ワンプッシュ蚊取り 12時間と24時間用でどんな違いがあるのか聞いてみました

ワンプッシュ蚊取り 12時間と24時間用

12時間タイプは24時間のモノと何が違うの?

ワンプッシュタイプの蚊取りを比較していますと、12時間効果が持続するものと 24時間というのがあります。

・なんで12時間も効果に差があるの?
・それぞれにどんなメリットがあるの?

が気になったので大手メーカーさんに質問してみました。

回答:噴射される有効成分量が違う

 
「お問合せいただきありがとうございます。効果の持続時間の違いについては、1回あたりに噴射される有効成分量が違うためです。12時間のものにおけるメリットは単純に価格のみです。」
 
 
 
なるほど。噴射される分量が違うのと、そして12時間の方がお安いのですね。成分を実際に調べてみましょう。
 

ワンプッシュ蚊取り 12時間と24時間用

 
フマキラーはよく分かりませんでしたが、アース製薬は 有効成分の分量表示をしてくれていました。
 
12時間タイプのものは24時間のタイプに比べて 有効成分トランスフルトリンの容量が半分でした。 効果時間と成分が同じなので金鳥、フマキラーも恐らく ほぼ同様の分量だと考えられます。

 12時間
24時間
 おすだけノーマット 蚊取り スプレータイプ [200日分 バラの香り]
画像おすだけノーマット 蚊取り スプレータイプ [200日分 バラの香り]
おすだけノーマットロング 蚊取り スプレータイプ [24時間持続 200日分]
価格8401,080
成分トランスフルトリン
トランスフルトリン
効能効果蚊成虫、ハエの駆除
蚊成虫、ハエの駆除
分量2.1g4.17g
内容量41.7ml41.7ml
g/ml0.050.1

選べる2タイプ

効果時間が1日12時間では もの足りない場合は1日2回の使用になってしまうので、スプレーが1回で済む24時間タイプの方が経済的になります。分量が2倍なので、大型のハエが飛んでいるという場合にも こちらのほうが効きやすくなります。

逆に寝る前などに1日1回のスプレーで十分という場合は12時間タイプの方が経済的だと言えます。12時間タイプでも十分 蚊は落ちるので 使用目的にあわせて選ぶことができます。


有効成分で比較する蚊取り線香2019【メトフルトリンとトランスフルトリン】

おすだけベープ 不快害虫用の違い

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする