【Ryzen5,7,9】第3世代Ryzenを比較してお得度を計算

2019/7/7 AMDは最大12コアとなるCPU:Ryzen 3000シリーズとGPU:Radeon5700シリーズを発売しました。約1年3か月ぶりのシリーズ刷新です。

PCIe 4世代対応と7nmプロセスのノードを兼ね備えた初の製品となります。

現時点のラインナップは6種類です。9月にはいよいよ16コアのRyzen 9 3950Xを控えています。2020年には FF7を4K60fpsで遊べる期待が高まります。

Ryzen 5 3600:6コア/12スレッド
Ryzen 5 3600X:6コア/12スレッド
Ryzen 7 3700:8コア/16スレッド
Ryzen 7 3700X:8コア/16スレッド
Ryzen 7 3800X:8コア/16スレッド
Ryzen 9 3900X:12コア/24スレッド

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

7nmプロセスってなんですか?

7nmはCPUに張られている回路の幅のことです。
Ryzen 1000シリーズは14ナノメートル
Ryzen 2000シリーズは12ナノメートル
今回は7ナノメートル(100万分の7ミリメートル)で回路を作っています。めっちゃ細い。

回路が細くなると それだけ低消費電力になったり、性能が上がったりします。
今回は 7nmの実現で、従来と同じ電力消費で125%の性能になりました

動画のエンコード時間を比較

数値参照:GAMERS NEXUS

Ryzen 3000シリーズは動画編集スピードがマジ速い

上は動画編集ソフト Adobe プレミアプロで 1080P60FPS設定で1時間の動画をエンコードした場合 どれくらいの時間がかかかるのかの比較表です。

これは私が使っているRyzen5 1600ですが、これだと7分くらいかかる動画編集が Ryzen7 3700Xだと4分で終わります。

うおー! なんということでしょうか..同じサイズなのに性能が違いすぎる!(嫉妬)
しかも約32000円で58000円の インテルi9-9900Kと同等のパフォーマンスとは…

動画編集してると、ちょっと編集ミスって再エンコという時に 時間を取られてブルーになりますが、新型はエンコードに強いのでそんなストレスも減りそうです。

ひんぱんに動画をアップしたりとか、割と長めの動画をあげたり、とか、俺は時代に先駆けて高画質動画をあげる!という方は 時短ができるRyzen7、9は悪くない選択だと言えます。

続いてゲーミング性能を見てみましょう

3900X vs 9900Kの戦いは i9が勝利

アサシンクリードオリジンズからF1 2018までを比較した結果、ゲーム時に最も高いFPSを出していたのはIntel i9-9900Kでした。Ryzen9 3900xは15%程度及びませんでした。

Tech spotさんが測定した記事でも Ryzen9 3900xのFPSは i7-8700K、9700K、9900K に届いていません。高いfpsを出したい場合はインテルシリーズのほうが向いています。

ただRyzenシリーズもそこまで離されているわけではないし、だいぶ安いので「そこまで高くなくてもいいや」という場合は向いています。

それぞれの平均fpsは以下のようになります。

 
RYZEN5 1600
RYZEN7 2700xryzen5 3600ryzen7 3700xryzen9 3900xIntel i9-9900K
平均fps112138150155164180
性能差0

+23%

+34%+39%+46%+61%

平均fpsからおおよそのゲーミング時のパフォーマンスを割り出すと、Ryzenシリーズの中ではRyzen9 3900xが最も高く Ryzen5 1600と比較しておよそ1.46倍の性能になりました。

コスト的にはどれが安いのか

最後にtech spotさんが測定した ゲーム9種(1080P)のFPSを価格で割って、1フレームあたりの値段を計算してみます。

 平均FPSコスト/フレーム市場価格
Ryzen 5 1600112120円12,910
Ryzen 5 1600X113147円16,637
Ryzen 7 2700X125231円28,880
intel core i5 9600K135232円31,311
Ryzen 7 1800X118260円30,684
Ryzen 7 3700X134297円39,800
intel core i7 8700K141309円43,540
Intel core i7-9700K147318円46,700
Ryzen 9 3900X135443円59,800

右軸にfps 縦軸にCPU価格÷フレームでお得度を計算しています。
線から下に有る方が安い割に高いfpsが出る、お得度が高い製品です。

Ryzen7 3700Xが 価格の割に性能がよい

コスト/フレームがもっとも割安なのは 第1世代の Ryzen 5 1600や1600Xでした。

期待のRyzen 9 3900XはIntel core i7-9700Kほどのパフォーマンスが出ておらず、ゲーミング用としては 現在かなり割高感があります。

むしろRyzen7 3700Xが 価格の割にコストパフォーマンスがよいという結果になっています。各種ランキングでも上位に来ています。

【価格.com】CPU | 通販・価格比較・製品情報

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング CPU

ミドルレンジCPUではRyzen 7 2700などの旧型にお得感があります。

CPUに詳しいGAMER NEXUSさんの3000シリーズへの見解

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX

Ryzen 5 3600は同じ価格のインテルとのライバル機よりは優れています。ただし、セール時にRyzen7 2700を購入してそれをオーバークロックしたほうがより良い数値が出ます。

動画編集ソフト Adobeプレミアの1080pのレンダリングでは、オーバークロックさせた2700Xで4.3分という結果が出せました。これは約200ドル程度です。

3900Xに関しては、高いfpsを出したい ゲーミング用途としては、引き続きインテルシリーズが良いです。

3900Xはゲーム向けのパフォーマンスも悪くはないですが、どちらかというと制作向けのCPUで、動画を編集したり、3DアニメーションやモデリングでCPUを使ってレンダリングをしたい時に向いています。

その作業のついででゲームもするという場合にはいい選択だと言えます。「ゲームだけする」という場合は9900Kやインテルシリーズのほうが良いでしょう。”

Ryzen 5 シリーズ比較表

 第2世代第3世代第2世代第3世代
 Ryzen5 2600Ryzen 5 3600Ryzen5 2600X
CPUコア数6666
スレッド数:12121212
最大ブースト・クロック3.9GHz4.2GHz4.2GHz4.4GHz
基本クロック3.4GHz3.6GHz3.6GHz3.8GHz
キャッシュ16MB (L3)35MB16MB (L3)35MB
付属クーラーWraith StealthWraith StealthWraith SpireWraith Spire
TDP65W65W95W95W
ソケットAM4AM4AM4AM4
北米価格$199$199$229$249ドル
発売日2018年4月19日2019年7月7日2018年4月19日2019年7月7日

Ryzen7,Ryzen9 第3世代比較表

 第1世代第2世代第3世代
 Ryzen7 1700XRyzen7 1800XRyzen7 2700xRyzen7 3700XRyzen7 3800XRyzen9 3900X
CPUコア数8888812
スレッド数:161616161624
最大ブースト・クロック3.8GHz4GHz4.3GHz4.4GHz4.5GHz4.6GHz
基本クロック3.4GHz3.6GHz3.7GHz3.6GHz3.9GHz3.8GHz
キャッシュ16MB (L3)16MB (L3)16MB (L3)36MB36MB70MB
付属
クーラー
Wraith Prism with RGB LEDWraith Prism with RGB LEDWraith Prism with RGB LEDWraith Prism with RGB LED
ソケットAM4AM4AM4AM4AM4AM4
TDP95W95W105W65W105W105W
北米価格329ドル399ドル499ドル
発売日2017年3月2日2017年3月2日2018年4月19日2019年7月7日2019年7月7日2019年7月7日

関連url:

AMD: Ryzen公式


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする