Apex Legends チート使用者 報告のやり方

新シーズンが開幕となったApex Legends、チートの通報機能が実装され通報が簡単になりました。

チーターらしき人に倒された場合

1.TABキーを押して観戦モードになったら Rキーを長押しします。

2.通報の理由へ移動します

3.通報の理由を1つ選択します。

4.通報をクリックして終了です。


観戦してる人とは違うメンバーにやられたらしい時

手順

まず通報用Easy-anti-cheatの専用サイトにアクセスします

項目を埋めます

英語ですが別にビビる必要はないです。赤枠を埋めるだけです。

1.Player IDのところには 自分のユーザーネームを入れます。
これは自分の対戦記録から チート使用者を分析するために必要です。

ユーザーネームはoriginの一番上に書いてあるやつです。

2. 自分の名前を入力します (名字は無くてもいいです)
あとはEメールを入力、別に連絡は来ません。
いたずら通報ではないことの確認がしたいんだと思います。 

3. ここにチート使用者の詳細を入れます。

ここにどういう具合のチートだったかを書きます。文面はテンプレでいいです。

チート使用者のID(全滅した時などに出てきます)、チートの種類、あとは対戦日時が分かれば入れておくと解析が楽です。

チート疑いのある人のID

チート疑いのある人のID

(文例)

Cheat-mania、AIMBOT(オートエイム)、2019/2/18 19:06 

Cheat-lover、wallhack(壁透視)、2019/2/18 23:26

Cheat-chan、invincible(無敵) 2019/2/18 

4.最後にSubmit Reportを押して報告完了です。お疲れ様でした。


日本では慎重な方が多いので、「でも絶対使用してるという確証はないから…」という理由で通報をためらいがちですが、遠慮はいりません

なんかおかしいという程度でも構わないので、見かけたら教えてください」だそうです。

たとえあなたが証拠を得ていなくても、彼らのIDを取得し、フラグを立てれば、Respawnはチーターのアカウントを調査することができます。

ユーザーの通報だけでBANする事はありません。解析と判断はリスポーンに任せてダイジョブです。

<関連記事>

遂にチーターへ反撃開始  BANされたら二度と同じPCで遊べなくなる厳罰対応に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする