動画配信サービスの選び方


初めての方でも後悔しない動画配信サービス選び

返すのが面倒なDVDレンタルサービス

DVDレンタル店に入ると新作DVDがズラッと並んでいてその中から選んで借りる時はワクワクしますが、返す時になって1枚だけ行方不明になったり、返却の日に限って雨が降ったりと返すのが面倒だなと思った経験が誰にでもあるかと思います。

動画配信サービスの特徴

現在人気の動画配信サービスは、利便性に優れており借りに行ったり返却に行く手間がかかりません

またPCだけでなくスマートフォンやタブレットで再生できるサービスがほとんどですので、時間と場所を選ばずに動画を楽しむことができます。

ディスクを入れ替える必要もありませんので、Youtubeで動画を見るようにクリックするだけで1話、2話と連続で見ることが出来ます。

目的に合うサービスを選ぶ

現在、国内外の様々な運営会社が動画配信サービスを提供しておりますが、それぞれに長所、短所があり、どのサービスが一番優れているとは言えません。

動画配信サービスも「使用目的」や「扱っている作品の種類」によっておすすめできるサービスが異なりますので用途にあったものを選びましょう

ネット上の書き込みでは  ”海外ドラマを見たい方” ”アニメ配信を重視する方” ”アニメもドラマも映画も見たい方” ”家族でそれぞれ/一緒に見たい方”など使い方や目的が多様化しています。

現在、動画配信サービスに大量の会社が参入してきており、どれを選べばいいのか
迷っている方も多いと思います。

このページでは動画配信サービスを選ぶ時のポイントを解説しているので動画配信のどこを見ればいいのかの参考にしただけると幸いです。

各動画配信サービスの分類

動画配信サービスの特徴を分かりやすくするために、それぞれの動画配信サイトのコンテンツの内容別に、便宜上3つのグループに分けてみました。

1.特化型


・アニメ特化タイプ


アニメコンテンツをメインに提供する動画配信サービスです。NTTが運営する「dアニメストア」やソフトバンクが提供する「アニメ放題」バンダイナムコグループの「バンダイチャンネル」がこれに当たります。比較的安価で大量のアニメを視聴することができます。

・スポーツ特化タイプ


スポーツコンテンツのみを提供する動画配信サービスです。サッカー(Jリーグ、ブンデスリーガ、セリエA)や野球(広島、横浜)、MLB、バレーボール、モータースポーツ(F1)など各種スポーツ映像を配信。
英国のパフォーム・グループの運営するDAZN(ダ・ゾーン)や「jスポーツ オンデマンド」等があります。スカイパーフェクトTVによるJリーグの中継がなくなってしまったので、期待が高まっている分野です。


2.アニメ/ドラマ・映画型


アニメコンテンツだけでなく、海外のドラマ・映画を配信する事に力を入れているサービス。NetflixやHuluやauが運営するビデオパスがこれに当たります。

3.総合エンターテイメント型



アニメ、映画、ドラマに加えて、バラエティ、雑誌、音楽など動画以外にも多様なサービスを提供する動画配信サービスです。
Amazonプライム、U-NEXT、FOD(フジテレビオンデマンド)プレミアム等、各民法TV放送局の動画配信サービスはこれにあたる事が多いです。


それぞれに異なる動画供給元


見たいコンテンツを確認

上の図のように、各動画配信会社は、放送局と提携を結んだり、作品のライセンスを買い付けるなどして動画配信を行っています。

そのため、それぞれが所持/配信しているコンテンツが異なります。例えば、アニメコンテンツ数が1900あるdアニメストアであっても、約300のアニメしかないFODの作品を全部網羅してはいません。コンテンツが豊富な事は良いことですが、どれか一つが最高と決められない理由はここにもあります。

同様にガンダム目当てでソフトバンク社の「アニメ放題」に入会しても取り扱っていなかったりします。それぞれに得意不得意があります。

まずは公式サイトや当サイトを参考にしたり、検索エンジンで「進撃の巨人 動画配信」等と検索するなどして、お目当ての作品があるかどうかを確認しましょう。


ダウンロードに対応しているか

動画ファイルは容量が大きいので、スマホで見放題を楽しんでいると、あっという間に月の通信容量を超えてしまいます。25分のアニメで約100MBもかかるためです。

せっかく見放題でも通信制限で見れなくなっては宝の持ち腐れです。最近では動画ダウンロード機能を持つ所が増えてきています。ご家庭のWi-fiで動画ファイルをダウンロードして、オフラインで見る事ができるため、通信量が抑えられます。

また、電波が届かない所でも安定して動画を見ることができるのも強みです。月々の通信制限が気になる方はダウンロード機能に対応しているかどうかもチェックしておかれるとよろしいでしょう。一覧表にまとめました。

 月額料金(税込)作品数無料期間ダウンロード最高画質
<アニメ専門>
dアニメストア432円1900本以上31日間HD
アニメ放題432円1200本以上1ヶ月間
バンダイチャンネル1080円3500本以上なしHD
<映画・ドラマ・アニメ>
NETFLIX702~1566円3万本以上30日間SD~4K
1007円2万本以上2週間HD
ビデオパス606円1万本以上30日間HD
<総合エンタメ>
dtv500円12万本以上31日間HD
3900円(年間)2万本以上30日間HD

U-NEXT

2149円10万本以上31日間フルHD


動画配信を家族全員で見たい場合は どこがいいのか

1つ契約を使って家族で利用される場合、誰かが見ている間は、他の家族は見れないという事が起きると、視聴権の取り合いになるので困ってしまいます。

また1つの契約で、何台まで同時利用ができるかどうか、子どもが勝手に有料コンテンツを買わないように購入制限ができるかも重要です

年齢制限のかかった動画を表示させないようにペアレンタルコントロール機能の有無も併せて調べてみました。

 同時利用台数制限R指定/PC
<アニメ専門>
dアニメストア不可  
アニメ放題不可  
バンダイチャンネル不可  
<映画・ドラマ・アニメ>
Netflixベーシックプラン不可  
Netflixスタンダードプラン2台不要
Netflixプレミアムプラン4台不要
hulu不可  
ビデオパス不可  
<総合エンタメ>
dTV不可  
Amazonプライム・ビデオ3台
U-NEXT4台

以下のサイトはこれらの機能を満たしているので、ご家族でご覧になるのに適しているといえます。4人以上のご家庭ですと、Netflixのプレミアムプランか U-NEXTがオススメです。

Netflixスタンダード・プレミアムプラン
Amazonプライム・ビデオ
U-NEXT

U-NEXTは説明ページに詳しく解説されておりますのでどうぞ参考に御覧ください(リンク


ロゴは各社のHPより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする