ロック様がいつ頃からスキンヘッドになったかを調べる【歴代作品探訪】

同じスキンヘッドでもヴィン・ディーゼルとはいつも敵対でお馴染みのザ・ロックこと
ドゥウェイン・ジョンソンさん。

プロレスラーから俳優という華麗なる変身を果たしたそのヒストリーを振り返りつついつ頃からスキンヘッドになったのかを調べてみました。

2001年 

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド:ロン毛時代

古代エジプトのマッチョな王様 スコーピオン・キング役で出演。
終盤はCG感バリバリの半サソリの妖怪に変身する。スキンヘッドどころかロン毛である。

2005年

ビークール:アフロ時代

屈強なゲイ役。地味に上手いカントリーソングがみどころ。今度はアフロに。

2008年

ゲットスマート:スポーツ刈り時代

スパイ役で出演。コメディ役もバッチリこなす。大分短くなってきた。

2009年

ウィッチマウンテン/地図から消された山:スポーツ刈り継続

ディズニー映画に進出。主人公2人を助けるタクシードライバー役で出演。だいぶおでこが出てきた。もう少し。

2011年 

ワイルド・スピード メガマックスハゲ&ヒゲ!

シリーズ5作目に初登場。マッチョな警官役で主人公を執拗に追いかける演技で人気に。正直、主人公のヴィン・ディーゼルより目立っている。スキンヘッドで登場

2012年 

センターオブジアース 神秘の島:ヒゲをそってツルツルに

ブレンダン・フレイザーから主役をもぎとり 主人公の父親役に。元海軍の兵士というハマリ役でマッチョ+スキンヘッドのイメージが固まり始める

2013年

GIジョー バック2リベンジ オイルでさらにテカテカUP

前回は主人公の相棒役だったのに、いきなり主役に抜擢して新リーダーに就任。スキンヘッドにも磨きがかかっている。

2017 年 

ベイウォッチ 
ビーチでもスキン

カリフォルニアのビーチ監視員役で出演。相棒とWでムキムキしている。
残念ながら 映画はややスベる。

2018年 

ジュマンジ・ウェルカム・トゥ・ジャングル 
ジャングルでもスキン

主人公が迷い込むゲーム世界のアバター役として出演。見た目はレスラー、中身は高校生という コナンとは真逆の役に挑戦。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする