dylan bluetooth ヘッドホン 4.1をレビュー【2600円以下の高性能なBluetoothヘッドホン】


コードから解放してくれるBluetoothヘッドフォン

phote:Pack o’ Cables / cogdogblog

最近、音楽を聞く時にヘッドホンのコードがペタペタ首にへばりついてきて ちょっと うっとおしく感じてきたので、一念発起して コードなしのBluetoothヘッドフォンを購入することにしました。

Bluetoothヘッドホンにして良かった点

・コードをほどく時間がなくなった。
・ヒモが腕にひっかからず 作業がはかどるようになった
・バッグの中で 他のものとからまなくなった

昔のBluetoothヘッドホンは性能がいまいちだったので、接続がすぐ切れたり、音質も良いとは言えなかったのですが 最近はリチウムイオン電池とか Bluetoothがバージョンアップされていて、バッテリーは持つし、音楽も快適に聞けるようになってます。

評判のBluetoothヘッドホン発見

ただBluetoothヘッドホンはAmazonだけでも16000点くらいあるので、安くていいのを探すのが面倒かったりします。そこで今回は安いのに性能が良いと評判(☆4.5)のヘッドフォンを購入してみることにしました。

Dylan Bluetooth ヘッドホン 4.1 スステレオ オンイヤー

これがDylan Bluetooth  4.1 ステレオ オンイヤーヘッドホン 新しい規格Bluetooth4.1にも対応している軽量ヘッドホンです。価格は約2600円でしたが これはアタリでした。

Dylan Bluetooth ヘッドホン 4.1 スステレオ オンイヤー

オサレな化粧箱に入って2日で到着

Dylan Bluetooth ヘッドホン 4.1 スステレオ オンイヤー

本体の外装はツルツルしていて、表面はきれいに反射します。耳の外側の部分にはメーカーの変わったロゴが一切ついておらず、目立たない所が”無印良品”っぽくていいです。

中には、Bluetoothヘッドフォン本体/3.5mmのオーディオケーブル/USBの充電ケーブル/日本語・英語両対応の取扱説明書が入っていました。

さっそく視聴!

Dylan Bluetooth ヘッドホン 4.1 スステレオ オンイヤー

(視聴後)

「で、使ってみて 人気な理由は分かった?」

良い点が多かったですね。室内用/運動用に、かなり使えると思いました。

①左耳のスイッチで曲スキップができて便利。
②充電がすぐ終わるし、バッテリーが長くもつ。
③軽くて首が疲れにくい。
④折りたたんで持ち運べる。
⑤2500円程度だけれど音質も悪くない。
⑥Bluetooth4.1に対応してる

ラジコもノイズ無しで聞こえるので良かったです。

「ところでBluetooth4.1に対応してると何かいいことが?」

Bluetooth4.1は2013年12月に発表された比較的新しい規格です。干渉を抑える技術で通信が不安定になるのを防いでいます。

その恩恵かは分かりませんが、音量を上げてもノイズがサーとも聞こえません。

また、データの転送時間が短くなっており、ペアリングが切れた時に自動的に再接続する機能がついています。とはいえ、bluetoothは遠くに離れない限り途切れません。

装着感

■アジャスターのプラスチック感は残念ですが、ちゃんとパッドの位置を調節できます。

Dylan Bluetooth ヘッドホン 4.1 スステレオ オンイヤー

イヤーパッド肌触りはいいです。しかし中身のスポンジは私にはけっこう固めで、装着する前にスポンジを揉みました。パッドは耳の上にのせるオンイヤー型タイプです。

「低価格だけど音質はどうですか?」

低音よりで ボーカルがハッキリしてる印象
40mmの大きいスピーカーがついているので、高音に比べて低音がやや強めかなという印象ですが全体的にバランスがいいと思います。特にボーカルの声がよく聞こえます。

さすがに「クラシックをいい音で」とかそういう高級品質を求めるのは無理ですけど、標準的な音質でポップミュージックやアニソンなんかを聞いています。

遮音性はそこまで良くない

密閉型なので周りの音を少し遮ります、音楽を流すと周りの音はほとんど聞こえないです。ただ音漏れの性能はそんなに高くないです。ダダ漏れではないですが、周りが静かな所で音量を上げすぎると さすがにアニソンを聞いてるのがバレます。図書館での使用は難しいと思います。

耳の所のボタンで曲の再生やボリューム操作が快適

Dylan Bluetooth ヘッドホン 4.1 スステレオ オンイヤー

左側についているリモコンで音楽プレイヤーを操作できるので、スマホをいじらなくても曲飛ばしができて便利です。寝ながら曲飛ばしできるのでオススメです。

・再生/停止
・音量-/+
・前の曲/次の曲

■バッテリーと新バージョンのBluetooth4.1で長時間使用できる

小型なのでバッテリーは大丈夫かなと思ったら、300mAhのバッテリーが搭載されていました。カタログ値では50%の音量で15時間再生できるそうですが、30%くらいの音でも充分聞こえるので丸一日くらい持ちます。

リチウムイオンなので劣化も少なく継ぎ足し充電にも強いです。

充電時間が速い

Dylan Bluetooth ヘッドホン 4.1 スステレオ オンイヤー

90分でフル充電できるのもナイスです。充電中はこのように赤ランプが点灯、充電が完了すると青色に変化します。1日5時間くらい使用して3日に1回くらい充電してます。

全く途切れないBluetooth

カタログには通信距離10mとあるので、スマホ(Bluetooth:クラス2)で測った所、確かに壁を挟まない所では少なくとも7mくらいは全く音飛びがありませんでした

それ以上は環境が狭くて測れませんでした。ごめんなさい。

2階の部屋にPCを置いて無線を飛ばし、1階で聞けるかなと思ってやってみると、若干の音飛びが発生。さすがに壁を3枚隔てるときついです。

しかし音飛びしてもザザッというイヤなノイズは一切発生しません。例えば「ジャパリパーク」という音だったら「ジャXXリXXク」という具合に無音をはさんで飛びます。

室内運動用として相性が良い

軽量なので、海外では「バスケをする時に使ってる」という方もいましたが、確かにジャンプしても通信が安定しています。これならランニングマシンや家事をしながら聞くこともできます。軽量ですし邪魔にもなりません。

また室内運動のアクシデントで、うっかり高級ヘッドホンを落として壊すとかなり凹みますが、これはとても安価なので そんな時のサブ機として役立ってくれそうです。

■線がないからスッキリ収納

本体はこのように曲げて収納できます。コード付きのヘッドホンをバッグに入れると、コードが「どこかに挟まってとれない」とか、「端子が見つからない」という事がありますが、コードがないので、バッグの中の物と からまったりすることもなく、サッと取り出せます。

まとめ

このヘッドホンの特に良いところ

☑ ロングバッテリーで長時間聞ける
☑ 軽量コンパクトで首がラク
☑ 安いけど充分な音質

Dylan Bluetooth ヘッドホン 4.1 スステレオ オンイヤー


【お知らせ】

一部のレビューを見ていると製品名は旧型のBL-09とありましたが、もしかしたらマーケットプレイスで購入されたのかもしれません、私の所に届いたのは新型のBL-99でした。

バッテリー容量も新型のほうがいいみたいですね。

 

このページでは私が購入ページと同じページをリンクしますので、同じ新型のBL-99が届くはず….。ただマ-ケットプレイスで購入される場合は分かりませんので、その際は事前に出品者の方に型番をお尋ねになることをおすすめします。

一応の購入証明です 購入の時の参考にお使い下さい

スペック

Bluetooth V4.1
対応プロファイル HFP1.6
HSP1.2
AVRCP1.4
A2DP1.2
最大通信距離 10m
バッテリー容量 300mAh
保証 お買上げ日より1年間


付録:ヘッドホン到着後の接続方法

スマホの場合

①ヘッドホンの電源ボタンを長押しします。(赤青ランプが点滅します)

②Bluetoothボタンを押して

③BL99がでてきたらタップ

④つながりました。これで音楽、通話ができます。

PCの場合

Bluetooth非対応のパソコンでも1000円程度のアダプタを挿すと使えます。今回使用したのは「USB 4.0 Bluetooth アダプタ ドングル CSR4.0+ EDR

windows10ならドライバーのインストールが不要ですが、私のWindows7等は付属のCDロムからドライバソフトをインストールする事で使用できました。

①まずUSBアダプタをPCに接続します。続いてソフトをインストール。

②windows7だとカスタムメニューを開きます

Bluetoothマーク」で右クリック

→「Bluetoothデバイスを追加」

→オーディオ/ビデオ機器を選びます

③ヘッドホンをペアリング状態にしてパソコン本体のペアリングを開始

④ペアリング済と出れば接続が完了します。


Bluetoothヘッドホンの<br />
 性能比較表は こちらから Bluetoothヘッドホンの
性能比較表は こちらから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする