有効成分で比較する蚊取り線香2019【メトフルトリンとトランスフルトリン】

うっとうしい 蚊をやっつけるには どの製品がいいの?

ウチでは20年位前から、ずっとリキッド式の蚊取り線香を使っていました。60日イッポンポンのあれです。 毎年 山瀬まみがカッパの格好して踊ってたような気がします。

別段 このリキッド式でも困ったことは無かったのですが、ホームセンターに替えのボトルを買いに行ったら  最近ではワンプッシュタイプや電池で動かすタイプが主流だそうです。持ち運びが出来て便利だとのこと(お店のおじさん談)

しかしワンプッシュと電池式、それぞれの特徴がよく分からないので いろいろ買って調べてみることにしました。

部屋で1回押すだけのワンプッシュタイプ

どこでもベープ未来

電池で動かすタイプ


電池式やワンプッシュ式に使われている薬剤は同じ

電池式タイプもワンプッシュタイプも 薬剤にはトランスフルトリンメトフルトリンという比較的新しい殺虫成分を使っています、これはどちらも部屋の温度で気化します。昔のように温めたり、燃やさなくとも勝手に広がるので省エネ&安全になりました。

電池式どこでもベープ 虫よけ器 未来150日セット パールホワイト 不快害虫用 本体+取替

内蔵ファンを回して薬剤を蒸発させる方式。
威力はファンの強さと、薬剤の表面積に比例します。
電源を入れた瞬間から安定して薬剤を吐き出します。

(参考:家庭用殺虫概論

ワンプッシュ式おすだけベープ ワンプッシュ式 280回分セット 不快害虫用 無香料 本体+取替プシュッとした粒子が空気中に広がって床や壁に付着、その後 薬剤が蒸発して殺虫する方式。
プッシュ後に薬剤の濃度は徐々に落ちていきますが、
12時間から24時間 バリアを張ります

それで、トランスフルトリンとメトフルトリン どちらが効くの?

結論から言ってしまうと、虫によって違うらしいです。

蚊・ハエ・ゴキブリをバランスよく退治するならトランスフルトリン

蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品)

トランスフルトリンはアカイエカ、イエバエ、チャバネゴキブリ等に対して
優れた殺虫力を持っています。どのくらいの分量で虫が死ぬのかというと

LD50値(投与した動物の半数が死亡する用量)
アカイエカ   0.0036-0.00938μg/匹
イエバエ    0.018-0.0764μg/匹
チャバネゴキブリ0.64-1.48μg/匹

「日本衛生動物学会 殺虫剤研究班のしおり」より

感覚的によく分かりませんが、1回プシュッとするだけで おおよそ0.20mlの薬剤が出ます、(重さ0.3mgくらい)ワンプッシュでアカイエカが31000匹くらい死ぬ分量が出ます。

150匹の蚊を瞬殺するトランスフルトリン

こちらの動画ではトランスフルトリンを使った製品で実験されてます、狭い空間ですが蚊の大群があっという間に死にます。

金鳥の「蚊がいなくなるスプレー」は現在5タイプ出ていますが、トランスフルトリンが使われているのは この200日無香料のタイプのみです。

トランスフルトリンは他の動物には対しての影響はあるの?

WHOが作成したトランスフルトリンの文書を読んでみると、魚類やミジンコ等に対しては毒性が強い、しかしネズミ、鳥、ミミズ、藻等に対しては毒性は低いとあります。例外はあるかもしれませんが、ネコやイヌなどの哺乳類は 尿で排出されるからまず大丈夫です。

  魚にはキビしい

トランスフルトリンはエタノール等の有機溶媒に溶けやすく水にほとんど溶けません。ただ、空気に混じって、水中に行けるようなので、魚には良くありません。

レビュワーさんの中には ワンプッシュ式のトランスフルトリン製品をプシュとしたら別の部屋で飼っていた昆虫が全滅したというお話もあったので予想以上に拡散力が強いようです。

カブトムシなどの昆虫にも効くので、虫かごは家の外に持っていかないと早死にしてしまいます。

蚊に対しては メトフルトリンがトランスフルトリンの3倍効く。
でもハエには効きにくいです。

蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 24時間持続 255日分 無香料 (防除用医薬部外品)

ドイツのバイエル社が1985年に開発したのがトランスフルトリンで、少し遅れて住友化学工業が開発したのがメトフルトリンです。

メトフルトリンのLD50値(投与した動物の半数が死亡する量)は住友化学の農業化学品研究所調べによると

アカイエカ  0.0015µg/雌
イエバエ    0.24μg/匹
チャバネゴキブリ1.3μg/匹となっています

比較するとこんな感じ

トランスフルトリン(µg)メトフルトリン’(µg)
アカイエカ0.0036-0.009380.0015
イエバエ 0.018-0.07640.24
チャバネゴキブリ0.64-1.481.3

まとめると メトフルトリンのほうがアカイエカに対して大体2~6倍くらい効く ことになります。

メトフルを使った”どこでもベープ未来”に「3倍効く!」と書いてあったのもウソではなさそうです。

ただしハエにはトランスフルトリンの方が3~13倍くらい効くので 、牛舎が近くにあってワイルドなハエがよく飛んでくる場所ではトランスフルトリンの方がいいです。 ハエ取り線香に練り込まれているのもトランスフルトリンです。

メトフルトリンってちゃんとヤブカ(シマシマの蚊)にも効く?

効きます。レビューを読んでいると、対象の虫にはヤブカに効くとは書いてないから効かないんじゃないかと心配になってしまいますが、 実験では ヤブカの一種 ヒトスジシマカの成虫にも効いているので ヤブカも死にます。

ヤブカはアカイエカの約3倍の分量で死ぬようです、さすがにタフな昆虫です。

ヤブカがプィィンと入ってきた時にプシュッとするだけで それはもう苦しがって猛烈な勢いで室内を飛び回って どこかに消えるので 1度お試しあれ。

☓ここだけは注意。
トランスフルトリンも メトフルトリンも魚には毒。

この段落は 少しマニアックなので読み飛ばしてもOKです。どっちも魚には毒性が強いというのが要点です。

やや難しい話 それぞれの毒性


トランスフルトリン コイ TLm48 16ppb

ナゾの暗号のようですが、TLmとは薬剤を希釈した水中で、実験動物の半数が死亡する薬剤濃度です。この場合 1リットル中にトランスフルトリンが0.016mg混じった水中では48時間経つと鯉の半分が死んでしまいます。

いまいち分量がピンときませんが、200日スプレーの場合トランスフルトリンが41.7ml含まれているそうですから、ワンプッシュで0.20mlくらい飛ぶ計算になります。至近距離で何回もプッシュすると危なそうです。

それではメトフルトリンはどうかというと コイのLC50値は3.06μg/L(96hr.)
1リットル中にメトフルトリンが0.00306mg混じった水中で96時間コイを飼育すると半分が死んでしまうそうです。時間は異なるけれど こちらはトランスフルトリンよりも少ない量で死ぬので、メトフルトリンもかなり魚に対して厳しいです。

こちらを使った製品も1日1回プシュっと押すだけのタイプは 魚への影響が大きいので「観賞魚などの水槽のある部屋では使用しないこと」と書いてあります。

(参考:蚊がいなくなるスプレー24時間用

しかし同じくメトフルトリンが使われている「どこでもベープ未来」には この注意書きが見当たりません、電池式のほうがプッシュ式よりもゆっくり薬剤が拡散するのかもしれません。


まとめ

とにかく蚊をやっつけたい場合はメトフルトリンを。蚊だけでなくハエ等もついでにやっつけたい場合はトランスフルトリンが良いです。

ワンプッシュ式と電池式ってどちらがいいの?

夜寝ている時に蚊が耳元を プゥゥゥーンと飛んできたときは速攻で「この蚊 殺すッ」と思いますが、そんな時はスプレータイプのほうが 空気中の薬剤の濃度を状況に応じて上げられるので有利だと思います。持ち運びが楽という長所もあります。

一方の どこでもベープ未来などの電池式は 窓のスキマから入ってくる蚊に対して 室内に一定濃度のバリアを張るという感じで使っています。リキッド式と同じような使い方になります。

「1時間当たりの価格が安いのはワンプッシュ式」

1時間当たりの価格が安いのはワンプッシュ式でした。寝る時に部屋でプッシュするだけで 朝まで蚊に刺されないのでオススメです。

私の家はたまに小さいハエが入ってくるので トランスフルトリン派です。

室内で使う場合は最新テクノロジー製品のほうが安いし便利です。しかしレジャーやキャンプなど、屋外で使うときには 煙が拡散するので 渦巻き型の燃やす製品が 便利です。

有効成分製品の形式会社名製品名画像効果時間使用日数総使用時間実勢価格一時間当たりの価格
トランスフルトリンワンプッシュ式フマキラおすだけベープ ワンプッシュ式 虫除け セット 280回分 無香料 おすだけベープ ワンプッシュ式 虫除け セット 280回分 無香料 本体+替え24h280日3360h8600.13円/h
メトフルトリンワンプッシュ式金鳥蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 24時間持続 365日分 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 24時間持続 365日分 無香料 (防除用医薬部外品)24h365日8760h1,8640.2円/h
メトフルトリンワンプッシュ式金鳥蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 24時間持続 255日分 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 24時間持続 255日分 無香料 (防除用医薬部外品)24h255日6120h1,0840.2円/h
トランスフルトリンワンプッシュ式金鳥蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品)12h200日2400h7850.32円/h
トランスフルトリンワンプッシュ式アース製おすだけノーマット プロプレミアム  おすだけノーマット プロプレミアム 蚊取り スプレータイプ [24時間持続 120日分]24h120日2880h10710.37円/h
トランスフルトリンワンプッシュ式金鳥蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 130日分 無香料蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 130日分 無香料 (防除用医薬部外品)12h130日1560h7630.48円/h
メトフルトリン電池式フマキラどこでもベープ 蚊取り器 120日セット シルバー 本体+取替どこでもベープ 蚊取り器 120日セット シルバー 本体+取替8h/1日120日960h8990.9円/h
d-T80-アレスリン線香式アース製薬アース製薬 アース渦巻香 ジャンボ 50巻缶入アース製薬 アース渦巻香 ジャンボ 50巻缶入11.5h/1巻50日575h6471.1円/h
メトフルトリン電池式フマキラどこでもベープ 虫よけ器 未来150日セット  本体+取替どこでもベープ 虫よけ器 未来150日セット パールホワイト 不快害虫用 本体+取替8h/1日150日1200h7900.65円/h
メトフルトリンリキッド式金鳥水性キンチョウリキッド コード式 蚊取り器 60日 セット 水性キンチョウリキッド コード式 蚊取り器 60日 セット 無香料  (器具1コ 60日液1本)8h/1日60日480h8021.7円/h
メトフルトリン電池式フマキラどこでもベープGO!未来 携帯虫よけ 480時間(60日)セット どこでもベープGO!未来 携帯虫よけ 480時間(60日)セット ブルー 本体+取替8h/1日60日480h9451.9円/h
メトフルトリンリキッド式フマキラベープリキッド 蚊取り器 液体式 60日セットベープリキッド 蚊取り器 液体式 60日セット 本体+取替(60日)8h/1日60日480h9011.9円/h
 除虫菊末(ピレトリン0.56%)線香式紀陽除虫菊紀陽除虫菊 天然 蚊とり線香 夕顔 50巻紀陽除虫菊 天然 蚊とり線香 夕顔 50巻7h/1巻50日350h13803.94円/h
アレスリン線香式金鳥金鳥の渦巻 蚊取り線香 30巻 缶金鳥の渦巻 蚊取り線香 30巻 缶7h/1巻30日210h759

3.6円/h

実勢価格は2019/5/5現在のものです

濃さに違いはあるの?

どれも大きな差はありません。メーカーが勝手に濃い殺虫剤を作って 人がパタッと倒れたらダメなので、厚生労働省が殺虫剤の指針を出しています。そのため国の基準以下で殺虫剤が作られています。

おすだけノーマット プロプレミアム  は”5倍”とか書いてあるので 「なんかすごく効きそう」と思ったりしましたが、有効成分が2g、120回で割ると16mgと濃度的には普通の製品とほぼ変わりません。5倍の勢いで噴射するということなので 部屋のすみまで サッと広がりやすいという所が面白い製品です。でも散布される分量が同じなので効き目もほぼ同じです。

それぞれ日数を変えたり 香りを変えたり 夕顔みたいに成分にこだわって低刺激を貫いたりで、メーカーごとに特色を出そうとしている姿が目に浮かんで胸が熱くなります。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする