「ファーウェイのスマホは危ない?」「いや大丈夫。」

米中貿易問題の中で話題になっているファーウェイのスマートフォン

せっかく買おうと思っても、情報が抜かれるなら嫌だし、不安なままだとモヤモヤして買いにくいので、ちゃんと調べてみることにしました。むしろなんでファーウェイが狙われたのかが知りたくなったのです。

結論から言えば安全でした。

むしろ風評被害でファーウェイの人気が落ちてP20liteの価格が下がったら買おうかななんて不遜な事を思っていますし、調べれば調べるほどファーウェイが企業として真摯に努力している姿が伝わってきました。陽はまた昇るの時代の日本企業のようです。

Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン クラインブルー【日本正規代理店品】

セキュリティ的に安全かどうか?

安全です。怪しい部品は入っていません

実際に最新モデルのMate 20 Proを分解されていますが、ファーウェイの会社HiSiliconのチップだけではなく、日米欧の最先端チップが何個も使われていれており、余計な部品なんて使われていません。

怪しい部品が入っていたら炎上している

そもそも 情報を漏えいさせる部品が入っていれば、産業アナリストが喜んでリークして たちまち話題になり、週間文春が速攻で書き上げて、端末は致命的に売れなくなってしまいます。それではあっという間に倒産です。

しかしファーウェイのスマホは何億人も使っていますが、「個人情報が漏れました」みたいな報告は一切ありません。

万が一 個人情報が誰かに見られているとすれば、このご時世 ツイッターで拡散され 事実ならパニックになります。しかし そんな事も起こっていません。情報漏えいのリスクは限りなく低いです。

リコールを起こした自動車会社が点検を強化するのと同じで、ファーウェイは情報漏えいが起きないように情報セキュリティに敏感になっているので、むしろ買いのような気がします。

じゃあ なぜファーウェイが攻撃されたのか

・ファーウェイの躍進はアップルにとっては
・ファーウェイの収益力を鈍化させたい
・基地局のシェアをとらせたくない

米商務省の役人かトランプ大統領が語らない限り 真の狙いは分かりません。

一つはファーウェイが情報通信産業という点と、アメリカにとって足を引っ張っておいた方が戦略的に得だったからなんじゃないかと思っています。

不調のアップルと躍進するファーウェイ

アメリカの時価総額2位のアップルはアイフォンの売上が全体の6割を占めています。

ところがiphoneの売上は昨年より2割落ちていて、価格を上げることで売上高を維持する戦略を取りました。しかしこれは失敗しています。

一方低価格で高品質な中華のスマホは躍進しています。ファーウェイのスマホの出荷台数はアップルを抜いて世界2位に浮上しました。

ファーウェイはアップルよりも多い研究開発費を払って 新製品を開発し投入しています。
今期は3眼カメラを発売しますが、ハイエンド製品は世界最高といってもいいです。

実際のところ昨年の特許の申請数も世界一です。ファーウェイは世界中の最先端の部品を使って製品に取り込み、アップルより先に出します。しかも遥かに安い。それは人気も出ます。

次世代へ向けての戦略

アメリカにとっては困ります。高品質なファーウェイが流行ってしまうとアイフォンがだんだん売れなくなります。

さらにファーウェイに通信用の基地局も牛耳られてしまっては、仮に敵対した時に通信を遮断されてしまう恐れがあります。開発力を削ぐためにも成長を鈍化させようという事のようです。

CFOの拘束などは国境をまたいでいるので。もちろんアップルの差し金ではないはずです。

しかしファーウェイが弱ればナンバーワンにもなれます。しかしアメリカのやり方は公正とは言い難いものです。

結局 急成長するファーウェイが脅威だったという話で、ファーウェイの端末自体には何の問題もないというのが私の結論です。

OPPOかファーウェイかという話もよく聞きます。

OPPOも悪くはないですが、調べてみるとOPPO R17 NeoはファーウェイP20 liteと似たような性能にもかかわらず 6000円程度高いので、やはりファーウェイの方が調達力と技術力の面で上だと思います。


余計なもの”って何? 「Mate 20 Pro」の疑惑を晴らす 
・Huaweiスマホの「余計なもの」日本法人は全否定、専門家が分解も発見できず
・ソニーのスマホ向け世界最高画像センサー、どの端末に搭載?
・ビンタの応酬! 激化する米中半導体摩擦の行く末

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする