ファミ通のクロスレビューとアマゾンレビューはどれくらいズレているの?の巻

結論:結構ズレていた。

気になるゲームが発売近くになるとファミ通を買って読んだりするのですが、2017年9月28日号 は2017年4月~8月までの殿堂入りソフト(78作品)が発表されていました。

週刊ファミ通 2017年9月28日号

これは4~8月までで高評価をつけたソフトだけを並べた記事なのですが

クロスレビューはamazonカスタマーレビューいわゆる”ユーザーの意見”とどの程度 違うのだろうかと思ったので調べてみました。

ファミ通クロスレビューといえば、2013年9月、Amazonで1.9点を叩き出した「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル(PS3)」に40点をつけて盛大に叩かれるという事もありましたが

果たして現在はユーザーの意見とクロスレビューの意見は一致しているのでしょうか?

 一般ユーザーが3点のときは 先行しているファミ通も3点付近であったら助かるよね

そうですね、大体±0.5点くらいであればまぁまぁ許容範囲かもしれません。

クロスレビューは4人のレビュワーが10点満点で評価するので、合計40点となります。
amazonレビューは最高5点のため、クロスレビューを8で割り最高5点にして計算しています。

  クロスレビュー合計 クロスレビュー(5点化) アマゾンレビュー

レビュー
件数

得点差
ドラクエ11(3DS) 40 5.0 4.1 562 0.9
ドラクエ11(PS4) 40 5.0 4.2 1466 0.8
ファイヤーエンブレムエコーズ 37 4.6 3.4 272 1.2
スプラトゥーン2 37 4.6 3.1 834 1.5
GUILTY GEAR Xrd REV 2  36 4.5 3.6 41 0.9
ギアーズ・オブ・ウォー4 36 4.5 4.5 77 0.0
鉄拳7 36 4.5 2.7 315 1.8
プロ野球ファミスタクライマックス 36 4.5 3.5 39 1.0
マリオカート8デラックス 35 4.4 4 325 0.4
スナックワールドトレジャラーズ 35 4.4 3 85 1.4
ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン 35 4.4 3.5 67 0.9
LEGO (R) ワールド 目指せマスタービルダ 34 4.3 3.4 80 0.9
Prey 35 4.4 3.2 70 1.2
アライアンスアライブ 34 4.3 4.1 114 0.2
Ever oasis 34 4.3 4.1 49 0.2
レイトンミスリージャーニー 34 4.3 2.9 90 1.4
大逆転裁判2 34 4.3 4.6 195 -0.4
リトルナイトメア 33 4.1 3.5 2 0.6
終わる世界とバースデイ 33 4.1 4.8 5 -0.7
Hyper Light Drifter 33 4.1 3.5 12 0.6
ARMS 33 4.1 3.6 286 0.5
ラジアントヒストリア パーフェクトクロノ 33 4.1 4.2 46 -0.1
Gundam Versus 33 4.1 1.9 566 2.2
hey ピクミン 33 4.1 4 51 0.1
DIRT4 33 4.1 3.9 32 0.2
世界樹と不思議なダンジョン2 33 4.1 3 33 1.1
ダンジョントラベラーズ2-2 32 4.0 4.1 33 -0.1
ゾンビアイランド2 32 4.0 3.9 38 0.1
Flatout4 30 3.8 3.6 5 0.2
探偵神宮寺三郎 ghost of the dusk 30 3.8 4.4 23 -0.7

散布図はこんな感じ(↓)になりました。縦軸がamazonカスタマーレビューの得点、
横軸がクロスレビューの得点です。

赤い線の周りに点が集まれば理想なのですが、かなりハズレています。

2つの列の相関係数を出してみると-0.044 amazonカスタマーレビューとクロスレビューの得点にはほとんど相関はないという結果になりました。悪く言えば あてにならないという事になります。

全30件中クロスレビューの得点が高かったものが24件、カスタマーレビューの方が高かったものが5件でした。80%の確率でクロスレビューの方が高い得点をつける計算になります。

まぁ企業に依頼を受けてから レビューで4点とか…つけにくいよね。

クロスレビューに関して一番おもしろかったのがこちらのブログ記事でした。

・この中ではスクエニには甘い点がつくとありますが、私の意見は

・シリーズが人気化したら、中身がどうであれ ほぼ100%高得点をつける。(8~10点)
・シリーズがまだ有名になっていないゲームならばデモンズソウルのようなゲームも低評価な事がある。

というものです。

評価が固まってないから 本音が出た

Demon's Souls(デモンズソウル)

私は鬼畜ゲー デモンズソウルを低評価した時のレビューこそが クロスレビュワーの本音だったのではないかと思います。この当時はそんなにメジャーではないタイトルでした。これではユーザーの反応が予想できません。

プレイするとすぐ死ぬデモンズソウルを レビュワーがプレイした時に「これは面白くない」と判断したので低評価「6」がついたのではないかと思います。でも本来レビューってこういうものだと思うんです。

飯野 賢治さんもおっしゃってますけど、ゲームをちゃんとプレイして、得点を本音で語れといってるわけですね、会社内でお互い話し合って、お前が8なら俺は7にするとか ゲームの売上を考えて10点にしようとか、そういうのはやめてくれと、 このゲームはすぐ死ぬけど 80時間プレイするほどハマったから俺は10点!という人もいれば、クソゲーだろ。2点。という人もいる、人は一人一人違うし、真剣に取り組んでくれて、その評価だったら 俺はそれでもいいと言いたかったのではないでしょうか。

レビューじゃなくて CM

かといって、本音は言えずズルズル来てドラクエ11は40点を獲得しています。ファミ通はゲームメーカーが広告を出稿している媒体なので、書籍代も圧倒的に安いです。

ゲームにとって都合の悪い部分を書いてしまえば、会社や媒体の広告費や会社同士の関係に影響するため、本音の内容は書けない状態になっているのかもしれません。

雑誌の存続のためにはしょうがないのかもしれませんが…でもそれって誰のためのレビューなのでしょう。そもそもレビュー(批評)なのでしょうか?


amazonの得点とファミ通の得点のズレが大きいソフト

GUNDAM VERSUS        2.2 点差(ama1.9点 ファミ4.1点 )
鉄拳7              1.8点差(ama2.7点 ファミ4.5点)
スプラトゥーン2         1.5点差(ama3.1点 ファミ4.6点)
スナックワールドトレジャラーズ 1.4 点差(ama3点 ファミ4.4点)
レイトンミステリージャーニー  1.4 点差(ama2.9点 ファミ4.3点)

ファミ通の場合、シリーズ物や人気作に関しては、絶対に売れたほうが良いので得点は高くなるようです。これはソフトが前回のように売れて欲しい、そして攻略本も買って欲しいという願望と、私たちはソフトが売れるように全面的に応援しました、だから次回作が出た時もよろしくねというメッセージが入ってるのかもしれません。

一方で続編を購入したユーザーはそんなしがらみはありません。 このゲームが面白いかどうか体験したことが全てです。得点を吊り上げる信者と呼ばれるユーザーはいますが、聖剣伝説のような人気作でも面白くなければ、容赦なく酷評されるのでそれほど多くありません。

苦しい中からお金を払っている分、ゲームを判定する目もシビアになります。シリーズ作品だと期待でハードルがあがっている分だけ、落胆の時の得点も低くなりがちです。

そういえばジョジョのオールスターバトルもこのパターンに当てはまっているような気がします。

まとめ

・amazonカスタマーレビューとクロスレビューの得点にはほとんど相関はない
・クロスレビューはソフトの8割がカスタマーレビューよりも高い方にズレる。

子どもの時はクロスレビューする仕事がしたいと言っている友人もいましたが、その当時から、予想とは違う仕事だったのかもしれません。

少なくともファミ通とゲームデベロッパーが独立した関係になっていない限りは、レビューに関して素直な評価を書きにくいのが現状なのではないかと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする