【DBD】破滅トーテムの時 ちょっとずつ修理する「チョンチョン直し」をマクロ化する方法

ほとんどのDBDキラーが使ってくる ウザパーク「破滅/ルイン」

スキルチェックでグレートを出すのも面倒なので、ちょっとずつ修理してマークがでないようにする 通称「チョンチョン直し」をしてるのが私です。

今回はこのチョンチョン直しをマクロで自動化してやろうという。
マクロでやってしまえば 楽ちんでノーミス!というコーナーです。

今回使用したマウスはEASYSMXのマウスです。これにもマクロが搭載されています。

チョンチョン直しのステップ

①左クリック長押し(0.7秒)
②0.3秒待ち
③左クリック長押し(0.7秒)
④0.3秒待ち

こんな感じの単純作業になります


やり方

1.ソフトを立ち上げて
マクロ設定を押します

2.左下の新作をクリック
マクロの名前が出るので
記録を開始をクリック

3.真ん中のボックスの中で。マウスで左クリックしてチョンチョン直し動作を入力。

終わったら「作成中」をクリックします。

数値を変更します
待機300ms
クリック700msに設定します

カスタムマクロを任意のボタンに登録

トグルリピートとディレイを入力します

ここではディレイ300msに設定します

トグルリピートは1度ボタンを押すと繰り返し動作します。もう一回おすと止まります。
トグルホールドモードはおしている間だけ繰り返します。

いざチョンチョン直し!

そんなわけで +9ずつ修理しています。 とっても簡単にマクロを組むことができるので、マクロ付きのゲーミングマウスがあったらお試し下さい。ロジクール G402 などでも同様のことが出来ます。


スペック

・ライト/RGB
・接続/USB2.0
・センサー/光学式 PMW3325
・IPS 100
・DPI:50-10000で可変
750:みどり
2000:赤
3500:青
5000:黄
7500:紫
10000:白
・加速度 20g
・ボタン数 8
・ボタン耐久 20万回
・ポ-リングレート125-1000Hz


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする