【回答】Dji osmo pocketと似たような機能でもうちょっと安いものは無いか

質問:Dji社のOsmo pocketは魅力的ですが、4万円は高くて初心者の私には手が出しづらいです。似たように手持ちで録画できる機械は無いでしょうか?

A. 3軸ジンバル+スマートフォンで撮影すれば 互角以上の映像が撮れます

Osmo pocketはアクションカメラの革命機みたいなものなので、これと同じように小型で、手持ちで散歩しながら動画を撮れるような安い製品は今の所無いです。

ただ、Osmo pocketのように 歩きながらスムーズな4K映像は簡単に撮れます。むしろ上回る映像が撮れます。

Osmo pocketというのは簡単に言ってしまえば 3軸ジンバルに4Kビデオカメラを付けている製品です。要は3軸ジンバルにスマートフォンをつけてしまえば、Osmo pocketのように手ブレもなく、画質的に上回る映像が撮れます。

3軸ジンバルはDJI社がOsmo Mobile 3などの3軸ジンバルを販売しています。この場合は14000円くらいで購入できます。これが今の所 最大の代替機です。

同様の高性能なジンバルとしては、Zhiyun(ジウン)Smooth4が高性能で人気があります。Zhiyunは世界展開しており、 ジンバルだけでなく 1眼レフの高級スタビライザーなども作っています。技適などの電波法もクリアしているので、いわゆる中華系安メーカーとは 大きく異なります。

Amazonでも格安3軸ジンバルは けっこう種類がありますが、スマートフォンとの連動が うまくいかなければ あんまり意味がないので、技術的にDJIかZhiyunのどちらかですと安心です。

ただ重量は重くなります。ジンバルの重さが大体400グラムなので、スマホを付けると500mlペットボトルを1本持っているような感じになります。

どうしても軽いものが良いという場合はかないませんが、同じような録画をする時の 1つの手段としてご参考になればと思います。

DJI Osmo Mobile 3DJI OSMO POCKET
【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
メリット
・撮影時間が長い(2000mAh:15時間)
・映像を見ながら撮影可能
・遥かに経済的
・スマホが新しくなる度に画質が良くなる
・耐久性が高い、数年使える
・家族に貸し出せる
メリット
・携帯しやすい(116 g)
・軽い
・操作が簡単

デメリット
・持ち運びはしにくい
・POCKETに比べると重い
・撮ってます感は出ちゃう
・スマホセッティングに20秒程度かかる
デメリット
・画角狭い
・撮影時間短め(140分)

・映像は確認できない
・高価で取り扱いに気を使う
・寿命が来たら丸ごと買い替え
・故障した時の代替が厳しい

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: ビデオカメラサポート

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする