーミングマウスが必要になるのは スピードが重視される対戦型のゲームです。Minecraftソリティア、ポーカーのように操作スピードがそれほど重視されないゲームの場合、ゲーミングマウスは必要ありません。一般のマウスで十分です。

ゲーミングマウスが本領を発揮するゲーム

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

音速の反射が要求されるFPS

オーバーウォッチや pubg のようなFPSゲームは 相手プレイヤーと戦うゲームですので、負けないためにスピードを要求されます。そのような場合にゲーミングマウスが役に立ちます。(※ FPS=FIRST PERSON SHOOTER  一人称視点のシューティングゲームです)

スピードと操作量が必要なMOBA

またリーグオブレジェンド/Dota2のような 陣地を取り合うMOBAゲームをプレイする場合、プレイヤーのクリック数は1分間に100回を超えます。

大量のコマンドをキーボードだけで操作するには限界があるので、ゲーミングマウスに複数のボタンを割り当てることで 操作がしやすくなります。
(MO
BA=Multiplayer online battle arena)


こうした FPS 型のゲームと  MO
BAゲームはプレイヤーに求められるマウスの形が異なります。 基本的にはFPSは反応が速くて正確な狙いができるもの、MOBAは時間あたりの操作量を多くできるように設計されています。

FPS向きMOBA向き

LOGICOOL ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス G402

サイドボタン付

UtechSmart 16400DPI可能PC用オムロンマイクロスイッチ付きカスタム高精度レーザーMMOゲーミングマウス

ボタン数 多い

最初にハズレを引かないための 人気のゲーミングマウス

Amazonではゲーミングマウスが3000種以上もあるので、どれが人気なのか分かりにくかったりしますが、特に以下のようなマウスが安定した人気を集めています

FPSの場合

ロジクール G502 PROTEUS SPECTRUM

G502はPixart PMW 3366DMというハイエンド向け用の光学センサーを搭載しているので 12000DPIを実現しています。

凄さがよく分かりませんが、1秒間に7.62メートル動かしても正確に追跡できるトラッキング性能です。

底部に調節可能な重りが入っており、ピタッとエイムが止まる感覚になるまで 重りを取り外したりして微調整が出来ます。弱点はLEDが少しひかえめな所です。見た目の派手さがないので物足りない方もいらっしゃるかもしれません。

便利な点は 日常用に切り替えることのできる”モード切替用のボタン”を搭載している所です。ゲームが終わったら日常用マウスとしても使うこともできます。

かぶせるように使うのが一般的ですが、爪をたてて持つスタイルも可能です。G900G903と同じセンサーですが、G502の方が低価格になっています。


Razer DeathAdder Elite エルゴノミック ゲーミングマウス

G502と並んで人気が高いのがRazer DeathAdderです。

G502よりも低価格ですが、最先端センサーのPixart PMW 3389-T3QUを搭載しています。

G502を上回る 11.43メートル/秒の細かいトラッキングが可能なので、極限までスナイプの精度を高めたい方向きです。

こちらは7つのカスタム可能なボタンと1600万色からイルミネーションが選べます。重量は105gと軽く、疲れにくいデザインなので、より長時間ゲームに打ち込みたい方向けです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする